手紡ぎ手織りの木綿ストール

朝晩は半袖では少し肌寒く感じるようになってきて、手紡ぎ手織りの木綿ストールが恋しくなる季節となりました。

コロナ禍でラオスから帰国して以来、ラオスに戻れずにいる前川佐知さんがラオスの山のお母さんと一緒に作っている、棉の栽培から始まる手紡ぎ手織りのストールたちです。

 

使い始めはハリがあって少し堅い感じがしますが、使って洗い込んでいくと、とても柔らかくしなやかになります。手紡ぎした糸が洗いこんで行くうちに撚りが戻ってきて、柔らかくなるんだと思います。手紡ぎの織物の良さですね。

人気のタテ糸が藍、ヨコ糸がファイの木+泥染のブラウンの天然染料だけで糸染めしたストールも残り少なくなりましたがまだストックがあります。つばめ工房で制作過程や仕上がりも含めて安心しておすすめできる品々です。

 

手紡ぎ木綿のストール

サイズ 巾52cm 長さ(房含まず)174〜180cm

素材 手紡ぎ木綿

染料 藍・ファイの木+泥染

 

他にも藍とファイの木で染めて織った、色違いのバリエーションがあります。

サイズと素材は上と同じです。

タイドンストール

藍染めした糸をタテとヨコに使って織った藍一色のストール。

 

タイドンストール

ファイという木の樹皮から抽出した染料で染めた後、泥で媒染した赤みのないブラウンが特徴の糸をタテとヨコに使った一色のストール。

 

タイドンストール

タテ糸にファイ、ヨコ糸に藍を使い交織したストール。

 

タイドンストール

タテ糸にファイ、ヨコ糸に生成りを使ったストール。

 

男性にも女性にもお使いいただけるストールです。

夏の終わったこれからの時期に重宝する、キリッとしゃれた巻物はいかがでしょうか?

 

前川さん、今は地元の丹波篠山で自身の作品を織りながら、ラオスに戻れる機会を待っていると知らせが届きました。織りは糸と道具があればどこにいてもできますものね。

ちょうど、前川さんが毎年開催している「ラオス写真展」も丹波篠山でもうじき始まります。

前川さんも会期中は毎日会場にいらっしゃるようなので、お近くの方は是非ご覧ください。

第10回ラオス写真展

日時:9月25日(金)〜10月4日(日)【 月曜休館 】
   10時〜17時 (初日は12時から、最終日は16時30分まで)
場所:兵庫陶芸美術館コミュニティギャラリー(入場無料)

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
営業日:金・土・日曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM