ふわふわ絹のストール

絹のかる〜いストールの紹介です。

着尺作家の吉岡政江さんが、ストールを織ってくださいました。

素材には、着物で使う細い絹糸をたて糸に、よこ糸にも細い紬糸を使って織られています。

繊細な糸で織られているので、
ふわふわとかるくて、首にまくと絹の肌触りが心地よいストールです♪

クシュクシュっとなっている部分は、
強く撚りを掛けた糸を入れて織り、水通しをして縮ませて、クシュっとさせるんです!
大人可愛い感じですね。

絹のストール






こちらもふわふわと軽いストールです。
さっくりと、ガーゼっぽく織られています。
画像では解りにくいのですが、銀ラメがボーダーに織り込まれています。
これも、おとな可愛いストールですね♪

絹のストール

さくさくとガーゼっぽい織り地に、クシュクシュを入れてます。

絹のストール


お値段は ¥14000 です。
くるっと巻くのに、充分な長さがあります。

よろしくです。



さくら

おかず横丁って桜の木がないんです。
唯一、横丁から見える筋に1本だけあります。


さくら


貴重な桜の木です。通りがかった方や近所の方の目を楽しませてくれてます。


さくら


東京は今日満開ということらしいですが、こちらの桜はまだ5分咲き位でしょうか?

つりしのぶ


つばめ工房のつりしのぶもひょうきんな芽?がにょきにょきと。

今日は暖かい日差しがありがたい一日でした。






小風呂敷

木綿の四角い布です。

大きさは約57cmx57cmです。

何かを包んで風呂敷になったり、首に結んで小さなスカーフになったり、
手を拭いて大判のハンカチになったり、色々活躍してくれる布です。

草木染めの木綿糸で織り上げました。
藍の濃淡いろいろ、紅茶、みかんと藍の重ね染め、の糸を使用しています。

日本の古い布をイメージして作りました。

ちょっと、懐かしい感じがしませんか?

風呂敷

sold out ありがとうございました






木綿のハンカチーフできました♪

木綿のハンカチが織り上がりました。

草木染めの糸をたくさん染めて、色々なチェックで織ってみました。

ハンカチ

藍 茜 みかん りんご 玉葱 さくら紅葉と、植物から色をもらって染めました。


やさしい風合いの木綿糸で織られています。
どんどん使って、ざぶざぶ洗うと、柔らかくなってとても良い肌触りになってきます。
 ハンカチ全体

ジーンズみたいに、使って育てて行く布って感じかな?

ハンカチアップ

サイズは、約35cmx36cm
(sold out ありがとうございました)


いきものがかり

めだか


つばめ工房にも生き物がやってきました。


めだか


実は地震で増田さんの瓢箪柄の大鉢にひびが入ってしまいました。
僅かなひびだったので、ひびの隙間に接着剤を挿入してこんな風に利用させていただきました。
増田さん!こんな使い方はお許しいただけますか?

めだかの飼い方、勉強しなくては。




今日から四月です。

春のストールが織り上がりました♫

素材は、木綿と麻です。

草木染めを頑張って沢山そめて織りました。
色使いの楽しいストールができたと思います。

茜で染めたサーモンピンク、みかんの黄色、玉葱の茶、エンジュと藍を重ねて染めたグリーン、藍染めの紺。
色んな植物の色をもらって出来上がりました。

こんな時だから、気持ちは明るく、力が湧く様に!って思って作りました。


↓茜のサーモンピンクが春らしい、麻と木綿のストール。
 ピンクが桜餅みたいな色合いですね♪

 サッパリした肌触りなので、これからの季節に良いと思います。
 女性は勿論、男性が巻いても良いですね。オシャレですね〜。

木綿のショール

アップはこんな感じです!

木綿のショールアップ


176cmx36cm (sold out ありがとうございます)

↓こちらは、綿100%のストールです。
 これも、植物染料だけでそめた糸で織りました。
 木綿の優しい肌触りが気持ち好いですよ。
 穏やかな風合いなので、肌の弱い方にも良いかもしれません。
 洗濯する毎に柔らかくなっていきます。

木綿ショール

手紡ぎ木綿を織り込みました。

木綿ショールアップ


140cmx35cm (sold out ありがとうございます)

二点ともシンプルなTシャツにくるっと巻いて、スニーカー履いて颯爽としたスタイルで、
元気に、お花見に!
なんて感じですかね〜♪



被災されたや、亡くなられた方々のことを思うと、心が痛みます。
そんななかにも、人々がそれぞれを思いやったり、助け合ったりする場面を見ると
ほっとするし、感動してうるうるしたりしてます。
やっぱり、人ってすごいんですね!!

一日も早く、心からの笑顔が戻りますように。



アローのショール

 ネパールの手編みショールの紹介です。

店主がネーパルで直接仕入れました。

アロー(イラクサ)と言う植物を、手作業で繊維を取り、
手紡ぎして糸を作り、手で編んだ。
という、ものすごく手の掛かったものです。

やさしい茶色は、アローそのものの色で、染色や漂白をしていません。
植物の色なので、ショール一枚、一枚、色が微妙に違います。
又、一枚のショールの中でも、茶色の明暗があったりして、面白い味わいがあります。

編み模様も色々あります。
一枚、一枚、違う顔をしています。

編み地は、レーシーな模様編みです。
画像ではお見せできませんが、いろんな模様があります。


アローショール


麻と似ていますが、巻いていてみると麻とはまた違うなんとも言いがたい感触があります。
またショールには勿論、カーテンのように使っても素敵ですね。

アローショール


編み地もいろいろ、色も微妙にいろいろ、サイズもいろいろあります。

   巾25cm-----¥3000
    50cm-----¥4500
    60cm-----¥5500
    70cm-----¥6000

   長さは、どの巾のものも、約170cmです。

最初はちょっと、かさかさした肌触りですが、使っているうちに柔らかく,優しい肌触りになってきます。
残りが少なくなっていますので、お早めに!



半幅帯

 半幅帯の紹介です。

素材に、アロー糸(イラクサ)をつかいました。

藍、玉葱、エンジュで染めた糸を使用しています。

さっくりとした織り地の半幅帯になりました。
普段着の着物、木綿の単や、流行のデニム着物に合わせたら素敵ですね♫

帯

フリンジが、後ろ姿のポイントになりますね。


渋いです。
帯




ネコらの住処

鳥越のネコらの住処、やっぱり。

ネコらの住処

放っておくのも危険なほどでしたから、先日の地震を機に取り壊すことにしたのでしょうね。これも仕方ありません。
ネコら、次の住処がすぐに見つかるといいのですが。

鳥越近辺の小島町、竹町には人が住んでいればまだしも、無人のこういった危うい家もたくさんあります。
取り壊した後はマンションか駐車場がほとんど。
昭和の家並がどんどん無くなります。

おかず横丁の隣、竹町(たけちょう)。現在の台東3丁目あたりにあったお店。

鞄屋

鞄屋さんだったのかな。

鞄屋

黄色はキリン?なぜカバンに、不思議です。

お菓子屋

お菓子屋さんかパン屋さんだったのでしょうね。

お菓子屋

サインがかわいいです。

こちらは鰹節屋さん。朝は削り節を作っていて良い香りがします。

鰹節屋

なぜは禁物です。受け入れましょう!

長屋も残っています。

長屋


昭和の建物、安全に暮らすことができるように手を入れてもらい、残っていってもらいたいですね。
そうしないと、下町はマンションと駐車場、コンビニだけの街になってしまいます。





三兄弟

増田さんの新作器の紹介です。

名付けて「蕪三兄弟」

で〜んと大きな蕪を描いた、小鉢、中鉢、大鉢の三点です。

煮物やサラダを盛りつけるのは勿論ですが、
飾って置いて、大胆に描かれた蕪を楽しむのもいいですね。

他にも、ミモザを描いた器等も入りました。


増田さんの陶器

つばめ工房にお出かけ下さい〜。





calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
定休日 木曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM