絹と木綿のストール〜2(17SS-02)

こちらは、先日に仕上がった絹と木綿のストールの2枚目です。

ちょうど、機に掛かっているたて糸をご覧になっていただいたお客様から、新たにご注文をいただきました。

やはり、絹のよこ糸を使って織ることになりました。

 

今回は明るめの、ピンク、ベージュ、アイボリー、水色のよこ糸を使っています。

綿とシルクのストール

綿とシルクのストール

シック&エレガントなストールになったと思います。

 

サイズ 巾52.5cm 長さ(房含まず)196cm

たて糸/木綿・よこ糸/絹

 

 


カシミヤストール〜1(16-17AW-23)

夏に向うこの時期なのですが、今期冬物の最後のストール仕上がりました。

先日、織りの途中を紹介しました、遥かチベットに旅立つカシミヤストールです。

 

室内で過ごす事の多くなった高齢のご婦人が使われる、というご依頼で作りました。

部屋の灯がともった様に、パッと明るくなるよう、一見派手とも思える色合いを提案しました。

膝掛けや、肩から羽織る用途を考えて長さも少しだけ短めにしています。

 

チベットのカシミヤストール

チベットのカシミヤストール

 

綾織りの組織で織っているので、生地に厚みが出てとても温かいです。また、カシミヤなので軽く仕上がっていて、ストレスなくお使いいただけると思います。

チベットのカシミヤストール

 

サイズ 巾66cm 長さ(房含まず)188cm

カシミヤ100%

たて糸とよこ糸の交じり合いによって現われる色の変化が強調され、カラフルだけど意外に落ち着いた色味に仕上がっています。

 

今回は贈り物なので、ご本人との相談もできませんでした。

気に入っていただけると本当に良いのですが。

 

 


オーバーショットのショルダーバッグ

nodocaさんが織っていたオーバーショットの生地が織り上がり、いつも縫製をお願いしている職人さんの所から仕上がったバッグが届きました。

今回もすべてオリジナル一点ものになり、配色違いがあります。

 

オーバーショットバッグ

こちらはローズと黒のコンビネーションがシックです。

 

オーバーショットバッグ

白と薄いブルーのツートンです。

清楚で爽やかなバッグに仕上がっています。

 

オーバーショットバッグ

 

ハンドルはヌメ革で、肩から掛けて使える長さです。

内側には大きめのポケットが一つ付いてい、A4サイズの入る、軽くて使いやすいバッグです

サイズ 巾38cm 高さ 35cm マチ4cm

表地/手織りの綿麻・裏地/リネン

 

ギリギリだけど、母の日のプレゼントにいかがでしょう?

 

 


作品展のお知らせ

5月のこの時期には各地で作品展が開かれますね。

つばめ工房も5月26日(金)〜28日(日)はモノマチという地域イベントに参加します。

ですので、この時期に開催される作品展やイベントには、もう何年も行けていないんです。

今日は二つの展示のお知らせです。

 

 

国立にある手織り教室の工房展のお知らせです。
工房主催者の飯田みちるさんには何かとお世話になっています。

今回、織り生地を使った小さな袋物を皆さんで作られたようです。

ストールや敷物などの手織物作品とともに楽しみです。

 

第5回 織工房 Mai展 ー彩りとりどり
工房maiDM
それぞれが好きな色で糸を染め、デザインして織りました。

マフラーや敷物などを展示と販売いたします。

 

手のひら乗る袋物をみんなで作ってみました。
 

 

2017年 5月25日(木)〜 5月30日(火)
11:00 〜 19:00(最終日17:00まで)
東京都国立市東1-15-20
TEL 042-573-6663
ギャラリー ゆりの木 HP

 

************************************

 

染織に携わっている先輩方が何人か参加されている、「日本の夏じたく」もこの時期に開催されます。

三溪園という素晴らしいロケーションのもとに、染織だけでなく、金属、木、漆、ガラス工芸などの手しごとの品々の展示と販売をします。

織りの友人、山下枝梨子さんも参加されていて、お知らせが届きました。

今年は立派な作家紹介の冊子付きの案内状です。

 

日本の夏じたく
日本の夏じたく

会場:三溪園/鶴翔閣・横笛庵・白雲邸
会期:2017年5月26日(金)〜28日(日)
※26日(金)は招待日です

※三溪園入園料金がかかります。

 

催事の詳細は、ホームページよりご確認ください。

また、つばめ工房の店頭にも案内状と冊子がございますので、ご自由にお持ちください。

 

 

 

 


絹とカシミヤのストール〜2 (16-17AW-22)

先日ご紹介しました、絹とカシミヤのストールの2枚目が仕上がりました。

房撚りする時間が作れずに手間取っていましたが、やっと縮絨することができました。

一見地味なストールのように見えますが、一色の無地とは違ったテクスチュアーのある微妙な色合いによって、控えめな華やかさのあるストールに仕上がっていると思います。

絹とカシミヤのストール

絹とカシミヤのストール

 

前回のストールとの違いは、よこ糸に使っているカシミヤ糸が今回はネイビーということです。前回は黒を使いました。

なかなか写真での表現は難しいですが、全体の色調とハイライトになった所にネイビーの青っぽさが感じられるのではないでしょうか?

絹とカシミヤのストール

やはりドレープの美しさが強調される、ドレッシーなストールに仕上がりました。

この絹とカシミヤの糸使いでカラーバリエーションもいろいろ作れそうです。

洋服はもちろん、和装に合わせるのも美しいのではないでしょうか。

 

サイズ 巾66cm 長さ(房含まず)196cm

たて糸/絹・よこ糸/カシミヤ

 

 


臨時休業のお知らせ

つばめ工房は、明日5月9日(火)のみ所用のため、臨時のお休みとさせていただきます。

 

急なお知らせで、申し訳ございませんが、なにとぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 


カシミヤストール、まだ織っています

工房の2階の広幅機ではカシミヤの広幅ストールを織っています。

そう、今頃なんですが、このストール2枚分のたて糸でようやく冬物が終了します。
 

ベッティさん

 

これは遠くチベットのご婦人の元に旅立つカシミヤストールです。

チベットで既婚女性のつけるパンデンというカラフルな前掛けをイメージしたデザインです。

ベッティさん

 

あと数センチで終了です。

冬はもちろん寒いのですが、高地なので夏でも乾燥していて、朝晩は冷え込むチベットで使われるので、

綾織りで厚みを持たせた温かいストールにしています。

この連休中に縮絨を済ませて仕上げる予定です。

そしてもう1枚カシミヤストールを織り、9月に来冬物を再開するまでは綿や麻の世界に突入します。

 

今日6日の土曜日は月イチ蔵前の日。

つばめ工房では、ラオスの布を用意して、皆様のお越しをお待ちしています。

 

 


カナダからの来客

つばめ工房はinstagramを利用していて、海外の方にもストールの紹介や制作過程をご覧になっていただいています。英語が不得意でも、写真が言葉をカバーしてくれるところがinstagramの良い所ですね。

instagram上で織りの世界でのお友達もできました。

先日、そんなお友達の一人のamandaさんがカナダから訪ねて来てくださいました。

アマンダさん

一番左の方がamandaさん。若い背の高い方でした。

amandaさんのinstagramは光と影がとても美しい写真で、自分で織られた作品やいろんなシーンで埋め尽くされています。

そして、リアルamandaさんはとても爽やかな知的でチャーミングな方でした。

 

アマンダさん

山形からわざわざ来てくださった、やはり織りの郁美さんもamandaさんとinstagramメイトです。

男性が郁美さんのパートナーの金子さん。ネイティブな英語を話すの金子さんの同時通訳のおかげで、会話に花が咲きました。

 

機織の世界で世界中に友達ができるなんて、信じられない時代になったものです。

instagramがきっかけとなっているとはいえ、やはりパソコンやスマホ上でなく、

実際に人と向き合えることの楽しさや感動を感じた一日でした。

amandaさん、訪ねてくださって、本当にありがとうございました!

いつかamandaさんの住むトロントに行ってみたいです。

 

 

 


お休みのお知らせ

間近なお知らせで申し訳ございません。

4日(木)は定休日でお休みさせていただきますが、5日(金)も続けて連休とさせていただきます。

明日3日(水)は営業いたします。また6日(土)からは通常営業いたします。

 

 


リネンのオーバーショットストール

工房ではnodocaさんが新しいストールに取り掛かっています。

ポーバーショットの組織図

リネンの細い単糸を使い、部分的にオーバーショットを入れた繊細なストールを計画中です。

 

nodocaさんオーバーショット

機の上に貼った自分で書いた組織図とにらめっこしながら、綜絖を通しています。

さっそく織り始めて、一枚の試織を仕上げました。

 リネンのオーバーショット

この試織を参考にしながら、柄のパターンと配色を決めてデザインします。

細番手のリネン単糸なので、とても手間のかかる素材ですが、

仕上がりがとても楽しみなストールになりそうです。

 

そんなnodocaさんは5月4日(木)〜5月6日(土)の作品展で大忙しです。

工房では織りの仕事をしながら、家に帰ってからは作品展用の刺繍アクセサリーをチクチクしています。

作品展の詳細はコチラよりご覧ください。

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
定休日 木曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM