モノマチ終了しました

5月24日〜26日に開催された地域のイベント「モノマチ」が無事に終了いたしました。

お天気に恵まれましが、真夏のような3日間でした。暑い中たくさんの皆様にご来店いただきまして、誠にありがとうございました。

 

モノマチ

モノマチ

モノマチ

つばめ工房では通常の織物や雑貨の他にも、モノマチで限定で新作の袋物や手芸資材なども準備しました。

 

今年も真鍮アクセサリー作家のniwaさん(左)にも2日間協力してもらい夏向きのアクセサリーを販売しました。

モノマチ

モノマチ

 

刺繍アクセサリー作家のnodocaさんもモノマチ用の色とりどりの新作ピアスを販売しました。

モノマチ

モノマチ

nodocaの藍で染めた糸を使った定番の刺繍イヤーアクセサリーは常に店頭にありますので、ご覧になってください。

 

今年のワークショップは、つばめ工房の手織りストールなどに使った糸を使ってタッセルを作っていただくという内容でした。

モノマチワークショップ

こちらもほぼ満席となって、皆様にご満足いただけたと思います。

早速、持っていたバッグなどに飾っていただいたり、大切にしまってお持ち帰られました。

来年もさらにバージョンアップしたタッセル作りを企画しようかと思いました。

 

記録的な暑さとなった3日間でしたが、大きな事故もなかったようで良かったです。これも11回目を迎えたモノマチスタッフの経験ときめ細やかなケアーのおかげだと思います。ありがとうございました。

モノマチ

 

さて、次は6月8日(土)、9日(日)の鳥越のお祭りです!

 

 


モノマチ限定販売

いよいよモノマチが明日24日から始まります。

つばめ工房では当ブログで紹介してきましたが、オリジナルの手織り生地で作った手提げバッグなどの布小物の新作やデッドストック生地で作ったあずま袋タイプのエコバッグ、手刺繍や真鍮アクセサリー作家の新作などが予定通り揃いました。

 

そして、今回最後にお知らせするのは、布好きの方、手芸好きな方に喜んでいただけるような材料や資材も集めました。

モノマチ端切れ

こちらはアフリカンプリントの生地やヘンプの手織り生地などです。

袋などの布小物や子供服などを作るのにいかがでしょうか?

1枚500円(税込)から。

 

モノマチボタン

つばめ工房の織生地などで作ったくるみボタン3個300円(税込)、デッドストックの貝ボタン10個200円(税込)とお買い得です。

 

モノマチ口金

こちらもデッドストックのがま口の口金です。

口金(幅15cm)1個200円(税込)とこちらも格安での販売です。

 

お買い得な品々をご用意しています。数に制限がありますのでお早めに。

また、一部サンプル品などのセールもございますので、是非ご覧ください。

明日からの3日間、お天気も良さそうなので熱中症対策にお気を付けて、足をお運びください!

 

 


新作の袋物ー3 @モノマチ

モノマチもいよいよ明後日の24日〜26日で始まります。天気にも恵まれそうなので皆様のお越しをお待ちしています。

お披露目する3番目の袋物の紹介です。今度は生地をがらっと変えて、手織りオーバーショット生地でクラッチバックです。バックサイズに合わせた布をデザインして織り上げました。綺麗に柄が構成されているので、おしゃれ度高いですね。

 

オーバーショットクラッチ

裏地にもこだわってこちらはリネンのチェックです。

下のクラッチは更紗調の花柄です。

オーバーショットクラッチ

シックな色で大人っぽいクラッチになっています。飾りのタッセルも抑えめな色合いにしました。

写真はiPad miniなのですが、ちょうど11インチのiPad Proが入る大きさです。

 

クラッチバックにも、バックインバックにしても良いですね。

サイズ・幅31cm 高さ21cm

素材・リネン/木綿

 


新作の袋物ー2 @モノマチ

2番目に紹介するのはランチバッグです。

お弁当だけでなく、手提げバッグとして持ち歩ける可愛い形になっていると思います。

 

ランチバッグ

こちらも柄違いの2点ができました。

ランチバッグ

サイズ・幅14cm 高さ14cm、まち14cm

持ち手の高さ 7cm

素材 綿・麻・牛革

 

次はポーチと小さいがま口です。

下の写真にはありませんが、ポーチは形とサイズ違いで3点できています。

ポーチとがま口

アクセントに刺繍でつぶつぶを加えたり、ファスナーの取っ手に革ひもを取り付けました。

がま口は可愛い膨らみを付けたパターンです。草木染めの糸をたかったタッセルも取り付けています。

 

写真のポーチ

サイズ・幅20cm 高さ10cm、まち3cm

素材・リネン/木綿/牛革

がま口

サイズ・幅9cm(広いところ) 高さ7cm

素材・リネン/木綿

 


新作の袋物ー1 @モノマチ

小さめの手提げバッグの紹介です。

持ち手は腕まで通せて手軽に持てるバッグです。

今回は配色がわずかに違う2つができました。

手提げバッグ

 

バッグの口前は織耳を生かして、揺らぎのある遊びっぽさを表現しました。

革紐をボタンにクルクルっと卷いて留める仕様です。

B5サイズが入り、ちょっとお使いに行くときにちょうど良い大きさではないでしょうか。

手提げバッグ

手提げバッグDSC07331.jpg

サイズ・幅20cm 高さ26cm、まち3cm(11インチのiPad Proが入る大きさです)

ハンドル高さ 8cm

素材・リネン/木綿

手織りならでは風合いとオリジナリティのある生地を使い、細部にこだわりを盛り込んで自分でも使いたくなるようなバッグを意識して作りました。

 

 


新作の袋物@モノマチ

来週末の5月24日(金)から始まる『モノマチ』に間に合うように制作していた袋物、徐々に揃い始めています。生地を織っているところはこちらで先日紹介しましたが、スタッフのmamiちゃんと織り作業と平行して小さな可愛らしい手提げバッグや小物入れを作っていました。

 

袋物オンパレ

 

上から、ランチボックス、手提げバッグ、大小のポーチ、そしてがま口などです。

一点一点タッセルを付けたり、ファスナーのスライダーに革ひもやビーズを取り付けたり、こだわりの布小物を作りました。

これからアイテム別にも紹介して行きますのでお楽しみに!

 

今年の地域イベント『モノマチ』は2019年5月24日(金)、25(土)、26(日)に開催です。

http://11th.monomachi.com/

 


新作アクセサリーの紹介 @モノマチ

モノマチもいよいよ来週末に迫ってきました。新作アクセサリーも徐々に仕上がってきています。

一部をチラッと紹介します。

 

こちらはnodocaの手刺繍イヤーアクセサリーです。

新作はカラフルな色使いとなりました。

nodocaのイヤーアクセサリー

こちらはご覧の通り、左右がセットになっていません。色あそびのようにお好きなセットで選んでいただくという楽しいイヤーアクセサリーです。

この他にも人気の定番、藍染め糸で刺繍したイヤーアクセサリーのご用意もあります。

 

 

こちらはniwaの真鍮アクセサリーです。

NIWAアクセ

夏に映える海辺の貝殻をテーマに作ったピンブローチです。

さりげないナチュラルテイストの夏のおしゃれアイテムとなってくれるでしょう。

ピアスやバングルなどのカジュアルなアクセサリーもたくさんご用意しています。

 

ただ今、モノマチに間に合うように手織り生地を使った小物制作も進めています。

当ブログで紹介して行きますので、お楽しみに。

モノマチHPも公開していますのでチェックしてください!

 

 

 


夏のリネンストール〜2(19SS-04)

先日紹介しましたリネンストール、2枚目が織り上がりました。こちらは杉綾で織ってみました。

もう一枚分のタテ糸がかかているのですが、早く仕上がりを見たかったので機から外しました。

リネンストール

リネン細番手のこの色での綾織りは柄がとても見にくくて、予想以上に時間がかかってしまいました。

リネンなどの麻系の織物は織り終わって、機から降ろしたての時がとてもきれいなんです。

 

早速、房処理をして洗いをかけて仕上げを済ませました。

DSC07429.jpgDSC07457.jpg

晒しの白、生成りのナチュラル感に藍の濃淡とグリーンの清涼感が加わり、涼しげなストールになりました。


DSC07468.jpg

杉綾にしてフワッとしたソフトなボリューム感が現れて、平織りとはまた違った表情が現れました。夏のリネンストールとしてお勧めしたい1枚が完成しました。

こちらは店頭でご覧いただけますので、是非お試しになってください。

 

サイズ 巾42cm 長さ(房含まず)180cm

素材 イタリヤリネン

染料 本藍・藍生葉

 

 


モノマチのワークショップ

今年で11回目を迎える地域イベント「モノマチ」に参加します。

 

モノマチロゴ

 

つばめ工房も1回目から参加していますが、年々人出も多くなりモノづくりの町の年一回の大きなイベントとなっています。

今年も手織り工房ならではの様々な素材を使ったオリジナルデザインのストールや手織り布を使った雑貨の販売、布や糸にまつわるお買い得な品々などを準備しています。

また、刺繍アクセサリー作家nodocaの新作ピアスや彫金アクセサリー作家niwaの真鍮アクセサリーの販売などと、初夏に向けてのアクセサリーも用意していますので、順次ご紹介して行きます。

 

恒例のつばめ工房のワークショップ、今年はつばめ工房で織物に使ったカシミヤなど色々な素材の残糸を利用してのタッセル作りです!

ワークショップの詳細は以下の記事をご確認の上、皆様の参加をお待ちしています。

 

One Coin Workshop『織糸でタッセルを作ろう!』

モノマチワークショップ

 

織りの行程ではなるべく糸の無駄の出ないように作業を進めますが、機に結ぶタテ糸の端っこの織れない部分がどうしても残ってしまいます。そんな糸はカシミヤだったり麻や木綿など様々です。草木で染めた糸や手紡ぎの糸も混ざっています。すべてつばめ工房で使った糸たちです。

タッセルワークショップ

このような糸を自由に使っていただいてタッセルを作ります。

糸を束ねる紐を撚るところから始めていただき、糸をまとめていきます。

ビーズなども少し用意しておきますのでお使いください。

モノマチワークショップ

 

このようなオリジナリティーのある、あなただけのタッセルができ上がります。

モノマチワークショップ

使用目的に応じて紐の長さを決めて作るのがお薦めです。

仕上がったタッセルはバッグやカゴに飾ったり、キーホルダーにしたりお好きな使い方でどうぞ!

 


日時:5月25日(土)・26(日)両日共 11:00〜16:00(最終受付)
(1) 11:00〜11:45
(2) 13:00〜13:45
(3) 14:00〜14:45
(4) 15:00〜15:45
(5) 16:00〜16:45
各回定員5名さま
ご予約不要、開始時間前に受付けいたします。(参加人数の都合でお待ちいただく場合もあります)
参加費用:500円(税・材料費含む)
講師: 八重畑佐和子
*ワークショップは工房2階の板の間で靴をお脱ぎいただいての作業となります。

 


織工房Maiの工房展

ブログで毎年お知らせしている、飯田みちるさんの主催する織工房工房Maiの工房展が今年も開かれる時期となりました。

決まったカリキュラムはなく、自分の好きな布をみちるさんからのサポートを受けながら、自由に織れる工房で人気があります。そんな工房の皆さんが織った楽しい布を見ることができます。
会場は国立駅からすぐのギャラリー悠さんです。一件おいた隣は国立でも老舗の喫茶店、ロージナ茶房があります。今では珍しいアートの香りのする昭和レトロな雰囲気を楽しめますよ。

 

第6回織り工房Mai展 -暮らしの中の織り-

工房mai展DM

草木で染めた色

好きなデザイン

それぞれが自分の暮らしの中で

使いたいものを考え織っています

ストール・マフラー・バッグ・小物などの展示販売あり

 

今年の共通テーマは『スクエア』

個性的な15cm角の作品が並びます

 

2019年5月23日(木)〜28日(火)

11:00〜18:00(最終日は17:00まで)

 

ギャラリー 悠

〒186-0004

東京都国立市中1-9-38

ブランコ通り

042-575-2051(会期中のみ)

 

連絡先 michiru@mtg.biglobe.ne.jp(飯田)

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
定休日:月曜日・火曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM