真面目な器たち


「私は使い倒す実用品を作りたいと思い、焼き抜くよう心掛けています」とおっしゃる、小林 健さんの日常使いの器たちです。

小林さんは、茨城県常陸太田市の山奥、千寿窯で制作活動をされています。

千寿窯


    内側は、

千寿窯

伊羅保鉢¥1800 ご売約。(ありがとうございました)



千寿窯

    内側は、

千寿窯

緑釉平鉢¥1700 直径16cm 高さ5cm ご売約。(ありがとうございました)

美しいフォルムのお皿。

千寿窯

    内側は

千寿窯

灰釉皿 ¥3000 直径20cm 高さ5cm

もう一つ、ひじきを盛り付けるために作られたとか。

千寿窯

矢透釉鉢 ¥3500 ご売約。(ありがとうございました)


お年寄りのご要望で作られた、小ぶりなお茶碗です
銀シャリが、輝きます。ごはんがうまそう!!

千寿窯

    内側は

千寿窯

黒釉碗(小)¥1500 直径11cm 高さ5cm ご売約。(ありがとうございました)


 

最後にマグカップ大、小です。 

静かなコーヒータイムを味わえる....。
やすらぎの時。
長年寄り添った夫婦みたいですね。 

千寿窯

向かって左が、白化粧マグ ¥1600 直径8cm 高さ8cm ご売約。(ありがとうございました)
右が、矢透釉マグ ¥1800 直径9cm 高さ9cm

どの器も手に持つと驚くほど軽いんです!使いやすくそして、料理を引き立ててくれそうな器たちですね。使うほどに愛着が沸いてきそうです。

小林さんはさらに、

・電子レンジはOKです。
・重ねる時は下の作品のふちに上の作品が乗らないようにする。
 (内側から外に広げる力に陶器はとても弱いので)
・陶器は磁器と違い水を吸うので、使い始めなどに「水通し」といって
 きれいな水に軽く漬けてから使うとカビや汚れの予防になります。
 もしカビなどが出てしまったら、お預かりして素焼きの窯で焼直せば
 新品同様にできます。

とおっしゃっていました。焼き物には疎い私には、とても勉強になります。
焼き直しなんてできるんですね!

では♫



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
営業日:金・土・日曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM