シーズン最後のオーバーショットストール

工房ではnodocaさんが今シーズンの最後のオーバーショットのカシミヤストールを広幅で織っています。

こちらはオーダーの品で、1月中に完成予定なので大忙しです。

 

オーバーショットストール

 

快調に進んで、あと数段で織り終わります。

オーバーショットストール

 

そして、nodocaさんは1月いっぱいでつばめ工房から巣立って、関西に行くことになりました。

このオーバーショットの仕事が工房での最後の織りとなります。

今後もお手伝いをしてもらう予定ですが、5年近く工房の仕事に携わってもらい一緒に過ごしたので、感無量です。

織り仕事を生活の基盤にするのは、とても厳しいのが現実ですが、ライフワークとして織りを続けて、今まで積み重ねてきた経験を生かして欲しいです。

 

オーバーショットストール

2枚目はエメラルドグリーンで、四角いスカーフを織ります。

 


朝日新聞ファッション面に、

先週なのですが、1月17日(木)の朝日新聞夕刊のファッション面、「店で」というコーナーにつばめ工房のストールをチラッと紹介していただきました。

これから春に向って使いやすい、明るい色合いのカシミヤ単糸の薄手のストールです。

 

朝日新聞掲載記事

 

web版にも掲載されているようなので、よかったらご覧になってください!

 

 


2枚のヤクストール

前のポストで紹介しましたヤクのストールが仕上がりました。

タテ糸にヤクのモカ色、ヨコ糸にはブラウンの共に手紡ぎ糸を使いシンプルに杉綾で織りました。

モカとブラウンがミックスした素材の持つシックな色合いは大人の女性に似合いそうです。もちろん男性にもいけます。

 

手紡ぎヤクのストール

手紡ぎヤクのストール

つばめ工房で仕入れしたヤクの原毛を紡ぎ手にお願いして糸にしているので、ヤク内毛100%を使った間違いのない品質です。この手紡ぎした糸で織り上げた風合いは、カシミヤとはまた違うしっとりとした柔らかさがあり、その温かさに癒されことと思います。

今回は糸番手の選定、打ち込みの加減なども僅かに変更した結果、予測を超えた自信の仕上がりとなりました。

 

サイズ 巾72cm 長さ(房含まず)210cm

無染色ヤク100% (18-19AW-021)

sold out(ありがとうございました)

 

 

 

もう1枚はカシミヤとヤクのモカを使ったグレイッシュなストールです。

タテ糸にカシミヤの紡績糸のホワイト、ヨコ糸には手紡ぎヤクのモカを使っています。

タテヨコにヤクを使ったストールとは風合いもまた違い、その色合いとともに柔らかな仕上がりになっています。

 

カシミヤと手紡ぎヤクのストール

カシミヤと手紡ぎヤクのストール

ストライプと裾に僅かに入れたヤクのブラウンのラインがアクセントになっています。

こちらのヤクとカシミヤの交織も素材双方の良さを取り入れた贅沢なストールです。

 

サイズ 巾70cm 長さ(房含まず)200cm

タテ糸/無染色カシミヤ100%・ヨコ糸/無染色ヤク100% (18-19AW-019)

 


ヤクのストールが続いています

今シーズンのストールの納品もそろそろ目処が立ってきたので、新作の制作も始めています。

最近は手紡ぎのカシミヤやヤクの糸に魅力を感じていているので、今回もヤクの手紡ぎ糸を使った広幅ストールを織り始めています。

こちらはタテ・ヨコ共にヤクの手紡ぎ糸を使いました。
 

手紡ぎヤクのストール

タテ糸はヤクの無染色のモカ色で、あと30cmほど織り終わります。

導き糸を使いギリギリまで織るのですが、とても切れやすいので慎重に作業します。それでも良く切れていますが、、

 

手紡ぎヤクのストール

今回、ヨコ糸にはスピンドルで太めに紡いでもらった、やはり無染色のブラウンのヤクを入れています。

 

手紡ぎヤクのストール

特にデザインのないプレーンな杉綾のストールにしました。

そして、ヤクのしっとりした独特な風合いや温かさが最大限に現われると思っています。

 

手紡ぎヤクのストール

端にだけブルーに染めたカシミヤの手紡ぎ糸を数段だけ入れアクセントにしています。

素材の持っている個性が人の手作業によって引き出され、1枚の布になる訳ですが、手紡ぎ糸を使った織り作業は、その個性の片鱗が表情となって見え隠れして来てとても楽しいものです。

結果は仕上げの縮絨後に現れます。

 

 


ホームスパンのストール

つばめ工房でカシミヤやヤク製品の糸紡ぎをお願いしている、手紡ぎ作家の八重畑佐和子さん

彼女がご自身で紡いで織ったストールが入荷しています。

羊の原毛をを洗うところから始めて、染色と糸紡ぎを経て、手織りという工程で丁寧に丁寧に作られたストールたちです。

 

八重畑さんのストール

手前のストールは、シェトランドとチェビオット+藍生葉で染めた手紡ぎの糸で織ったストールです。

品の良いシェトランドのブラウンに空色の糸がランダムに散りばめられていて、森の中に雪が舞っているよう見えます。むっちりとした風合いの温かい冬のストールです。

 

八重畑さんのストール

 

現在、4枚の無染色や草木染めのナチュラル系の大判ストールが入荷しています。

羊は同じ種類でもその個体によって毛質が違います。

羊の種類もカラー、風合いもことなる無二のストールたちです。

是非ご覧ください。

 

 

 

 

 


定休日変更のお知らせ

つばめ工房では、2019年2月より定休日を変更させていただくことになりました。

変更は下記の通りになります。

【旧定休日】木曜日

【新定休日】月曜日・火曜日

 

2月4日(月)・5日(火)の定休から始まります。


何かと不便をおかけすることと存じますが、何卒ご理解の上、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

定休日変更

 

 

 

 


ネイビーとブラウンの広幅ヘリンボーンストール(18-19AW-017)

ネイビーとブルーのカシミヤのタテ糸に、手紡ぎヤクのヨコ糸を使った広幅ストールの縮絨が終わって仕上がりました。ダークな色合いなので写真では見にくいかもしれませんが、ネイビーとブルーの中にヤクのブラウンとモカ色が絡み合って複雑な色相を作り出しています。

 

ネイビーとヤクのストール

大きめのブロックチェックのデザインにしました。裾にアクセントで赤いラインを入れています。

 

ネイビーとヤクのストール

杉綾で織っていますが、最近マイブームで綾の方向を変えて織った所もあり、ちょっとした変化を付けています。

ネイビーとヤクのストール

カシミヤだけの織りとはまた違った、ヤクの内毛だけを使った手紡ぎ糸のしっとりした質感も加わって、この交織ならではの温かさと柔らかさに特徴があります。これだけは写真で表現できません。是非一度お試しいただきたいと思います。

男性、女性共にお使いいただけると思います。

サイズ 巾70cm 長さ(房含まず)200cm

タテ糸/カシミヤ100%・ヨコ糸/ヤク100% 

sold out(ありがとうございました!)

 

ご注文で制作いたします。詳細はお問い合わせください。

 

 


藤田美帆さんのかぎ針編みアクセサリー受注会

つばめ工房でもイヤーアクセサリーなどを取り扱っている藤田美帆さんの販売と受注会が開催されます。

自然界にある植物や鉱物を題材にした藤田さんのアクセサリーには、彼女の観察眼の鋭さやその眼差しまで感じられます。そこに表現された形にはアクセサリーという枠には収まらない、オブジェとしての美しさも。

普段なかなか手に入らない藤田さんのアクセサリー、ご希望の作品を持ち帰れるかも。

会場は南青山にあるセレクトギャラリー・イトノサキです。

 

 

FUJITAMIHO

生成りと草木染めのかぎ針編みアクセサリー展・販売受注会

藤田美帆DM

 

2019年1月18日(金)〜20日(日)

11:00〜19:00

 

イトノサキ

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-5 KFビル2階

tel.03-6721-1358

http://itonosaki.tokyo/

 

 


カフェオレ色のストール(18-19AW-020)

ご注文をいただいて織っていたカシミヤストールが仕上がりました。

ご姉妹で使いたいということで、ご相談しながらご希望のアクセントカラーを使って織りました。

 

モカ色のストール

左側はピンク、右には空色を配置しています。

ピンクはコチニール、空色は藍生葉で染めた柔らかい色合いです。

ダッフィー&フレンズの色合いにも似た、愛らしいストールになりました。

モカ色のストール

 

今回は綾織で織っていますが、綾の方向を変えて変化もつけました。

長い間お待ちいただき、ありがとうございました。

 

サイズ 巾40cm 長さ(房含まず)188cm

カシミヤ100%

 


ネイビーのタテ糸で、

お正月気分もそろそろ終了。今年のお正月休みは長かったので、昨日は思い切って工房に行き、暮れに少しやり残していたことや、すぐに作業に取り掛かれるように準備をしたりして来ました。おかげで気持が大分仕事モードに切り替わってきました。

年末にネイビーのストールの納品が一通り終わったので、最後の1枚にはヨコ糸に手紡ぎのヤクを使ってみることにしました。こちらはカシミヤの双糸とヤクの交織です。

 

カシミヤとヤク

タテ糸はネイビーとブルーの2トーンにして、ヤクのブラウンとモカをヨコに入れて変化を出しました。

 

カシミヤとヤク

 

ネイビーとブルーにヤクのブラウンが混ざり合い、均一ではない手紡ぎ糸ならではのテクスチャーが深い色相を作っています。ある程度予想はしていたのですが、思いのほかその効果が現れそうです。

織物は織ってみないと判らないんですよね。

こちらも縮絨後の変化が楽しみなストールになりそうです。

 

つばめ工房は本日7日より通常営業開始いたします。

よろしくお願いいたします。

 

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
定休日:月曜日・火曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM