断捨離

コロナ禍の外出自粛の中、私もご多分にもれず実家の押し入れの整理などをしていました。

記憶からまったく抜けていましたが、学生時代の課題で作ったこんな物が出てきました。

swatch

織見本と組織図がセットとなった見本帳です。

テキスタイル学科の同級生がみんなで担当を決めて織ったスワッチをまとめた物です。

厚いファイル2冊分ほどあります。真面目に授業に出ていたようです。

驚いたのが、組織図が青焼きなんですね。そういえばコピー機はまだ普及していなかった時代だったんですね。

今、改めて見直してみると、こんな組織で織ってみようかしら?と新しいアイデアが思いつくことも。

 

他にも美大の卒制で作ったプリント生地もたくさん出てきました。

そんな生地から友人がエコバッグを作ってくれました。

スクリーンプリント

私の美大時代なので年がわかってしまいますが、かれこれ40数年ほど前に刷ったプリントです。ちょうどその頃に新宿伊勢丹の中にマリメッコが開店して、私たち学生が多いに影響された頃です。

課題で染めた生地が今になってこんな形で甦るなんてびっくりです!

でも、なんだか今っぽいデザインかな?

 

学生時代から40数年過ぎて、今も同じテキスタイル畑にいますが基本的な所はあまり変わっていないような。

むしろ、半世紀後の今になって役に立ってくれるのかも。だから、断捨離はできませんでした。

 

 

 


藍染リネンのストール仕上がりました

今シーズン最初のリネンストールが完成しました。

藍染したリネンを中心に木綿や絹を格子で所々に配置しています。

素材による藍の色差、糸質の違いで現れたテクスチャーの変化によって、面白い布の表情が出ています。

藍染リネンストール

藍の濃淡や素材の違いによって表れた格子柄がこの生地の特徴で、今年で3シーズン目となるオリジナルデザインです。

 

藍染リネンストール

写真だとわかりにくいですが、透けて肌が見えた時に涼しげで、清涼感のある夏のストールです。

オシャレなアイテムになるのと同時に、日除けや冷房避けとしての実用性も高いです。

藍染リネンストール

杉綾の部分の濃い藍が木綿、ブルーのところは絹を使っています。

白く見えるたて糸はリネンの生成りで、藍の中のアクセントとなっています。

 

藍染リネンストール

本藍染めの糸はすべてあをの用さんに染めていただいた物を使っています。
藍の色に深い海のような雑味のない透明感があり、ブルーのハーモニーを感じさせてくれます。

 

サイズ 巾62cm 長さ(房含まず)190cm

リネン・木綿・絹を使用

染料/天然藍灰汁醗酵建による藍染め

 

こちらはご注文のストールです。

只今、店頭用にも制作していますので、お問い合わせください。

 

 

 


藍染リネンストール、進んでいます

機掛けが済んで早速織り始めています。

こちらが工房1階の織り幅85cmの機で、私にとっては身体の一部の様になっていて使い勝手の良い機です。

藍染リネンストール

 

筬づかも程よい重さで、慣れもあるのでしょうが、つばめ工房で織るようなストール類の打ち込みにとても合っていると思います。

藍染リネンストール

 

繊細な糸なので慎重な作業が続きますが、快調に進んでいます。

藍染リネンストール

もうじきこの1枚目が織り終わります。

こちらは細番手のリネン糸に、絹や木綿も配置して質感に変化をつけています。

1枚目が織り上がったら、機から外して仕上げます。

こちらはご注文のストールとなります。今回はこのたて糸でデザインを変えてもう1枚店頭用に織る予定です。

 

 

 


藍染リネンストールの機掛け

整経をした藍染リネン糸の機掛けをして織り始めています。

6月に入ってからは金、土、日の週3日だけ工房へ出て織り作業しています。織りだけに集中して仕事ができるので、意外に仕事が進んでいます。

今日はつばめ工房で行っている機掛け工程を少し紹介します。

 

藍染リネンストール

整経が終わって機掛けをします。

この機は40年ほど前だと思うのですが、足利で作られた機で先輩から引き継いだものです。織幅85cmありますがとてもタイトに作られていて、それでいて華奢ではなくしっかりしていてとてもバランスが良い機なんですが、残念ながら現在は作られていません。

こちらは機前ですが、たて糸を2つに振り分けてウェイトを結んで均等にテンションを掛けながら千巻き側で巻き取りします。

 

藍染リネンストール

つばめ工房では荒筬を通して、一人で巻き取りをしています。

今回使う麻糸は細く繊細な糸なのでウッカリすると切ってしまいます。

糸の動きに注意しながらゆっくり丁寧に卷いていきます。

 

藍染リネンストール

無事巻き取りを終えると次は綜絖を通します。

 

藍染リネンストール

そして次は筬通しです。今回は竹筬を使います。繊細な糸にはあたりの良い竹の方が良く、織っていても気持がいいんです。

 

2階にあるクマクラ機の場合は、千巻きを外して男巻き側に移動して巻き上げるという違う方法ですが、基本的に行程は同じです。

特別なことは何もやっていませんが、糸の動きにアンテナを張って丁寧に作業することだけが唯一のコツだと思います。今回はこの辺で、また紹介しますね。

 

 


竹と木綿のスカーフが仕上がりました

5月半ばから1階の機で織っていた、竹と木綿混紡糸を使ったスカーフがすべて仕上りました。

1枚目はご注文をいただいていたこちらのスカーフで、すでに納品させていただいています。

同じたて糸を使って下の2枚のスカーフを仕上げました。

 

竹と木綿のストール

右側は定番の配色です。左側はよこ糸に絹の明るいブルーラインを入れて、麻の濃いい藍の分量を減らしてグリーンを増やしています。全体に少し明るい印象になっていると思います。

平織りと綾織りを混ぜて変化を付けています。3枚とも僅かに違うデザインとなりました。

 

竹と木綿のストール

こちらは左側のアップです。

 

竹と木綿のストール

こちらは右側。

 

竹と麻のストール

サイズも約60cmx100cmといつものストールより短く織ってありますので、

このように首もとにふわっと羽織れて使い易いと思います。(こちらは在庫のスカーフです。)

 

竹と木綿のストール

 

竹繊維の特徴でハリが持続するので、肌に密着せずに通気性があるので夏のスカーフにお勧めです。

この竹繊維の持ち味は同時にお肌の弱い方にとって、最初のうちはチクチク感が気になるかもしれません。洗いながらしばらく使い込むうちに馴染んで来て、使い易い布に育って行くはずですが、お肌がデリケートな方は避けていただいた方良いかもしれません。

無染色の竹繊維の素材感を活かすよう、藍などの天然素材を使ったナチュラルな色合いのデザインにしています。こちらはユニセックスでお使いいただけると思います。

 

サイズ 巾59cm 長さ(房含まず)100cm

たて糸 竹・木綿混紡糸

よこ糸 竹・木綿混紡糸・麻・紬

竹・木綿混紡糸/無染色

麻/藍染め・こぶな草+藍

 

こちら2点のスカーフは販売しております。

詳細はメールにてお問い合わせください。

 

 

 

 


藍染リネンストールの準備

次に織るストールの整経をはじめました。藍染した細番手のリネンで夏のストールを作ります。

こちらも夏の定番となっているストールで今シーズンもご注文をいただいています。

 

リネンストール

生成りと藍の爽かな色のリネンのたて糸です。

藍はあをの用さんで天然藍灰汁発酵建てで染めていただいています。

リネンストール

 

今年もリネン単糸を使う季節がやってきました。

何かと取り扱いが面倒な糸なのですが、辛抱強く向き合って行けば、結果に表れてくれる糸なのでやりがいもあります。

 

 


引き継いだ糸たち

昔から親しくしていただいている織りの先輩から糸を譲っていただきました。

最近は地球規模の環境や気候の変化、人々の生活様式の変化の中で、糸の素材がなくなってきたり、作り手がいなくなってしまう等で良い糸が、年々手に入りにくくなっています。

今回譲っていただいた糸はみな十数年前に手に入れた糸だそうです。同じような糸は今でも手にいれることはできると思いますが、色や質などが少し違うようです。

 

大麻糸

こちらは大麻の糸ですが、柔らかめの繊維なので巻物にも使えそうです。枷によって色や糸の作りも違います。

つばめ工房では一点物のストール類の織物がメインなので、交織などで使う際にとても重宝すると思います。

 

苧麻

こちらは苧麻の100番単です。上布のたて糸に使う糸ということです。

染めて使うかどうか悩みどころですね。

 

タッサーシルク

そしてタッサーシルクです。個体差が大きくバラツキがあるので、いろんなタッサーシルクがあると使い道による選択肢が増えて良いですね。

 

こんな糸たちを引き継がせてもらいました。私にだってこれからの織り人生で使い切れるかどうか。

糸って何度も眺めて、何に使うか悩んでいるうちに突然閃くものですよね。

力を持っている糸ばかりです。しばらく眺めながら楽しませていただきます。

 

 

 

 


竹と木綿のスカーフ3枚目

今日から6月。カラッとしていたお天気から、低い雲が垂れ込む日が増えて来てそろそろ東京も梅雨入りですね。

最近、竹と木綿のスカーフの制作過程を紹介していましたが、いよいよ最後の1枚に取り掛かかりました。

 

竹と木綿のストール

写真の下側に卷き上がって見えているのが2枚目です。

3枚目はガラッと変えて、藍を少し減らして白味を増やしグリーンやブルーも使って、明るく爽かな色合いのスカーフにしようかなと思います。

 

竹と木綿のストール

今はグリーンラインを入れてているところ。

徐々にがイメージが具体的になって来て、これも仕上がりが楽しみです。

仕上がりは2枚目のスカーフと一緒に紹介しますね。

 

 

 

 


竹と木綿のスカーフ2枚目

先日工房に行って、竹と木綿のスカーフの2枚目が織り上げました。

こちらの房は切りっ放しのデザインにしたので、裾の末端をまつって終わりです。

この2枚目はグリーンを少しだけ多めに入れていて、1枚目とは少し雰囲気が変わっていると思います。

 

竹と木綿のストール

この竹と木綿のスカーフ、あと1枚織って今年の分は終わる予定です。

次は藍染めのリネンを使ったご注文の夏のストールを作るので、そちらの準備も並行して始めています。

 

つばめ工房っでは最近は制作スタンスが変わって、少量の制作を継続しています。

このブログも一点ずつの細かい制作過程をお知らせして、より深くご理解いただけるよう、作品を紹介をして行きたいと考えています。

 

 


こんなのができました

自宅の卓上リジット機で織っていた手紡ぎのカシミヤマフラーを縮絨して仕上げました。

カシミヤの製品は細い糸を使った繊細なものが多いのですが、太めに紡いだ糸でもっこり、むっちりとした風合いのカシミヤマフラーにしたかったんです。カシミヤ繊維をたっぷりと贅沢に使って、太めの糸で織っても軽く仕上がるのもカシミヤのメリットだと思います。

 

試作なのですが、こんな感じになりました。

手紡ぎカシミヤストール

手紡ぎカシミヤストール

とってもしなやかで柔らかく仕上がり、今年の冬に使うのが楽しみです。

紡ぎは今ひとつなんですが、これからの糸紡ぎの目指す先が見えて来たような。

 

この試作作りは、これからの作品作りに生かすことのできそうな成果、そして課題もたくさんありました。

今冬のカシミヤストールに期待してくださいね。

 

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
営業日:金・土・日曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM