カシミヤ単糸のマフラー、次は

前回のご紹介しました、カシミヤの赤いマフラーの次はこんなたて糸を整経しました。

 

カシミヤマフラー

 

ガラッと変えて、ネイビー、ライトグレー、ワインのキリッとした配色にしてみました。

カシミヤマフラー

 

早速、nodocaさんがデザインに沿って織り始めています。

カシミヤマフラー

 

快調に織り進んでいます。
1枚目は経と同色を使った大きなブロックチェック、
2枚目は赤のボーダーを配置したデザイン、と柄を全て変えて五枚織ります。
いつもの赤からちょっと変えたいと思っているのですが、
やっぱり赤を使ってしまうなぁ〜。
 


カシミヤのマフラー

工房では冬物のカシミヤ単糸のマフラーの制作を始めていました。

 

カシミヤ単糸のマフラー

最近、紹介させていただいている、カシミヤ単糸の広幅のストールと同じ糸使いなのですが、

幅をグッと狭くしたマフラーです。

このマフラーサイズのご要望も多いので、シーズンに数回たて糸をかけます。

 

カシミヤ単糸のマフラー

カシミヤ単糸のマフラー

スタッフのnodocaさんがつばめ工房のオリジナルデザインに沿って快調に織り進んでいます。

 

カシミヤ単糸のマフラー

ようやく織り上がり、早速機から切り離しました。

とても可愛いカシミヤの赤いマフラーが織り上がりました。

これから縮絨して仕上げます。

織幅が38cmほどで、縮絨後の仕上がりが約30cm幅のマフラーになる予定です。

 

10月1日(土)の月イチ蔵前の日迄には店頭に並べたいと計画中です。

お楽しみに!

 

 


次の機掛け

1階の機が織り上がったので、次のストールの機掛けをしました。

カシミヤ単糸の広幅ストールを5枚分、約13mのたて糸です。

今回も、粗筬を使っての作業です。

 

機掛け

白とグレーのプレーンなたて糸で、よこ糸の色を変え、デザインの違うストールを制作します。

 

早速、1枚目を織り始めました。

カシミヤ単糸広幅ストール

 

1枚目はイェローをメインに使ったシンプルなデザインです。

朱赤とターコイズのラインを少しだけ入れる予定です。

 

ここのところ、カシミヤ単糸の広幅ストールの紹介が続いていますが、

今年はこのストールの制作がまだまだ続くんです。

 

 


縮絨前のストール

ストール5枚分を掛けた織機での織りが終わりました。

納品のお約束日の迫っていた2枚を仕上げた後、3枚のストールと帽子を作るための生地が織り上がりました。

オーダーをいただいたお客様のご希望でデザインしたカシミヤ単糸の広幅ストールです。

 

縮絨前のカシミヤ

3点それぞれピンク、イェロー、ターコイズブルー等とイメージカラーが違います。

まだ縮絨前なのでカシミヤには見えませんね。

 

こちらは帽子用に織った布。

カシミヤ単糸の布

大島広子さんに作っていただいている"とんぐりベレー"の冬バージョンに使います。

この生地で帽子が何点できるかな?あとは大島さんにお任せです。

とても楽しみです。

 

これからこの布を1枚ずつを縮絨して仕上げます。

 

 


もう9月も七日目、

時が過ぎるのが早いです。最近は糸染めとカシミヤ単糸広幅のストールの織り作業を平行してやっています。

今は1階の機だけを使って織っていますが、もうすぐ2階の機にもカシミヤの単糸を掛ける予定です。

納期に間に合わせるために2台の機を使います。上に行ったり、下に行ったりしながら織る事になります。

いよいよ本格的に冬物の制作てす。

 

カシミヤ単糸の広幅ストール

 

急ぎの納品があるので織り上がったストールの2枚分を機から切り離しました。

カシミヤ単糸の広幅ストール

これから、仕上げの縮絨もしなければなりません。

夏物の木綿や麻と違いウール系は力技の縮絨が大変です。

 

オーダーいただいているストールは順次制作してお渡ししていきます。

暫くお待ちください。

 

 


カシミヤストール織り進んでいます

シーズン最初のカシミヤストール織り始めました。
嬉しい事にこのタイプのストールのご注文を沢山いただいているので、

冬物の制作は早めのスタートとなりました。

 

カシミヤ単糸のストール

 

カシミヤの細い単糸で織り上げた大判のストールです。

この素材のカシミヤストールは冬用というより、秋から春にかけて使えるオールマイティーな優れものなんです。とても軽くて暖かく、ストレスフリーなところも喜んでいただいています。

 

ひとつずつ集中して制作します。ご注文の順番にお渡ししていきますので、しばらくお待ちください。

 

 


木綿とヤクのストール

先日織り上げた木綿とジャコブウールのストール、最後の1枚にはヤクの手紡ぎの糸をよこ糸に使おうと

計画していたのですが、お客様にジャコブウールでというご注文をいただいたため、

今回は木綿とヤクのストールを織ることができなくなりました。

 

最後に少しだけ残った木綿のたて糸にヤクのよこ糸を入れて試織してみました。

ヤクの中でも、クルと呼ばれる短く柔らかい内毛を梳いた原毛だけを手紡ぎした糸を使っています。

木綿とヤク

この写真ではジャコブウールをよこ糸に使ったものと違いが判りづらいと思いますが、

手触りがまったく違います。

 

ジャコブウールの弾力感ある肌触りは野性味があり、それがこのストールの特徴なのですが、

ヤクを使うと布としての存在感はそのままに、なんともしっとりした柔らかい風合いになっています。

試織したことにより、改良点も見えてきました。

この糸使いのストールも冬用のストールとして計画しています。

 

ご興味あれば、お問い合わせください!

 

 


カシミヤストールの機掛け

こちらは1階の機です。

ようやくカシミヤ単糸の機掛けが終わりました。

予定通りに8月中に織り始められることができて、一安心しています。

 

カシミヤストールの機掛け

 

久しぶりのカシミヤ糸です。

夏用ではリネンを掛けていたので、それに比べれば少しは楽なのですが、糸が変わるとまた感覚が変わりそれなりに手こずることも。

 

カシミヤストールの機掛け

やわやわのカシミヤの感触が久しぶりで気持ちが良いです。

うっかりすると切ってしまいます。慌てず焦らずですね。

 

秋冬物のスタートは、カシミヤ単糸の広幅ストールから始めます。

 

 


まだ織っていたんです

今年の秋冬物として織っていた、木綿とウールのストールがようやく終了しました。

夏休みがあったり、次に織るカシミヤ糸の準備などの作業もしながらだったので、時間がかかってしまいました。

このたて糸では、以前に紹介したストールも含めて3枚が織り上がりました。

 

木綿とウールのストール

草木染めした手紡ぎ木綿や紡績木綿などをたて糸に使っています。

よこ糸には、ジャコブの紡績糸を入れました。

木綿とウールのストール

房撚りも終わり、たて糸の切れた所の直しをして、縮絨します。

縮絨をすると表情ががらっと変わるのでそれがいつも楽しみです。もうちょっとです。

 

さーて、いよいよカシミヤのストールに入ります。

 

 


カシミヤストール準備中

工房は明日11日(木)〜15日(月)まで夏のお休みをいただきます。

でも、夏風邪をひいてしまって作業が遅れているので、何日かは工房で仕事をすると思いますが。。

 

整経を済ませたカシミヤ単糸の糸、次の行程は粗筬通しです。

今回はいつものやり方を変えて粗筬を使い、経巻きを先にやります。

大した理由はなくて、たまには変えてみると違う発見があるかな?ってところです。

 

仮筬通し

 

只今制作中の、木綿とウールのストールが織り上がったら、このたて糸の機掛けをします。

その前に、枷上げ、精練、染めなどと糸の下準備もたくさんあって、思った様にはかどらない今日この頃です。

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
定休日 木曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM