絹と木綿のストール

昨日チラッと紹介しました、綜絖通しを終えた木綿のたて糸の全容です。

 

木綿のたて糸

 

織り始めのところです。1枚目のよこ糸には絹の紬糸を使っています。

こちらはご注文のストールです。

絹と木綿のストール

端に使った赤は茜で染めました。たて糸に色々な糸を使っているのが良く解りますね!

 

順調に織り進んでいるのですが、たて糸の木綿も節が多かったり、よこ糸の紬糸も不揃いなのでよく引っかかって、

たびたび中断してしまいます。

 絹と木綿のストール

扱いにくい糸だからこそ、均一な糸では表現できない、味わいのある布の表情が出ていると思います。

なかなか良い感じになっています。

2枚目ストールにも紬糸を入れようかな、と考えています。

 

 


工房の近況

工房ではカシミヤストールをこれからもう一回織る予定なのですか、春夏の物の作業も平行して始めています。

晴れた日には糸の精錬やのり付けなど、糸の準備をします。

糸精錬

こちらはリネン単糸を精練中です。

 

糸精錬

手前は手紡ぎ木綿、奥はリネンです。

この糸たちは天然灰汁醗酵建で藍染めをされている、あをの用さんに藍染をお願いします。

春夏用のストールのための綿や麻糸の準備も着々と始めています。

 

精錬をしながら、機作業の方は綜絖通しです。

綜絖通し

草木染めのいろんな種類の木綿糸をたて糸に使っています。

1枚目には絹の紬糸をよこに使います。たて糸はストール2枚分の長さを準備していますが、2枚目に使う糸はまだ未定です。

このたて糸なので面白い表情の布が出来上がると思っています。

 

 


 


木綿布の試作

ストールの制作と同時進行して、木綿の布の試作兼サンプルを織っていました。

この糸たちはラオスで手紡ぎされ、染められた木綿糸です。

 

木綿のハンカチ

藍や泥染などの他、日本にはない天然染料で染められた木綿糸です。たて糸に使うため、糊付けしているのでハリハリしていますが、とてもきれいに紡がれた糸です。仕上がった布は使い続けるうちに、ふわふわに柔らかく変化していきます。

 

早速、織り始めました。

木綿布

端はかがり処理にしました。

普段使いの少し大きめの木綿の四角い布となりますが、味わいのある布を目指しました。

木綿のハンカチ

この試作の布が製品となり店頭に並ぶのはまだ少し先になると思いますが、

手紡ぎ、手織りならではのこの布にご期待ください。

 

 

 

 


春物準備

4月に入ってもう10日目、少しずつ綿や麻のストールの準備に掛かっていました。

先日、晴れて風の強い日だったので、思い切って糸を出して糊付けしました。

木綿糸の糊付け

これは、手紡ぎ木綿の藍と生成りと泥染めこげ茶です。ラオスで草木染めされた手紡ぎ糸です。

今回はこの糸もたて糸に使う予定。
 

最初は木綿のたて糸に絹のよこ糸を使ったストールを織ります。

春物のストール

木枠に巻いた糸はすべて草木染めです。

 

春物のストール

たて糸の構成はこんな感じに、。

こちらのご注文はかなり前からいただいたのですが、なかなか準備できませんでした。

 

絹と木綿のストール

一気に整経まで済ませました。

よこ糸には、絹の紬糸を使います。穏やかなイメージの春のストールを作りつもりです。

よこ糸の準備と平行して機掛けして、、、まだちょっと時間が掛かりそうですねぇ。。

 

桜も終わって、これから徐々に綿と麻の仕事に移ります。

 

 


絹とカシミヤのストール

今、1階の機では絹とカシミヤのドレッシーなストールを制作しています。

こちらもずいぶんと長いことお待たせしてしまっている、ご注文のストールです。

 

ヤマモモの鉄媒染で海松色(みるいろ)に染めた絹糸を荒筬通します。

シルクとカシミヤのストール

 

早速、巻き取りから本筬通しと一気に進めました。

絹の機かけ

 

久しぶりの絹糸は今までやっていたカシミヤとは違った感覚ですが、あーこうだったな、とすぐに感が戻ってきました。綾の無地なので、気持ちを整えて一気に仕上げるつもりです。

シルクとカシミヤのストール

単調な織りなのですが、とても神経を使う仕事です。

気持ちを整えながら、順調に織り進んでいます。

 

 


来冬のカシミヤマフラー

1階にある機では来シーズン向けのカシミヤマフラーを織っていました。

このたて糸には紡績糸の単糸を使い、手紡ぎヤクや手紡ぎカシミヤなどをよこ糸に使いました。

次のシーズンは糸力のある素材を使ったマフラーやストールも考えています。

 

手紡ぎカシミヤ

こちらは、たて糸にはカシミヤ単糸、よこ糸に手紡ぎカシミヤ単糸を。

 

手紡ぎカシミヤ

アクセントカラーのグレー以外は白の杉綾で織っています。

 

カシミヤマフラー

 

織り上がり、機から外したところです。右側はヤクの手紡ぎ糸をよこ糸に使っています。

次の冬のマフラーに新たな提案ができればと思います。

縮絨後の仕上がりがとても楽しみです。

 

 

 


制作記録〜3 オーバーショットの広幅ストール

先日、2枚目の仕上がりを紹介しました、オーバーショットのカシミヤストール。同じたて糸で最後の1枚をnodocaさんが織っています。次は1、2枚目とは同じ組織なのですが、踏み順を変え違う柄で織ります。

オーバーショットのストール

 

少し短めの長さで、使い易い長さになる予定です。

オーバーショットのストール

たて糸ギリギリまで織り続けました。

両端には茜の赤をラインで織り込んでいます。

縮絨前

縮絨待ちです。

試織から始めておおよそ1ヶ月、3枚のオーバーショットストールが完成しました。

 

明日から4月ですね、でもつばめ工房ではカシミヤの仕事がもう少し続きます。

 

追記

縮絨を済ませて仕上げました。

カシミヤオーバーショットストール

とても柔らかく、ふわふわに仕上がっています。

少し短めのカジュアルに使えるストールです。

サイズ 巾71cm 長さ(房含まず)156cm

カシミヤ100%

 

店頭にてお試しください。

sold out(ありがとうございました)
 

 


仕込み中

工房では、ちょうど季節の狭間で色んな糸仕事が重なっています。

まだお納めできていない冬の物や来シーズン用の試作、春夏の物の準備などです。

 

チベットへのストール

こちらはこれからお納めする、冬用のカシミヤストールですが外国の方への贈り物にということで、ご注文いただいています。遥か西の国に旅立つ予定です。

 

そして、こちらもご注文の冬用のストールの準備です。

絹糸の染めから始めます。ヤマモモを鉄媒染で染めています。

ヤマモモ染め

これからまだまだ染料が入っていきます。

 

絹のヤマモモ染め

一晩浸け置き、染め上がりました。予定の海松色(みるいろ)です。

この絹糸をたて糸に使い、よこ糸にはカシミヤを使うドレッシーなストールになる予定です。

 

 

nodocaさんの方はオーバーショットのカシミヤストールと並行して、やはり春向けの綿麻の糸でオーバーショットの生地も織ってもらっています。

オーバーショットの生地

これはまだほんの一部ですが、ショルダーバッグやくるみボタンのヘアゴムなどを作るための生地です。

織り生地を使った雑貨類も順次制作する予定ですので、ご期待ください!

 

 

 


制作記録〜2 オーバーショットの広幅ストール

先日、オーバーショットストール1枚目をご紹介しましたが、この2枚目は白のよこ糸を使っています。

こちらはご注文のストールで、大分織り進んできています。

オーバーショット

 

グレーのたて糸に大部分はこの白いよこ糸で柄を出したシンプルなデザインです。

オーバーショット

 

nodocaさんも2枚目なので織り慣れて快調に進んでいますが、織り間違いがとても見ずらい色合いなので、何度も何度も遠くから離れて確認しながらの織りとなりました。

 

縮絨前のストール

無事に織り上がり機から外しました。

縮絨までの間、張られたて糸がゆっくりと戻り落ち着くまで、しばらくこのまま休んでもらいます。

 

ストールをもう1枚織れる分のたて糸が機に掛かっています。さて、次はどんなストールにしようかな?

 


制作記録〜オーバーショットの広幅ストール

nodocaさんが担当しているカシミヤのオーバーショットストール、順調に織り進んでいます。

試し織りを2回行って、糸の選択や打ち込みが決まり、ようやく本番を織り始めます。

オーバーショットの場合は風合いだけでなく、織柄の見え方も大切な要素なので、より複雑になりますね。

オーバーショット

踏み間違いや糸飛びがないかを確認しながら織りとなります。

nodocaさんは慎重な性格なので、こまめにチェックしていますが、たまにヒェー!という声も聞こえます。

そんな時はそこまで戻ってやり直しです。

 

こちら1枚目は店頭分となります。ご注文の分はこの後に織ります。

nodocaさんオーバーショット

nodocaさんもこの広幅機にもすっかり慣れていて、まるで身体の一部のようです。

 

オーバーショットの広幅ストール

 

順調に織り進み、よこ糸が白からグレーに切り替わったところ。パターンもはっきりと出ていてます。

広幅でなかなかゴージャスで可愛いオーバーショットストールが出来上がりそうです。

カシミヤで手織りしたオーバーショットの広幅のストール、小幅は以前作りましたが大きいサイズは今回始めての制作です。出来上がりがとても楽しみです。

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
定休日 木曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM