鳥越祭り始まりました!

今日9日から御神輿の渡御が始まりました。

夕方の宮入のためにいよいよ町内御神輿がおかず横丁にも入って来ました。

町内御神輿

町内御神輿

こうしてみると鳥越祭りの町内御神輿はやっぱり大きいです。

 

これから六ケ町連合が集まり、提灯に火が入り順番に宮入して行きます。

これがとてもきれいなんです。

これから始まります。

 

 


お祭りが始まります!

今年も鳥越のお祭りが始まります。

今週末の8日(金)〜10日(日)です。

鳥越祭り2018

 

9日(土)の夕方から町内御神輿の宮入、10日(日)の本社御神輿の宮出しと各町内渡御などと、

活気に満ちあふれます。是非一度、鳥越の大きな本社御神輿をご覧ください!

 

つばめ工房はお祭りの間も通常営業していますが、10日(土)だけは18:00に閉店とさせていただきます。

町内御神輿の宮入を楽しませてもらいます!

 

今日は鳥越一丁目も町内御神輿の準備をしていました。

お祭り準備

こちらは子供御神輿を組み立てています。

 

お祭り準備

こちらは大人御神輿です。

鳥越の町内御神輿はとても大きいんです。

明日からいよいよ御神輿が渡御します。お祭りの気分が盛り上がってきました。

 


工房の近況

最近のつばめ工房、私の方は1階の機で地味にリネンとシルクのストールを織っています。

 

リネンとシルクのストール

タテ糸にはリネン、ヨコ糸には生絹を使い涼しげな色合いで、張りのあるストールを織っています。

 

2階の機ではnodocaさんがバッグ用生地をオーバーショットで織っています。

定番で作っているショルダーバッグ用の生地です。

オーバーショットのバッグ

オーバーショットのバッグ

しっかりとした生地を織るため打ち込みを強くしているので、ドスンドスンという音が工房の中で鳴り響いています。

 

オーバーショットのバッグ

ここのところ、バッグ用の生地はnodocaさんが担当しているので、慣れたもので快調に織り進んでいます。

ヨコ糸を変えて色違いも織ります。

オーバーショットのバッグ

大分織り溜まってきたので、ひとまず機から切り離して残りの分の色構成を考えることにしました。

織り上がった生地は縫製の職人さんに渡して、バッグに仕立ててもらいます。

 

夏用の素材を使ったストールもあと僅かです。

7月に入る頃には冬用の素材に移る予定です。

 

 

 

 


雑誌掲載のお知らせ

宝島社・大人のおしゃれ手帖 特別編集 「わたしの歩き旅」に掲載していただきました。

金沢、東京、京都、鎌倉の町歩きで、スタイリストの内田彩仍さんの東京歩き旅で紹介していただきました。

 

掲載誌

掲載誌

控えめで優しい内田さんに丁寧な取材をしていただきました。

東京は日本橋〜人形町〜蔵前〜銀座を歩かれています。

ムックなので、しばらくは店頭でご覧になれるかと思います。

是非、手に取って見てください!

 

 


企画展のお知らせ

友人のお店、南青山のセレクトショップ「イトノサキ」で染織作家の展示と販売があります。

沖縄つながりの4人の作家の作品です。

長年の友人で先輩である上布の堀口度子さん、いらくさなどを使い存在感のある帯を織られている西川はるえさん、極細の糸を使った繊細なストールを織られている下地康子さん、琉球紅型の宮城友紀さんといった、そうそうたる顔ぶれの作品が並びます。

 

「南の風・紅型の布と自然布」

itonosaki_dm

色鮮やかで美しい自然を映す紅型の染め

風通る細く繊細な上布のしなやかさ

どこか懐かしく優しさと強さを感じさせる佇まい。

南の国の自然から生まれる手仕事に、ふれる

時間をお楽しみください。

 

 

2018年6月8日(金)〜6月17(日)
itonosaki イトノサキ

http://itonosaki.tokyo/

定休日:月曜日・火曜日
 

107-0062
東京都港区南青山4-1-5 KFビル2F
TEL : 03-6721-1358

mail : info@itonosaki.tokyo

11:00〜19:00

 

詳細は電話、メールにてお問い合わせください。

 


広幅のリネンストール(18-SS04)

先日紹介しました、黄色いリネンストールと共通のタテ糸を使ったストールを仕上げました。

今度は藍で染めたリネン糸を配置して夏らしいストールにしました。

 

リネンストール

黄色、生成り、晒しのタテ糸と藍や緑のヨコ糸が混ざり合って涼しげな色になっています。

 

リネンストール

 

これからの季節にお使いになれる夏のリネンストールです。

サイズ 巾60cm 長さ(房含まず)186cm
素材 リネン

sold out(ありがとうございました)

こちらのストールは店頭にてご覧いただけます。

詳細はお問い合わせください。

 


オーバーショットのテーブルウェアー

ここのところnodocaさんはご注文のテーブルランナーを織っていました。

新しくご購入されたテーブルのサイズに合わせて、というご注文です。

 

テーブルランナー

試織をして糸を決め、密度を決めて織り始めました。

仕上がりはこんな感じに。

オーバーショットのテーブルランナー

テーブルサイズから決めた、27cmx80cmというテーブルランナーです。

北欧風のナチュラルな木目のテーブルにとても合いそうです。

 

素材は麻とシルクです。

シルクに光沢があるので何気にセレブなイメージにのランナーになりました。

 

オーバーショットのテーブルマット

四角いテーブルマットも織りました。

こちらは27cmx30cmという大きさなので、サイドテーブルや飾り棚の花瓶などに敷きに良いサイズだと思います。

 

販売の予定もありますので、詳細はお問い合わせください。

 

 

 


モノマチ終了しました!

5月25〜27日の3日間開催していました地域イベント「モノマチ」が無事に終了いたしました。

つばめ工房もモノマチにはワークショップの開催など普段とはひと味違った盛り沢山の企画で参加しました。

天気にも恵まれて、たくさんの皆様にお越しいただきました。

 

モノマチ

この3日間は、つばめ工房のあるおかず横丁にはキッチンカーもたくさんやって来て、フードを提供するお店もあるフードコートに変身しました。かつてのおかず横丁もこんな風においしそうな匂いがそこかしこで立ちこめていたんでしょうね。

お祭り気分の楽しい3日間でした。

 

そして6月8日(金)・9日(土)・10日(日)にはいよいよ鳥越祭りが始まります。

この時期はイベントが目白押しの鳥越です。とくに9日と10日のお神輿の渡御は見ものです!

朝日に照らし出された本社御神輿の宮出しは本当にきれいなんです。もう今からわくわくしてしまいます。

皆様も見にいらっしゃいませんか?

 

 


モノマチ、明日からです!

明日、5月25日(金)より27日(日)までモノマチが始まります。

つばめ工房では、前のポストでご紹介しましたようにOne Coin Workshop『スピンドルで手紡ぎ体験』やnodocaやniwaの新作アクセサリーのお披露目などを計画しています。

他にも今回のモノマチに合わせて布製品を集めました!

 

前回好評だったアフリカンプリントのエコバッグを作りました。

荷物が沢山入る大きめのショルダーバックです。ショルダーは太めにしてテープでしっかり裏打しているので、たすき賭けしても楽に使えるデザインにしました。

アフリカンプリントのショルダーバッグ

内側にはポケットも付け、入り口はホックで止めます。エコバッグよりも少しバッグらしい仕様になってます。

アフリカンプリントのショルダーバッグ

柄違いで4アイテム作りました。

アフリカンプリントならではの夏向きのしゃれた柄を選びました。

アフリカンプリントのショルダーバッグ

サイズ 巾45cm 高さ45cm ¥3800(税込)

 

そして今年のラオス・タイドンの綿織物も届きました。

つばめ工房で自信を持ってご紹介できる木綿のストールです。

タイドンの綿織物

前川佐知さんプロデュースによるラオス・タイドンの皆さんが作られている綿織物です。

詳細は昨年に紹介したこちらの記事をご覧ください。

 

タイドンの綿織物

藍染された手紡ぎ木綿のストールです。深い藍色に染められ綺麗に紡がれた糸で丁寧に織られたストールです。

使うほどに柔らかくしなやかに変化して、自分の布に育って行きます。

 

タイドンの綿織物

こちらはファイの木の皮を抽出して染め、さらに泥染をほどこした赤みのないしゃれたブラウンに染められた糸を使っています。

この象徴的なブラウンに藍などで染めた糸を交織して使うのが前川さんの布作りの特徴です。

女性はもちろん、男性にもまったく違和感なくお使いいただけストールです。

タイドンの綿織物

サイズは2種類のご用意があります。

巾34cm 長さ(房含まず)176〜190cm

巾52cm 長さ(房含まず)174〜186cm

 

この他にも、モノマチ限定でハギレのセールやお買い得の品々も少しだけご用意してありますので、お楽しみ!

モノマチ期間中の営業時間は11:00〜18:00です。

皆様のお越しをお待ちしています。

 

 


モノマチに参加します

2018monomachi

 

 

今年で10回目を迎える地域イベント「モノマチ」に参加します。

つばめ工房も1回目から参加していますが、年々人出も多くなりモノづくりの町の大きなイベントとなっています。

 

手織り工房ならでは様々な素材のオリジナルストールの販売や糸紡ぎ体験のワークショップの開催。刺繍アクセサリー作家nodocaの新作のピアスなどアクセサリー、織り布を使った雑貨の販売の他、布や糸にまつわる品々のサンプル品の販売など盛りだくさんの企画を用意しています。

 

 

One Coin Workshop『スピンドルで手紡ぎ体験』

モノマチワークショップ

羊の色んな色に染められたカラー原毛をカーダーでミックスして、スピンドルという糸紡ぎの道具を使いオリジナル毛糸を作る体験をしていただけます。
日時:5月26日(土)・27(日)両日共 11:00〜16:00(最終受付)
(1) 11:00〜11:45
(2) 13:00〜13:45
(3) 14:00〜14:45
(4) 15:00〜15:45
(5) 16:00〜16:45
各回定員5名さま
ご予約不要、開始時間前に受付けいたします。(参加人数の都合でお待ちいただく場合もあります)
参加費用:500円(材料費含む)
講師: 八重畑佐和子
*紡いだ毛糸はお持ち帰りいただきます。

 

nodocaの手刺繍アクセサリー、イヤーアクセサリーの新作をお披露目です。

nodocaのアクセサリー

お花をイメージしてビーズやスパンコールを使った透明感のあるイヤーアクセサリーです。

nodocaのピアスやイヤリングが勢ぞろいします。

 

彫金作家のniwaも鳥をモチーフにした新作のアクセサリーを取り揃えています。

niwaのアクセサリー

新作と同時にサンプルセールも予定しています。

 

 

↓モノマチのイベント情報はこちらより

http://monomachi.com/

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
定休日 木曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM