葛糸の帯

この夏から織っていた葛糸を使った八寸帯、ようやく終わりが見えてきました。

冬物の糸準備や染めをしながら、またご注文の品も織りながらの作業だったので、思いのほか時間がかかってしまいました。

 

葛の帯

最後の方になるとタテ糸も緩んできたりして、こんな有様になります。

 

葛の帯

ヨコ糸には藍の生葉で染めた絹を使い変形の杉綾で織りました。

 

葛糸はところどころ節もできていて、ケバケバがかなりあるので、ハサミで切り取りながら織っていきます。

葛の帯

打ち込みもしっかり入れているので、計画よりだいぶ時間がかかりました。
 

葛糸の帯

 

葛は初めて使う糸なので手探りで進めていました。

これから仕上げの作業にかかります。どのような変化が現れるか、楽しみな様な心配な様な。複雑な心境です。

紬の着物にキリッと合わせる帯を目指しましたが、さて楽しみです。

 

 

 


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
定休日 木曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM