藍染リネンストールの機掛け

整経をした藍染リネン糸の機掛けをして織り始めています。

6月に入ってからは金、土、日の週3日だけ工房へ出て織り作業しています。織りだけに集中して仕事ができるので、意外に仕事が進んでいます。

今日はつばめ工房で行っている機掛け工程を少し紹介します。

 

藍染リネンストール

整経が終わって機掛けをします。

この機は40年ほど前だと思うのですが、足利で作られた機で先輩から引き継いだものです。織幅85cmありますがとてもタイトに作られていて、それでいて華奢ではなくしっかりしていてとてもバランスが良い機なんですが、残念ながら現在は作られていません。

こちらは機前ですが、たて糸を2つに振り分けてウェイトを結んで均等にテンションを掛けながら千巻き側で巻き取りします。

 

藍染リネンストール

つばめ工房では荒筬を通して、一人で巻き取りをしています。

今回使う麻糸は細く繊細な糸なのでウッカリすると切ってしまいます。

糸の動きに注意しながらゆっくり丁寧に卷いていきます。

 

藍染リネンストール

無事巻き取りを終えると次は綜絖を通します。

 

藍染リネンストール

そして次は筬通しです。今回は竹筬を使います。繊細な糸にはあたりの良い竹の方が良く、織っていても気持がいいんです。

 

2階にあるクマクラ機の場合は、千巻きを外して男巻き側に移動して巻き上げるという違う方法ですが、基本的に行程は同じです。

特別なことは何もやっていませんが、糸の動きにアンテナを張って丁寧に作業することだけが唯一のコツだと思います。今回はこの辺で、また紹介しますね。

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
営業日:金・土・日曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM