カシミヤ単糸のマフラー

nodocaさんが一足先に取り掛かっていた、カシミヤ単糸のマフラーの1回目が織り上がりました。

この暑い時にカシミヤを、と思われるでしょうが、今から織り貯めておかないと冬までに間に合わないんです。

つばめ工房定番のこのカシミヤマフラーは同素材ですが、配色のパターンが無限で同じデザインのマフラーはまったくなく、すべて一点ものです。今年も可愛い色合いの新柄が出来上がっています。

 

カシミヤ単糸マフラー

 

織り上がったマフラーを機から外して、一枚一枚織りをチェック中です。

そして、次の行程の縮絨をしてアイロンで仕上げます。

もう一息です。

 

 

 


藍染のストール

7月に入りましたね。関東地方では梅雨も明けて猛暑日が続いています。今年は長い長い夏になるんでしょうか?秋冬のものに入る前に、もう少しだけ夏物のストールを織ることにしました。リネンの藍染糸を使ったストールを始めます。

この糸はあをの用さんに本藍染で丁寧に染めてもらった糸です。

 

藍染糸

 

藍の微妙な濃淡と生成りのリネンで構成したデザインにしました。

藍染糸

藍染糸

いつも思うのですが、整経が終わった糸はきれいですね。

さっそく機掛けしました。

機掛け

巻き取りが終わり、綜絖通し中です。

さて、どんなストールになるか?早くヨコ糸を入れて見たいです。

 

 


7月の月イチ蔵前

6月もう終わり、7月の月イチ蔵前は来週7日の土曜日に開催です。

つばめ工房では今年分のラオス北部・タイドンの人々の作る木綿織物のストールが出そろって、ただ今お披露目中です。

昔ながらの焼畑で棉を植えるところから始める織物作りをしているのラオス・タイドンの5人のお母さん達の仕事です。彼女たちの作るストールはその土地で手に入れることのできる素材と自らが作る道具だけを使い、手紡ぎ・手織りはもとよりすべての行程を手作業で行い、時間をかけとても丁寧に作られています。

その仕事を束ねているのがラオスに15年間通い、制作を共にされている前川佐知さんです。

前川さんの織物に対しての熱意はそのストールのクオリティーの高さにもにじみ出ていて、前川さん無しでは作る事の出来ないストールとなっています。

つばめ工房も織物を制作している立場から見て、自信を持ってお勧めできるストールです。

 

タイドンストール

藍染めした糸をタテとヨコに使って織った藍一色のストール。

 

タイドンストール

ファイという木の樹皮から抽出した染料で染めた後、泥で媒染した赤みのないブラウンが特徴の糸をタテとヨコに使った一色のストール。

 

タイドンストール

タテ糸にファイ、ヨコ糸に藍を使い交織したストール。

 

タイドンストール

こちらはタテが藍、ヨコがファイのストール。とても深い色合いも仕上がっています。

 

タイドンストール

タテ糸に藍、ヨコ糸に生成りを使い交織したストール。

 

タイドンストール

タテ糸にファイ、ヨコ糸に生成りを使ったストール。

藍、ファイ、生成りの組み合わせのシンプルな色合いですが、とても深みのある飽きのこない色味のストールに仕上がっています。

入荷数に限りのある木綿のストールですが、まだ比較的お好きな色をお選びいただけます。

この機会に夏から秋まで使える木綿ストールはいかがでしょうか。

 

サイズは2種類のご用意があります。

巾34cm 長さ(房含まず)176〜190cm

巾52cm 長さ(房含まず)174〜186cm

 

このストールの背景は昨年のブログ記事でも紹介しています。

 

 


竹と木綿の混紡糸の小幅ストール(18SS-09)

竹と木綿の混紡糸をタテ糸に使ったストール、最初の1枚が織り上がったので、機から外して1枚仕上げてみました。去年も織ったストールなのですが、ほぼ同じ仕上がりにできて一安心。

真夏の暑い日差しの時に巻くと、さらっとした竹素材の肌触りが素肌にとても気持ちの良いストールだと思います。

 

竹と木綿の混紡糸ストール

竹と木綿の混紡糸ストール

ヨコ糸にはタテ糸にも使った竹と木綿の混紡糸の他に藍染めしたリネン、シルクも入れています。

異なる素材を入れることによって質感の変化、綾と平織りの組織を混在させているテキスタイルなので立体感も生まれて、面白い布になっています。個性的な布好き、お洒落好きな方におすすめです。

 

 

サイズ 巾40cm 長さ(房含まず)184cm

たて糸/綿竹混紡・よこ糸/綿竹混紡・リネン・絹

染料/藍・みかん

 


カシミヤ始まっています

ただ今、つばめ工房は夏物と同時進行で徐々にカシミヤの仕事も始めています。

写真は染色用に先媒染したカシミヤ糸を干しているところです。

カシミヤ単糸マフラー

この糸ではコブナ草の黄色、茜の赤などを染める予定です。

 

そして、nodocaさんは一足早めにカシミヤマフラーを織り始めています。

定番のカシミヤ単糸のマフラーです。

カシミヤ単糸マフラー

カシミヤ単糸マフラー

こちらは今年の新作となります。

 

カシミヤ単糸マフラー

だいぶ織りたまってきましたが、このタテ糸を使ったマフラーは7月に入る頃には織り上がりをお披露目できるかな?糸の準備や染めながらの作業なので、なかなか時間がかかります。

 

つばめ工房では今年冬用のカシミヤストールのオーダーもお受けしています。

シーズン前のこの時期にご注文いただけますと、タテ糸の準備段階からの制作になるので、よりオリジナリティのあるストール制作が可能になります。ご興味のある方は、ぜひお早めに。

 

 

 


竹と木綿の混紡糸のストール

1階の機で織っている竹繊維と木綿の混紡糸をタテ糸に使ったストール、順調に織り進んでいます。

竹x綿の糸の生成りに藍染めを合わせて、自然な色合いの野趣のある布をイメージしています。

 

竹繊維のストール

 

ヨコに麻や絹の糸も入れ、平織りや綾織りで変化をつけました。

竹繊維のストール

 

このタテ糸では3枚のストールを織る予定です。

夏の涼しげなストールになります。

 

 


工房の近況

お祭りも終わりすっかりと静かになった鳥越界隈です。

落ち着いて仕事ができるようになりました。次は去年の今頃も織った木綿と竹繊維の混紡糸をタテ糸に使ったストールを始めています。野性味のある個性的なストールで通好みなのですが、思いのほか好まれる方が多かったので、また同じ素材で織ってみることにしました。

 

竹繊維のストール

筬通し中ですが、こういう道具を見るとつくづく日本は竹文化の土地なんだな、と思います。

今回は使っている繊維も竹だし、身の回りにも竹で出来た物って多いですよね。

 

竹繊維のストール

さっそく織り始めました。

DSC03172.jpg

ヨコ糸にはリネンや紬なども入れいます。

去年織ったストールはこちらです。

 

nodocaさんの方は一足先にカシミヤの整経を。

カシミヤ単糸のマフラー用のタテ糸です。
カシミヤ単糸整経カシミヤ単糸整経

21mの長い整経です。

 

DSC03176.jpg

今回は糸の準備、整経から3日目には織り始められました。

つばめ工房の定番カシミヤマフラーを作ります。秋口から使い始められる薄手のカシミヤマフラーなので、今から織り貯めます。

台風の影響でここのところ涼しく肌寒い日もあるほどの東京ですが、おかげさまで作業の方ははかが行きますね。

 

 

 

 


リネンとシルクのストール〜2(18SS-08)

2枚目のリネンとシルクのストールです。

1枚目とほとんど同じように思われるでしょうが、藍色の分量がこちらの方が多いです。

リネンとシルクのストール

リネンとシルクのストール

アイロンをかけずに仕上げてみましたが、洗いざらしの風合いもなかなか良いものです。

このストールは織っている最中にいらっしゃったお客様の元へ旅立ちました。

もう1枚店頭用に織っています。

 

sold out(ありがとうございました)

 

 


リネンとシルクのストール〜1(18SS-08)

リネンをタテ糸に使ったストールが仕上がりました。

こちらはヨコ糸に生絹を使った、張りと透け感のあるストールでご注文の品です。

リネンとシルクのストール

リネンとシルクのストール

リネンとシルクのストール

ヨコ糸には藍、五倍子のグレー、藍生葉染の水色、みかんで染めたクリーム色の生絹を使いました。

肌にまとわりつかなく、ほど良い張りがあるので、暑い陽射しの中でもサラッと気持ち良く使えるストールです。フワッと纏うと、とてもオシャレだと思います。

リネンとシルクのストール

 

店頭用にも同じ素材で織りましたので、是非一度お試しください!

サイズ 巾42cm 長さ(房含まず)180cm
素材 リネン・シルク

 

sold out(ありがとうございました)

 

 


お祭り終わりました

鳥越祭りも終わって、昨日からの台風と梅雨で今日も雨。

でも、そんな雨の中でも町はすっかりきれいに片付けが済んでいて、昨日の喧噪が嘘のようです。

 

お祭りを振り返って、9日土曜夕刻からの町内御神輿の宮入の様子です。

火入れして幻想的です。

鳥越祭り

鳥越祭り

鳥越祭り

鳥越祭り
鳥越祭り

町内御神輿の宮入は御神輿にくっついて一緒に歩けて、顔見知りの半纏姿や楽しさが伝わってきて好きです。

 

翌日は本社御神輿の渡御です。

昔、おかず横丁にも本社御神輿が入って来た事があるらしいですが、最近は横切って行くだけです。

鳥越祭り

この時期の鳥越のお祭りは雨がつきものです。

担ぎ手や世話人の皆さんはびしょぬれになっていても笑顔が絶えません。

このしっとりとした雰囲気もまた良いものですね。

 

私も日常に戻って、今日は呆然としながら仕事をしています。

多分、鳥越のみんなも。

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
定休日 木曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM