暖簾的な布を

早いもので、今年ももうすぐ秋のお彼岸になります。

つばめ工房は南向きなので、秋のお彼岸の頃から陽射しが店頭に入ってきます。

ずっと日除けの布が欲しいなと思っていました。織りの工房なので手織りで作ろうと思っいるうちに、かれこれ10年の歳月が経ってしまいました。

今年のコロナ禍で時間ができて、これは今しないなと思って織り始めることにしました。

 

ヘンプ糸

日中はいつも表に吊るしておくので、小綺麗な布ではなく丈夫で経年変化で楽しめるような布にしたくて、野趣のあるヘンプ糸を使うことにしました。

なるべく大きな布にしたかったのですが、糸の量に限りもあるのでできる範囲で大きい布を作ろうと思います。

 

ヘンプ糸

ちょうど帯を織っていた機が空いたので、さっそく機掛けしました。

そして 、綜絖通しと進めました。

ヘンプ糸

今は茶褐色の糸ですが、織り上がった布を表に吊るしておくと陽に晒されて徐々に薄茶に変化して行くと思います。

どんな布ができるか?店頭に吊るしたらどんな風に見えるか?作ってみないと判りませんね。

でも吊るして置けば、きっと次第に馴染んでくると期待しています。

 

 

 

 


関連する記事
コメント
どんな暖簾ができるのか楽しみです
  • みかん🍊
  • 2020/09/09 11:50 AM
完成したしたらアップしま〜す。
どんなものになりますか、織りながら考えます。
  • パトリシア
  • 2020/09/09 10:34 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
営業日:金・土・日曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM