暖簾的な布を

早いもので、今年ももうすぐ秋のお彼岸になります。

つばめ工房は南向きなので、秋のお彼岸の頃から陽射しが店頭に入ってきます。

ずっと日除けの布が欲しいなと思っていました。織りの工房なので手織りで作ろうと思っいるうちに、かれこれ10年の歳月が経ってしまいました。

今年のコロナ禍で時間ができて、これは今しないなと思って織り始めることにしました。

 

ヘンプ糸

日中はいつも表に吊るしておくので、小綺麗な布ではなく丈夫で経年変化で楽しめるような布にしたくて、野趣のあるヘンプ糸を使うことにしました。

なるべく大きな布にしたかったのですが、糸の量に限りもあるのでできる範囲で大きい布を作ろうと思います。

 

ヘンプ糸

ちょうど帯を織っていた機が空いたので、さっそく機掛けしました。

そして 、綜絖通しと進めました。

ヘンプ糸

今は茶褐色の糸ですが、織り上がった布を表に吊るしておくと陽に晒されて徐々に薄茶に変化して行くと思います。

どんな布ができるか?店頭に吊るしたらどんな風に見えるか?作ってみないと判りませんね。

でも吊るして置けば、きっと次第に馴染んでくると期待しています。

 

 

 

 


悩みどころ

今回の半幅帯のよこ糸には絹のきびそを使っています。

きびそ糸はカイコが一番最初に吐き出す糸を集めた物で、固くて不揃いな繊維がまとわり付いていて、手織りでしか扱えることのできない糸です。その風合いに存在感があり好まれていると思うのですが、色や質感などのばらつきがどうしても多くなります。

 

帯よこ糸

あまりぼさぼさが多過ぎた部位が多いと、和装の帯として使った時に違和感が生まれて、全体の雰囲気を損ないかねないし、また大人しくきれい過ぎる糸だとつまらいし。などと感覚的な部分なのですが、そのあたりの加減が悩みどころです。

帯よこ糸

 

在庫の中から糸を選びながら使いますが、それも限りがあります。

織っていてもそのあたりの加減がとても難しいですが、それが面白いところで織っていて楽しいです。

こういう糸を使うと、一つとして同じ物ができないところが、制作上の醍醐味なんじゃないかなと思います。

この半幅帯、もう一息で織り上がります。

 

 

 


次の帯を始めています

先日ご紹介した絹の半幅帯と同じ糸使いで、たて糸の配色を変えてライトベージュと水色の半幅帯を織り始めました。よこ糸には独特の素材感のある未精練のキビソを使っています。

 

半幅帯

今回はシンプルに杉綾とその変形で織っています。落ち着いた雰囲気でお着物に合わせやすい半幅になればと思っています。

 

半幅帯

 

私も和服好きで着物や帯のデザインにも関わっていたので、つばめ工房での帯作りは自分でもこんな帯を卷いてみたいな、という物を作れればと思っています。なかなか難しいのですが、同時に楽しい時間も過ごしています。

 

 

 

 


絹の半幅帯が仕上りました

8月もあと1日で終わり、お盆の頃からでしょうか?試織を始めて、本番を織っていた半幅の帯、先日機上げしてようやく仕上げました。久しぶりに織った半幅帯です。

 

半幅帯

 

 

予定していた通り、藍の着物にも合いそうな雰囲気になったと思います。

たて、よこに2種類の絹で使い分け、草木で染めた糸を使っています。

半幅帯

強い個性のない落ち着いた色合いの糸で配色し組織織りにしました。

一見おとなしい帯にも見えますが、そこはやっぱり織りの帯です。卷いてみると存在感が現れてきます。

 

半幅帯

 

織物好き、お着物好きの方にコーディネートを楽しんでいただきながら、着こなしてくださったらとても嬉しいです。

詳細はお気軽にお問い合わせください。

 

サイズ 巾16cm 長さ410cm

素材 たて/よこ 絹

染料 藍生葉・コブナ草・栗のいが

*一点のみです。

 

 

 

 

 

 

 


次の帯

先日、半幅帯を機上げしたので、早速次の帯に取り掛かりました。

今回も半幅を織ります。

半幅帯

 

絹をライトベージュと藍の生葉で濃いめに染めた水色のたて糸です。

清涼感のある色合いです。

半幅帯

 

今回は杉綾で綜絖を通しました。清々しいすっきりとした帯になればと思っています。

半幅帯

 

この日は整経からここまで一気に作業しました。今日は少し遅くなったので織り付けは次回にします。

 

 


半幅帯、機上げしました

半幅帯の試織が終わって本番を織っていました。ご注文の品ではないのでそんなに急ぐ必要もないのですが、早く次の帯に取り掛かりたかったので、一気に織り上げました。

半幅帯

 

こちらは機上げ中の写真。

半幅帯

 

仕上げが終わったら、また改めて紹介しますね。

 

 


半幅帯織り進んでいます

織り始めた半幅の帯、進んでいます。

ストール類とは打ち込みがまったく違うけど、やはり幅がないので進みは早いですね。

 

半幅帯

たて、よこには種類の違う特徴のある絹糸を使っています。

たて糸は藍の茎で染めたグレー、よこは藍生葉、コブナ草、栗のいがなどで染めました。

 

半幅帯

 

思っていたよりも早く織り上がりそうなので、また違う帯を一本分整経しようかな?と計画しています。

 

 

 


半幅帯を始めます

試織が済んでしばらく眺めていましたが、これで行こういう方向が決まりました。

自分でも締めてみたくなるような帯を目指しています。可愛い半幅ができるうような予感がします。

半幅帯

 

さっそく整経して荒筬を通しました。

半幅帯

今回は帯一本分の整経なのですぐに終わりました。

早く織りたくてワクワクしてしまいます。

 

 

 

 


織り始めました

帯のための試織をやっています。

帯に合いそうな色々な糸や組織を試しています。

 

帯試作

 

こんな黄色も使おうかな?コブナ草で染めました。

帯試作

 

色々と試しながら、方向を固めて行きます。

 

それにしても今年の8月は、去年にも増して暑い日が続いていますよね。

おまけにつばめ工房のお隣が家の建て直しをしていて、只今更地状態になっているので工房の西側の壁面がむき出しになっているんです。午後は西日がずっとそのむき出しの薄い壁に当たっていて、部屋の中はエアコンも効きにくいほど温度が上がってしまいます。

お盆は過ぎましたが、今年は汗だくになりながらの織り作業がまだしばらく続きそうです。

 

 

 


試作が続きます

手紡ぎリネンの試作に続いて、次はずっと先送りしていた帯の試作に手を付けました。

藍の茎で染めた絹をたて糸に使います。

糸がギリギリだったので、導き糸に経継ぎして目一杯織れるようにセットしました。

帯試作

 

今回は組織織りにする予定です。

帯試作

 

少し赤みのあるグレーに染まった絹ですが、どんな仕上がりを見せてくれるでしょうか?

帯試作

 

試織、試作が続く今年の暑い夏です。

今年はお盆休みもなく、今週末の金、土、日は営業します。

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
営業日:金・土・日曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM