モノマチ終了しました

先週末に開催されていました地域イベント、モノマチはお天気にも恵まれて、たくさんの皆さまにお越しいただき、無事に終了いたしました。

 

モノマチ

つばめ工房ではテーブルを店先に出して、niwaやnodocaのアクセサリーをご覧になっていただきました。

2階では糸紡ぎのワークショップを開催しました。

モノマチ

中央が今回も講師をお願いした八重畑さん。

お子様も参加されています。皆さま紡ぎに集中しています。

ワークショップが終わると、皆さん「楽しかったー!」とおっしゃっていました。

糸を作るだけのシンプルなワークショップですが、本当に楽しいひと時を過ごしていただけたようです。

 

モノマチ

狭い店内にもたくさんの皆さまにご来店いただきました。

織りや糸の手仕事をされている方もつばめ工房を目がけていらっしゃっていただき、色んなお話しができて、私たちもとても楽しかったです。

来年は10回目を向えるモノマチが開催されます。

また皆さまにお会い出来ることが今から楽しみです。

 

つばめ工房は現在、通常モードで営業中です。

落ち着いてゆっくりとオーダーのご相談やストールをご覧いただけますので、皆さまのお越しをお待ちしています。

 

 

 

 


竹と木綿の糸

今日から3日間、モノマチが始まります。

今日は雨模様ですが、明日からは天気も持ち直すようです。

お買い得の品も少しだけご用意できましたので、皆様のお越しをお待ちしています。

 

工房の方では、ここのところはずっとこの夏物に取りかかっていました。

整経中のたて糸は竹と木綿の混紡糸です。

竹と木綿の糸

整経していると指が擦り切れるほど張りのある糸ですが、思ったほど扱い難くはありません。

 

早速、機かけをして織り始めます。

竹と木綿の糸

 

よこ糸にはをリネン単糸や紬糸を使い、ボーダーでデザインしています。

平織りがほとんどですが、所々綾織り入れて表情を出します。

竹と木綿の糸

 

1枚目が織上がり、すぐに機から外し、仕上げて様子を見る事にします。

仕上がりはまたご紹介しますね。

 

 


niwaとnodocaのアクセサリー

今週の金曜日26日からモノマチが始まります!

27日(土)・28日(日)にはつばめ工房にアクセサリーが集合します。

niwaの彫金アクセサリー、nodocaの刺繍アクセサリーなど、心をくすぐるアイテムがいっぱいです。

 

niwaのアクセサリー

niwaの鳥をモチーフにしたペンダント、ブローチなどです。

真鍮の槌目を残した温かい風合いで胸元を飾るペンダントやブローチのワンポイントアクセサリーです。

このほかにもバングル、ピアスなどをご用意しています。

 

こちらはnodocaの手刺繍アクセサリーです。

nodocaヘアゴム

花をイメージして刺繍したヘアゴム。

 

nodocaブローチ

所々にビーズを散らしたブローチは胸元を可愛く飾ってくれそうです。

一針一針手刺繍で作っているnodocaのアクセサリーは普段着の装いにアクセントを加えてくれます。

草木染めのピアスやイヤリングなどのイヤーアクセサリーのご用意もあります。

 

モノマチ街歩きのお楽しみコースのひとつとしていかがでしょうか。

一部、サンプルなどのお買い得な商品もご用意しています。

手紡ぎ体験のOne Coin Workshopとともに、皆さまのお越しをお待ちしています!

 


オーバーショットのリネンストール(17SS-04)

刺繍アクセサリーの作品展が無事に終了したnodocaさん、とても好評でたくさんの方にアクセサリーを見ていただいたようで、興奮覚めやらないようです。工房に戻りリネンのオーバーショットストールの続きをさっそく織り始めました。

 

リネンのオーバーショットストール

 

細いリネンの単糸で織っているので、なかなか進みません。

リネンのオーバーショット

生成りのリネンのたて糸に白い晒のリネンで柄を織っている所です。

繊細できれいな織り柄が出ています。

 

先日、織り上がり、房を作り水通しして仕上げました。

リネンのオーバーショットストール

↑sold out(ありがとうございました)

 

こちらは2枚目で、まだ水通し前です。

リネンは織りあがった時がとてもきれいなんです。

リネンストール

 

そして、水通しを済ませて仕上がり。

リネンストール

リネンならではの張りと透明感のあるストールです。

所々に藍染や晒のリネン糸で織り込んだオーバーショットの柄がエレガントなストールになっています。

サイズ 巾36cm 長さ(房含まず)186cm

リネン100%

 

 

nodocaさんの刺繍アクセサリーはつばめ工房でも取り扱っています。

一針一針手で刺繍したイヤーアクセサリーやブローチはとても愛らしく、若い女性を中心にとても人気です

5月26日〜28日のモノマチで勢揃いします!是非、一度ご覧ください。

 


モノマチに参加します

今年もモノマチの季節がやって参りました。

9回目を向えて「モノマチナイン」として、5月26日(金)・27日(土)・28日(日)の3日間開催されます。

つばめ工房では手織りのストールや手織り生地を使ったバッグなどの他にも、ラオスから届いた木綿の手紡ぎ、手織りストールやハンカチなど、つばめ工房ならではの品々を紹介いたします。

また、恒例の糸紡ぎのワークショップの開催やniwaやnodocaのアクセサリーも集合して、皆様のお越しをお待ちしています。

 

One Coin Workshop『スピンドルで手紡ぎ体験』
モノマチワークショップ

 

羊の原毛からスピンドルという糸紡ぎの道具を使って、毛糸を作るワークショップです。
色んな色に染められた原毛からオリジナル毛糸を作る体験ができます。

日時:5月27日(土)・28日(日)両日共 11:00〜16:00(最終受付)
(1) 11:00〜11:45
(2) 13:00〜13:45
(3) 14:00〜14:45
(4) 15:00〜15:45
(5) 16:00〜16:45
各回定員5名さま
ご予約不要、開始時間前に受付けいたします。(参加人数の都合でお待ちいただく場合もあります)
参加費用:500円(材料費含む)
講師: 八重畑佐和子
*紡いだ毛糸はお持ち帰りいただきます。

 

モノマチ情報はこちらのホームページよりご確認ください。

 

 


エノキのブローチ

藤田美帆さんのエノキのブローチが入荷しています。

生成りの糸をかぎ針で編んだエノキのブローチです。

 

えのきのブローチえのきのブローチ

本物のエノキと見間違うほどですが、また違う存在感のあるアクセサリーに仕上がっています。

このエノキのほかにもコバナや木の実、羊歯などのイヤーアクセサリーもございます。

藤田さんの編む植物をモチーフにした作品は、とても目を引く個性的なアクササリーばかりです。

店頭にてお試しください。

 

 

また、藤田美帆さんのアクセサリー、オブジェのオーダー会が秋田で催されます。

新しいモチーフのオブジェも展示されるようです。 お近くにお住いの方はいかがでしょうか?

 

飾/shoku

藤田美帆DM

普段のアクセサリーオーダー会に加え、
標本のように飾れるオブジェを新たにお披露目いたします。

 

2017.5.24(水)ー6.11(日)
11:00-18:00 定休日 月曜・火曜
010-0921
秋田県秋田市大町3丁目1-12
川反中央ビル3F3室
まど枠

 


絹と木綿のストール〜2(17SS-02)

こちらは、先日に仕上がった絹と木綿のストールの2枚目です。

ちょうど、機に掛かっているたて糸をご覧になっていただいたお客様から、新たにご注文をいただきました。

やはり、絹のよこ糸を使って織ることになりました。

 

今回は明るめの、ピンク、ベージュ、アイボリー、水色のよこ糸を使っています。

綿とシルクのストール

綿とシルクのストール

シック&エレガントなストールになったと思います。

 

サイズ 巾52.5cm 長さ(房含まず)196cm

たて糸/木綿・よこ糸/絹

 

 


カシミヤストール〜1(16-17AW-23)

夏に向うこの時期なのですが、今期冬物の最後のストール仕上がりました。

先日、織りの途中を紹介しました、遥かチベットに旅立つカシミヤストールです。

 

室内で過ごす事の多くなった高齢のご婦人が使われる、というご依頼で作りました。

部屋の灯がともった様に、パッと明るくなるよう、一見派手とも思える色合いを提案しました。

膝掛けや、肩から羽織る用途を考えて長さも少しだけ短めにしています。

 

チベットのカシミヤストール

チベットのカシミヤストール

 

綾織りの組織で織っているので、生地に厚みが出てとても温かいです。また、カシミヤなので軽く仕上がっていて、ストレスなくお使いいただけると思います。

チベットのカシミヤストール

 

サイズ 巾66cm 長さ(房含まず)188cm

カシミヤ100%

たて糸とよこ糸の交じり合いによって現われる色の変化が強調され、カラフルだけど意外に落ち着いた色味に仕上がっています。

 

今回は贈り物なので、ご本人との相談もできませんでした。

気に入っていただけると本当に良いのですが。

 

 


オーバーショットのショルダーバッグ

nodocaさんが織っていたオーバーショットの生地が織り上がり、いつも縫製をお願いしている職人さんの所から仕上がったバッグが届きました。

今回もすべてオリジナル一点ものになり、配色違いがあります。

 

オーバーショットバッグ

こちらはローズと黒のコンビネーションがシックです。

 

オーバーショットバッグ

白と薄いブルーのツートンです。

清楚で爽やかなバッグに仕上がっています。

 

オーバーショットバッグ

 

ハンドルはヌメ革で、肩から掛けて使える長さです。

内側には大きめのポケットが一つ付いてい、A4サイズの入る、軽くて使いやすいバッグです

サイズ 巾38cm 高さ 35cm マチ4cm

表地/手織りの綿麻・裏地/リネン

 

ギリギリだけど、母の日のプレゼントにいかがでしょう?

 

 


作品展のお知らせ

5月のこの時期には各地で作品展が開かれますね。

つばめ工房も5月26日(金)〜28日(日)はモノマチという地域イベントに参加します。

ですので、この時期に開催される作品展やイベントには、もう何年も行けていないんです。

今日は二つの展示のお知らせです。

 

 

国立にある手織り教室の工房展のお知らせです。
工房主催者の飯田みちるさんには何かとお世話になっています。

今回、織り生地を使った小さな袋物を皆さんで作られたようです。

ストールや敷物などの手織物作品とともに楽しみです。

 

第5回 織工房 Mai展 ー彩りとりどり
工房maiDM
それぞれが好きな色で糸を染め、デザインして織りました。

マフラーや敷物などを展示と販売いたします。

 

手のひら乗る袋物をみんなで作ってみました。
 

 

2017年 5月25日(木)〜 5月30日(火)
11:00 〜 19:00(最終日17:00まで)
東京都国立市東1-15-20
TEL 042-573-6663
ギャラリー ゆりの木 HP

 

************************************

 

染織に携わっている先輩方が何人か参加されている、「日本の夏じたく」もこの時期に開催されます。

三溪園という素晴らしいロケーションのもとに、染織だけでなく、金属、木、漆、ガラス工芸などの手しごとの品々の展示と販売をします。

織りの友人、山下枝梨子さんも参加されていて、お知らせが届きました。

今年は立派な作家紹介の冊子付きの案内状です。

 

日本の夏じたく
日本の夏じたく

会場:三溪園/鶴翔閣・横笛庵・白雲邸
会期:2017年5月26日(金)〜28日(日)
※26日(金)は招待日です

※三溪園入園料金がかかります。

 

催事の詳細は、ホームページよりご確認ください。

また、つばめ工房の店頭にも案内状と冊子がございますので、ご自由にお持ちください。

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
定休日 木曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM