染めと蝋梅

春物制作の為の糸染めを始めました。
今月は、染め,染め,染めです。

気に糸

松本クラフトフェアで買った科皮で染めました。
とても優しい色が染まりました。

ろうばい

工房に、蝋梅の枝を活けました。

もう、春は近いのね。

あとひと頑張りです。




真面目な器たち


「私は使い倒す実用品を作りたいと思い、焼き抜くよう心掛けています」とおっしゃる、小林 健さんの日常使いの器たちです。

小林さんは、茨城県常陸太田市の山奥、千寿窯で制作活動をされています。

千寿窯


    内側は、

千寿窯

伊羅保鉢¥1800 ご売約。(ありがとうございました)



千寿窯

    内側は、

千寿窯

緑釉平鉢¥1700 直径16cm 高さ5cm ご売約。(ありがとうございました)

美しいフォルムのお皿。

千寿窯

    内側は

千寿窯

灰釉皿 ¥3000 直径20cm 高さ5cm

もう一つ、ひじきを盛り付けるために作られたとか。

千寿窯

矢透釉鉢 ¥3500 ご売約。(ありがとうございました)


お年寄りのご要望で作られた、小ぶりなお茶碗です
銀シャリが、輝きます。ごはんがうまそう!!

千寿窯

    内側は

千寿窯

黒釉碗(小)¥1500 直径11cm 高さ5cm ご売約。(ありがとうございました)


 

最後にマグカップ大、小です。 

静かなコーヒータイムを味わえる....。
やすらぎの時。
長年寄り添った夫婦みたいですね。 

千寿窯

向かって左が、白化粧マグ ¥1600 直径8cm 高さ8cm ご売約。(ありがとうございました)
右が、矢透釉マグ ¥1800 直径9cm 高さ9cm

どの器も手に持つと驚くほど軽いんです!使いやすくそして、料理を引き立ててくれそうな器たちですね。使うほどに愛着が沸いてきそうです。

小林さんはさらに、

・電子レンジはOKです。
・重ねる時は下の作品のふちに上の作品が乗らないようにする。
 (内側から外に広げる力に陶器はとても弱いので)
・陶器は磁器と違い水を吸うので、使い始めなどに「水通し」といって
 きれいな水に軽く漬けてから使うとカビや汚れの予防になります。
 もしカビなどが出てしまったら、お預かりして素焼きの窯で焼直せば
 新品同様にできます。

とおっしゃっていました。焼き物には疎い私には、とても勉強になります。
焼き直しなんてできるんですね!

では♫



ウールのブランケット

 昨年の12月初めに機にかけて、苦闘して織って、年越しで仕上げした
ウールのブランケットが、やっと出来上がりました。

大きいので、室内で撮影出来なかったので、工房の前で撮りました。

大判です。サイズは、93cm x174cm です。

ブランケット

素材は、羊毛のジャコブ、メリノ、ハーフブレットの紡毛糸
染めていない羊の毛の色です。
アクセントに、黒と赤を配置しました。

ブランケットアップ

肩に羽織ったら、すっぽり包まれてあったかくて、い〜きもちです。

お昼寝の友にも良いし、ひざ掛けにしても良いし
スポーツ観戦なんかにも良いかも♫




新春新作


今日はさぶかったですね〜。工房の帰り道、顔面が凍りつきました。
これからが冬本番なんですかね。

でも、つばめ工房では春のショールができあがりました♪
正月明ければ気持ちは春です!

↓↓絹の草木染糸と羊毛を少し織り込んだヘリンボーンのショールです。
  ヘリンボーンはクールな感じがして、とても好きな柄です。
  たて糸は紅茶染と桜紅葉染の絹、
  よこ糸はログウッドで染めたタイのシルクと羊毛(ジャコブ)を使用しました。
  サイズ168cm×33cm
 
絹のマフラー

絹のマフラー


↓↓こちらも、たて糸は紅茶染と桜紅葉染の絹、
  よこ糸は、よもぎで染めたカシミヤです。
  やはり、大好きなヘリンボーンにしました。
  上下に紡毛糸を織り込んで、縮絨でキュッと縮めたデザインです。
  サイズ165cm×27cm

絹とカシミアマフラー

絹とカシミアマフラー

素材はあったかだけど、色は春。
春いろ冬素材ですね♫





謹賀新年

 明けましておめでとうございます。
ことしもよろしくお願いします。

年賀状

↑↑↑↑我が家のねこのくーちゃんです。

くーちゃんは、昨年何故か、左下のキバがなくなっていました。
抜けたのか、欠けたのか、謎です。
本人は何も言いません。。。。。


つばめ工房は、新年で3ヶ月めに入ります。
沢山の方々に、アドバイスを戴いたり励まして戴きました。
ほんとうに、ありがとうございます。

初めての事ばかりで、あっという間に過ぎてしまった感じです。

今年も、いろいろな出会いが待っています。

馴れ合いになる事なく、いつも新しい気持ちで
制作に向かっていくつもりです。

今年もつばめ工房をよろしくおねがいします。

4日から営業します。







師走のおかず横丁

ことしもお世話になりました。

暮れのおかず横丁路地裏の風景です。

おかず横丁

おかず横丁


おかず横丁

おかず横丁の、裏道はのんびり〜ですね。

年末のおかず横丁

メインストリートは、正月の買い物のお客さんで、賑わっています。

12月29日でつばめ工房の今年は終了です。

新年は、4日から営業です。
来年もよろしくお願いします。




年末年始営業日のご案内

今年も残すことあと5日。
おかげさまでつばめ工房も10月9日の開店から3ヶ月を迎えようとしています。

まだまだ課題山積みで、試行錯誤の連続ですが、皆様のご意見、ご要望を糧に2011年も誠実な物作りと品揃えを心がけて行きたいと考えています。

年内…12月29日(水)18:30までとなります。

年始…1月4日(火)11:30より通常営業になります。


ご挨拶猫


よろしくお願い申し上げます。




二重織りその後


 今日はクリスマスイブなんですねぇ♫
プレゼントも関係ないなぁ〜

そんな事はともかく、
二重織りブランケット製作中を以前アップしました。

それが....

出来ましたぁ〜!!
ふう〜っ!
苦労しました。何とかやり遂げたって感じがします。

ちょこっとアップ写真お見せします。

で、織り上がり縮絨前↓↓↓
ウール縮絨

縮絨後 ぽやぽや、ふわふわです。
ウール縮絨

ウール縮絨

暖かそうです。ふふ♪
赤のラインが可愛いですねぇ〜

素敵なクリスマスを!♪♫



つばめのクリスマス

 もうすぐクリスマスですね。

つばめ工房につばめのリースができました。

ヤクの手紡ぎ作家がきちゃんの作です。

クリスマスリース

ゆる〜いつばめが何とも言えないっす♪

つばめ工房もちょっぴりクリスマスです♪




二重織り

こんばんは

二重織りでブランケットの制作中です。

きっかけは、
ある日、つばめ工房に、若いお姉さんがいらして、
「幅広のショールが欲しいんです。作ってもらえませんか?」
と聞かれたことからです。

今使っている織り機は、最大80cmの織リ巾です。
と言う事は、80cm巾の織物までしか織れないって事なんです。
ウールの織物の場合、縮絨すると80%位に縮んでしまうので、
80cmで織っても,出来上がりが64cm位になってしまう、ってことになります。

でも、ブランケットと言うからには、出来上がりで90cmくらいの巾は欲しい、
と言う事で、二重に織って、開いて倍の巾にする事にしました。

二重織りとは、下側と上側を別々に織る織り方です。
今回は片側のミミをくっつけて、もう一方は開いて織るやり方にするので、
出来上がると倍の巾になる、って事です。
二重織りは、他にも柄を出す織り方や、袋状に織る事もできます。

↓↓綜こうが開いています。

二重織り

ところが、たて糸の密度を詰めていることと、単糸を使ったことで、
たて糸どうしがくっ付いて、たて糸が開かないんです。
え〜ん!です。

たて糸が開かないってことは、よこ糸が入らないって事なんです。え〜ん。

で、物差しをたて糸の開口部に入れて口を開いてよこ糸を入れる事にしました。
でも、すっごくたいへ〜んです。(涙)

二重織り

↑↑ちょっと、わざとらしい写真ですけど....。こんな感じです。

二重織り

なんとか、やっちょります。

では♫


 


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
営業日:金・土・日曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM