絹と木綿のストール(17SS-02)

織り続けていた絹と木綿のストールの1枚目が織り上がりました。

こちらはご注文で大変お待たせしていたストールで、さっそく機から外して先に仕上げます。

絹と木綿のストール

 

房を撚り、水通しして仕上げました。

水通しによって糊を洗い落とされて、繊維のふくらみが甦り初めて布となります。

絹と木綿のストール

絹と木綿のストール

微妙な色合いが絡み合い、紬糸の柔らかい肌触りが心地よい、優しいストールとなりました。

サイズ 巾52cm 長さ(房含まず)200cm

たて糸/木綿・よこ糸/絹

 

このストールのたて糸は、ストールもう1枚分が機に掛かっていますが、2枚目はまだ計画中。

よこ糸は麻か木綿にしようか、それともやっぱり紬糸にしようか?悩み中です。

 

 


5月の月イチ蔵前のお知らせ

5月の月イチは連休最後の土曜日、来週の6日に開催です!

つばめ工房では昨年に引き続き、この時期にはラオスの人々の手仕事によって作られた手紡ぎ、手織りの木綿のストールを販売しています。

1年かけて、現地の協力スタッフによって少しずつ集められたストールは、去年にも増して存在感のある、魅力的な織物ばかりです。糸や染色、織地やデザインを厳選したつばめ工房のフィルターを通した木綿ストールを紹介しています。

 

月イチ藍のストール

藍染めをメインにしたストールを中心に選んでいます。

 

月イチ藍のストール

今回、数は限られていますが、組織織りや織り柄にもこだわったストールも何枚か届いています。

サイズもマフラーサイズから掛け布にも使えそうなブランケットサイズまで各種あります。

 

月イチ藍のストール

すべてのストールはつばめ工房で一度洗いをかけチェックしているので、安心してお使いいただけます。

 

ラオスのストール

これから初夏に向けて、ユニセックスで使える木綿のストールたち。

今週より店頭に並んでいます。ほとんどのストールは1点物ですので、お好みの一品をお早めにお選びください。

手紡ぎ、手織りの木綿ストール ¥8,400より

 

皆様のお越しをお待ちしています。

月イチ蔵前のショップ情報はこちらのHPより。

 

 


絹と木綿のストール

昨日チラッと紹介しました、綜絖通しを終えた木綿のたて糸の全容です。

 

木綿のたて糸

 

織り始めのところです。1枚目のよこ糸には絹の紬糸を使っています。

こちらはご注文のストールです。

絹と木綿のストール

端に使った赤は茜で染めました。たて糸に色々な糸を使っているのが良く解りますね!

 

順調に織り進んでいるのですが、たて糸の木綿も節が多かったり、よこ糸の紬糸も不揃いなのでよく引っかかって、

たびたび中断してしまいます。

 絹と木綿のストール

扱いにくい糸だからこそ、均一な糸では表現できない、味わいのある布の表情が出ていると思います。

なかなか良い感じになっています。

2枚目ストールにも紬糸を入れようかな、と考えています。

 

 


工房の近況

工房ではカシミヤストールをこれからもう一回織る予定なのですか、春夏の物の作業も平行して始めています。

晴れた日には糸の精錬やのり付けなど、糸の準備をします。

糸精錬

こちらはリネン単糸を精練中です。

 

糸精錬

手前は手紡ぎ木綿、奥はリネンです。

この糸たちは天然灰汁醗酵建で藍染めをされている、あをの用さんに藍染をお願いします。

春夏用のストールのための綿や麻糸の準備も着々と始めています。

 

精錬をしながら、機作業の方は綜絖通しです。

綜絖通し

草木染めのいろんな種類の木綿糸をたて糸に使っています。

1枚目には絹の紬糸をよこに使います。たて糸はストール2枚分の長さを準備していますが、2枚目に使う糸はまだ未定です。

このたて糸なので面白い表情の布が出来上がると思っています。

 

 


 


刺繍と写真、絵の3人展

つばめ工房の頼れるスタッフnodocaさんは織り仕事だけでなく、同名で刺繍アクセサリーの作品も発表もしています。

そんなnodocaさんが初の刺繍の作品展を行います。

今回は3人展ということで刺繍、絵、写真とのコラボ展示になるそうです。

絵に刺繍を施した作品もあるようです。ほぼ1年前から計画して写真撮影や準備をしていた3人の作品がどのような形で絡み合っているのか、展示がとても楽しみです。

ゴールデンウィーク中の3日間だけの展示です。お見逃しのないように!

 

Not only , But also.

小川和香・三井麻沙未・沓沢由希 作品展

のどか展示

 

刺繍・絵画と写真のコラボレーション。ハンドメイドの刺繍アクセサリーや絵画の販売も行います。

 

2017年5月4日(木)〜5月6日(土)

11:00〜19:00

吉祥寺 ギャラリー イロ

〒180-0004 武蔵野市吉祥寺本町1-37-7-101

吉祥寺より徒歩7分

http://1-6.jp/

 


絹とカシミヤのストール (16-17AW-22)

先日から取り掛かっていた絹とカシミヤのストールがやっと出来上がりました。
たて糸は絹をヤマモモで染めた糸、よこ糸にはカシミヤを使って綾織りで織った大判のストールです。
ヤマモモのモスグリーンとカシミヤのブラックの組み合わせが、シックで品のあるドレッシーなストールに仕上がっている思います。

 

シルクとカシミヤのストール

シルクとカシミヤのストール

 

絹とカシミヤの素材の持ち味を生かせる様にシンプルな無地の織物にしました。
絹ならではのしなやかなドレープが美しいです。
 

シルクとカシミヤのストール

こちらはご注文で織ったストールです。
長い間お待ちいただきました。
 

サイズ 巾70cm 長さ(房含まず)200cm

たて糸/絹・よこ糸/カシミヤ
 

 

もう一枚色違いが織り上がっています。

房を撚って、仕上の縮絨が済みましたら、またご紹介します。

 

 


くるみボタンのヘアーゴムとブローチ

今年のヘアーゴムとブローチが出来上がりました。

nodocaさんが織ったオーバーショット生地をくるみボタンに仕立て、ヘアーゴムとブローチを作りました。

 

くるみぼたん

 

このオーバーショット生地はたて糸に木綿、よこ糸に綿麻の糸を織り込んで柄を作っています。

これから夏に向かって爽やかな色合いのヘアーゴムとブローチになりました。

黄色、水色、赤、ブルー、白等の糸を使って織った生地で作ってます。
一色のもの、二色のもの、色々なパターンのブローチや、ヘアゴムです。

同じ柄はないので、お早めにどうぞ!
 

 

ヘアーゴム ¥1,300(税込)

ブローチ ¥1,200(税込)

 

 


木綿布の試作

ストールの制作と同時進行して、木綿の布の試作兼サンプルを織っていました。

この糸たちはラオスで手紡ぎされ、染められた木綿糸です。

 

木綿のハンカチ

藍や泥染などの他、日本にはない天然染料で染められた木綿糸です。たて糸に使うため、糊付けしているのでハリハリしていますが、とてもきれいに紡がれた糸です。仕上がった布は使い続けるうちに、ふわふわに柔らかく変化していきます。

 

早速、織り始めました。

木綿布

端はかがり処理にしました。

普段使いの少し大きめの木綿の四角い布となりますが、味わいのある布を目指しました。

木綿のハンカチ

この試作の布が製品となり店頭に並ぶのはまだ少し先になると思いますが、

手紡ぎ、手織りならではのこの布にご期待ください。

 

 

 

 


春物準備

4月に入ってもう10日目、少しずつ綿や麻のストールの準備に掛かっていました。

先日、晴れて風の強い日だったので、思い切って糸を出して糊付けしました。

木綿糸の糊付け

これは、手紡ぎ木綿の藍と生成りと泥染めこげ茶です。ラオスで草木染めされた手紡ぎ糸です。

今回はこの糸もたて糸に使う予定。
 

最初は木綿のたて糸に絹のよこ糸を使ったストールを織ります。

春物のストール

木枠に巻いた糸はすべて草木染めです。

 

春物のストール

たて糸の構成はこんな感じに、。

こちらのご注文はかなり前からいただいたのですが、なかなか準備できませんでした。

 

絹と木綿のストール

一気に整経まで済ませました。

よこ糸には、絹の紬糸を使います。穏やかなイメージの春のストールを作りつもりです。

よこ糸の準備と平行して機掛けして、、、まだちょっと時間が掛かりそうですねぇ。。

 

桜も終わって、これから徐々に綿と麻の仕事に移ります。

 

 


カシミヤ交織のマフラー

先日、織り上がったカシミヤマフラーを縮絨しました。

来シーズンのためのマフラーです。

この2点は共通のカシミヤのたて糸を使い、よこ糸に使う糸を変えています。

カシミヤマフラー

左側はのブラウンはヤクの手紡ぎ糸を使っています。写真では見えていませんがヤクのブラウンとモカの2色を使っているので、その色差がデザインの変化となっています。端には藍の生葉で染めた水色のカシミヤ糸を織り込みアクセントにした杉綾のマフラーです。

サイズ 巾40cm 長さ(房含まず)180cm

 

カシミヤマフラー

手前の白いマフラーはよこ糸に手紡ぎのカシミヤ糸を使っています。端は1本だけ茜で染めたカシミヤとヤクのモカを使いアクセントとしました。こちらも杉綾で織り、上品で可愛いマフラーに仕上がっています。

サイズ 巾41cm 長さ(房含まず)194cm

 

手紡ぎのヤクとカシミヤ、それぞれの持つ繊維の特徴が出ていて風合いに違いがありますが、共にふわふわの肌触りでとても暖かいです。デザインも抑えめにして、上質な素材の持つ特徴を生かしたマフラーに仕上がりました。

来冬のお供にいかがでしょうか。

 

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
定休日 木曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM