二重織り

こんばんは

二重織りでブランケットの制作中です。

きっかけは、
ある日、つばめ工房に、若いお姉さんがいらして、
「幅広のショールが欲しいんです。作ってもらえませんか?」
と聞かれたことからです。

今使っている織り機は、最大80cmの織リ巾です。
と言う事は、80cm巾の織物までしか織れないって事なんです。
ウールの織物の場合、縮絨すると80%位に縮んでしまうので、
80cmで織っても,出来上がりが64cm位になってしまう、ってことになります。

でも、ブランケットと言うからには、出来上がりで90cmくらいの巾は欲しい、
と言う事で、二重に織って、開いて倍の巾にする事にしました。

二重織りとは、下側と上側を別々に織る織り方です。
今回は片側のミミをくっつけて、もう一方は開いて織るやり方にするので、
出来上がると倍の巾になる、って事です。
二重織りは、他にも柄を出す織り方や、袋状に織る事もできます。

↓↓綜こうが開いています。

二重織り

ところが、たて糸の密度を詰めていることと、単糸を使ったことで、
たて糸どうしがくっ付いて、たて糸が開かないんです。
え〜ん!です。

たて糸が開かないってことは、よこ糸が入らないって事なんです。え〜ん。

で、物差しをたて糸の開口部に入れて口を開いてよこ糸を入れる事にしました。
でも、すっごくたいへ〜んです。(涙)

二重織り

↑↑ちょっと、わざとらしい写真ですけど....。こんな感じです。

二重織り

なんとか、やっちょります。

では♫


 

増田さんの器その2


 こんばんは。

増田さんの器を紹介します。

今回は、グリーンの色が清々しい鉢を2点アップしました。

まず、直径10.5cm 高さ7.5cmの器です。
小鉢としても、スープカップとしても、コーヒー茶碗としても
と、いろいろに使えます。
そして、なにをいれてもさまになる、すぐれのもです。

湯吞み


内側はこんな感じ。

湯吞みアップ

    ¥1800です。



↓↓↓↓これは、直径19cm高さ7cmの鉢です。
内側は、唐草風の模様が描かれています。
サラダボールにも良いし、煮物を盛っても素敵になりそうですね。
一人用の丼ものにも使えそう。

唐草鉢

¥3800です。

とても、静かな画面になりました。

よろしくお願い致します。



momeyaさんの手描き手ぬぐい

 こんにちは。
12月とは思えない暖かさですね。

今朝、早起きして裏高尾へ散歩に行って来ました。
夜明け前だったので、星が瞬いていて静かでとてもきれいでした。
しばらく散歩して、ゆったりした気持ちになって帰ってきました。

たまには、こんな時間が必要ですね。
やっぱり自然はいいですね。



さて、
昨日つばめ工房にて、momeyaさんと手描きの手ぬぐい展の
打ち合わせをしました。

手ぬぐい展


momeyaさんは、群馬県在住の日本画家であります。
広ーい日本家屋にすんで、野菜を作ったりねこと遊んだりしながら、
絵を描いているそうです。
今年は、米も無農薬で作ったそうです。

若い女性なんですよ〜。
よっちゃんについで、恐るべし〜です。

その、momeyaさんの手描きてぬぐい展を来春開催する事になりました。

momeyaさんは、白の手ぬぐいの布に一点一点手描きで描きます。
モチーフは、季節の植物や野菜、いろんな表情の子供達、
ちょっと色っぽい着物の女のひと、もちろん猫。
と、いろいろです。
そしてそこに、楽しく、ちょっとクールなmomeyaワールドがひろがります。

手ぬぐい展

未だ先になりますが、楽しみにしてくださいね。
もちろん、手ぬぐいの販売いたします。


それと、アンティーク着物きなこで、12月18日(土)-12月29日(水)
「うさぎづくし時々きもの」momeyaの手描き手ぬぐいの販売をします!
もちろん私もいきますです。

では。


おまけ。
おかず横丁のねこです。

大黒屋のネコ





よっちゃんの靴下

 こんばんは

本日はよっちゃんが編んだ靴下です。

よっちゃんは、友人のみっちゃんのお母さんで、85歳のおばあちゃんです。
編み物がとっても上手な方で、
寝ながらでも編めるという、ものすごいおばあちゃんなんです!!

今回は、クリスマスバージョンの赤い靴下を編んでくれました。
もちろん、手編みです。

赤と緑の配色で、片方にサンタさんとツリーが付いています。
履くのは勿論ですが、お菓子やおもちゃを入れてプレゼントするのも良いですよ♪


よっちゃんのくつした


足のうらの、爪先とかかとの緑の部分は、編んだ上に重ねて毛糸を刺繍してあります。
履いているうちに、弱って薄くなってしまう部分を補強して
長持ちする様にという、おばあちゃんの知恵なんです。

さすがです。。。。

子供の靴下も制作中。可愛いですよ〜♪

女性サイズです。¥3000です

よろしくです。




土鍋です

こんばんは。

伊豆修善寺の陶芸家賀川千恵さんの土鍋の新作紹介です。


葡萄の絵の土鍋なんて...すてき♪

土鍋2


内にも葡萄の絵がついているなんて...すてき♪


土鍋3

おなじ葡萄の絵の小鉢も有ります。

椿の絵の土鍋なんて...♪♪♪
こちらも、小鉢がありますよ〜

土鍋1


葡萄 サイズ直径 25cm ¥13000 (sold outありがとうございました)
椿        22cm ¥9500(sold outありがとうございました)
小鉢       14cm ¥1400

よろしくです♪




バリュウバック

こんばんは

フィリピン、レイテ島で作られたバリュウバックの紹介です。


バリュウバックは、レイテ島の山岳地帯に自生するバリュウ草を素材に編まれています。
レイテ島の東海岸カリガラの人達がつくっています。

レイテ島は11月〜3月まで雨期。
その時期にたっぷりの雨と太陽をたくさん浴びてバリュウ草がスクスク育つそうです。
そして、雨期が明けるとみんな集まって作業開始するんだって!
なんだか楽しそうですねぇ♪

草には、周囲に鋭いトゲがあるそうです。
それを一枚一枚はぎ取って、裂いて影干しして、ひとつひとつ手で編み上げます。


レイテ島バリュウ

↑↑↑サイズ 35cmx20cmx20cm 底から持ち手までの高さ36cm ¥1800


レイテ島バリュウ

↑↑↑サイズ 33cmx15cmx19cm ¥1500


レイテ島バリュウアップ



レイテ島バリュウ

↑↑↑サイズ 24cmx17.5cmx8cm ¥1800



自然の素材で出来ているので、草の香りがほんのりします。
素材が草のせいか、少ししっとりした手触りがします。

果物や野菜を入れたり、パンを入れたり、小物を整理したりと、
いろいろな使い方ができますよ♪

ー水牛家族ー という、レイテ島の村の自立を支援する市民プロジェクトの
フェアトレードの製品です。

よろしくです。




ナチュラルカラー

ナチュラルカラーのマフラーの紹介です。

たて糸に、紅茶で染めた絹糸と、オフホワイトの絹糸の二色を使い、
よこ糸に、ナチュラルカラーのウールを使っています。

ベージュとマロン色の糸をランダムによこ糸に入れているので、
真面目そうなんだけど、遊びっぽい感じ、かな?

ウールショール


↓↓↓↓ポイントに赤と、黒の糸を織り込んでみました。

ウールショールアップ

素材 ウール 絹
サイズ24cm x 144cm (sold out ありがとうござました)

気取らないけどオシャレな方って感じかしら。。。。?

では、では。





赤いマフラー

こんばんは。

12月になると赤色が妙に気になります。
クリスマスの月だから、だから?

で、赤いマフラーを織ってみました。

昼夜織りで、赤と焦げ茶のリバーシブルです。

 カシミアマフラー


↓↓↓↓上下の房を工夫しました。

カシミアマフラーアップ

素材はカシミヤ100% しっとりやわやわです。

サイズ16cmx146cm ご売約(ありがとうございました)

赤いマフリャー♪ なんだかうきうきしますねぇ〜♪




チベット布のミニバック


 こんにちは

つばめ工房の定番、チベット布のミニバックの新色ができました。

ナンブと呼ばれているこの布は、国内では手に入れる事がムズカシイのです。
この布は、チベットの民族衣装に使うということです。
前回のバックは、店主が直接チベットの市場で買って来たもので作りました。

今回は、店主のチベット仲間から譲っていだたけました。勿論現地で入手した物です。

ありがとうです。

今回は、ショルダーになる様に持ち手を長くし、
つばめ工房のマークを刻印した、革のタグを付けました。

素材はウールで、手織りです。
その布を後染めして、柄を出します。
ナンブバッグ


ナンブバッグ


ナンブバッグ


近付いてみると、絞りで染めています。
ナンブバッグアップ


裏布には、麻を使いました。
ポケット付きです。
ナンブバッグ中見せ

↑↑↑↑サイズ 巾24cm 高さ27cm 持ち手の高さ23cm (sold out ありがとうございました)


ピンク色のは、総柄です。フェルトのボールが付いています。
こちらは、少し小さめで、持ち手が短くなっています。
ナンブバッグ

↑↑↑↑サイズ 巾20cm 高さ26cm 持ち手の高さ12cm(sold outありがとうございました)

よろしくです。






ヤク

こんばんは。

↓↓↓ これは、ヤクの毛を、手紡ぎして、手編みした
帽子、手袋、ミニマフラーの3点セットです。ヤク毛製品

ヤクは、チベットの標高3000メートル以上の高地に生息するウシ科の動物です。
チベットの遊牧民にとっては、欠かす事のできない動物だそうです。
ミルクはバターやチーズに、肉は蛋白源に、糞は燃料に、毛の外側はテントやロープにと
余す所無く利用するそうです。

今回のこの3点セットは、体重500kgあるヤクからたった100gしか取れない
ヤクのダウンと言われる柔毛で作られています。
チベットのカシミアと呼ばれているそうで、とってもしなやかで、柔らか〜い肌触りです。
その、貴重なヤクの毛をチベットから取り寄せ
手紡ぎして、手編みで作りました。

焦げ茶色は、ヤクそのものの色です。
手紡ぎの素朴な風合いと、ヤクいろがハモっています♪♪


↓↓↓やわやわのヤクの毛。かる〜い
繊維が短いので、紡ぐのが、ムズカシイのです。

ヤクの繊維


↓↓↓帽子です。模様編みです。

ヤクの帽子


手袋です。ほんとに柔らか〜いのです。

ヤクの手袋


やわやわが画像では伝わらないねぇ〜(汗)




calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
定休日 木曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM