竹と木綿のスカーフ2枚目

先日工房に行って、竹と木綿のスカーフの2枚目が織り上げました。

こちらの房は切りっ放しのデザインにしたので、裾の末端をまつって終わりです。

この2枚目はグリーンを少しだけ多めに入れていて、1枚目とは少し雰囲気が変わっていると思います。

 

竹と木綿のストール

この竹と木綿のスカーフ、あと1枚織って今年の分は終わる予定です。

次は藍染めのリネンを使ったご注文の夏のストールを作るので、そちらの準備も並行して始めています。

 

つばめ工房っでは最近は制作スタンスが変わって、少量の制作を継続しています。

このブログも一点ずつの細かい制作過程をお知らせして、より深くご理解いただけるよう、作品を紹介をして行きたいと考えています。

 

 


1枚目織り上がりました

5月の連休と電車の空いている週末に工房に通い織っていた、竹繊維と木綿の混紡糸をたて糸に使ったストールの1枚目が織り上がりました。

こちらは長さを短めにしたご注文の巻物で、首に一回りクルクルッと卷いたり、肩にふわっと羽織ったりとコーディネイトのアクセントになるようなスカーフです。

 

竹と木綿のストール

よこ糸には藍で染めた麻や紬糸も少し入ったボーダーデザインです。

 

竹と木綿のストール

藍の濃淡とグリーンは藍+こぶな草で染めた麻です。

 

竹と木綿のストール

店は休業中でしたので、集中して織りができたので意外に早く織り上がりました。

機から切り離し、これから房を撚って水通しして仕上げます。

完成したらまたご紹介させていただきます。

 

機にはまだたて糸が掛かっているので、デザイン違いのストールを今度は店頭用に織ります。

 

インスタグラムにこの動画を掲載しましたので、良かったらご覧ください!__☆

 

 

 

 


竹と木綿の混紡糸のストール

先日の連休中には工房で集中して織り仕事をしていました。

連休の明けたの週末にも工房に行き、機掛けの続きをの作業をやりました。

竹と木綿

この日は綜絖を通し、筬通しまで済まそうと思っています。

竹と木綿

 

思ったより早く作業が進んで、織り付け開始までたどり着きました。

竹と木綿

 

ここまで済ませれば、織仕事の7割方は終わったような物で、この先は座って織り続けるだけです。

たて糸の竹と木綿の混紡糸に藍の濃淡、藍+こぶな草のグリーンに染めた麻、白い紬などをよこに入れて織ります。

 

最近、東京でも新型コロナウィルスの感染者数が減って来ていて、緊急事態宣言の解除というような声も各所で聞こえて来ますが、この感染症のことはまだまだ不明な事も多いのも事実。早く何の心配もなく制作活動を再開したいですが、つばめ工房は今しばらくは通常営業は控えさせていただく予定です。

お問い合わせなどありましたら、当ブログやSNSへのコメントやメールにて対応させていただいていますので、よろしくお願いいたします。

 

 


次の準備

工房で次のストールの整経を始めました。

こちらはつばめ工房でここ数年制作していて、今季もご注文をいただいている竹と木綿の混紡糸のストールで、素肌にとても気持ちの良いストールです。

 

竹と木綿

マット感のある独特の風合いのある糸です。

ベトつかないサラッとした竹素材の肌触りが特徴の夏のストールとなります。

 

早速、荒筬を通しました。

 竹と木綿

工房には頻繁に来れないので、来た時には集中して次から次と作業を進めます。

この日は機掛けまで終わらせる予定です。

このたて糸に藍染を施したリネンをよこ糸に使います。

また制作過程を紹介しますね。

 

 

 


イラクサと絹のストール

最近は電車が比較的空いている週2日ほど、工房に行って織り仕事を続けています。

工房内で私一人のんびりとあれやこれや作業します。

 

木枠へ巻上げ

糸の巻き取り方法は使う糸などによって皆さんこだわりがあると思いますが、つばめ工房では枷から糸枠への巻き取りはこの電動管巻機を使っています。小管、大管、木管や糸枠が使えてとても重宝しています。

 

今はイラクサと絹のストールを織り進めています。

イラクサと絹のストール

 

今はお店の方は閉店状態なので、織りや色々な作業が集中してできます。

以前ブログで今年のつばめ工房の制作方向を少し変えて行く予定と報告しました。

その後のコロナ禍によって、思わぬ展開になり休業をすることになり、むしろ良い機会にを作ってくれているような気もします。

今はゆっくり、じっくりと織物に向き合いながら制作できる状態になっています。

 

つばめ工房の店先にある植えっぱなしのクレマチス、いつの間にかきれいに咲きそろっていました。

自然の周期は何があっても変わらないですね。

クレマチス

 

 

 

 


次の準備は、

次に織る布を色々と計画しているのですが、取りあえず準備のために手を動かすことから始めることに。

糊付けをして、枷から木枠に巻き上げ中の細番手のイタリヤリネンです。

藍染のリネン

この糸はあをの用さんで本藍(天然藍灰汁発酵建て)で染めていただいた深い藍色です。

何度も何度も藍の染液をくぐり洗われた糸なのでかなり痩せています。切れ易いので慎重に扱わないと大変な事になります。

 

一昨年にはこのリネン糸でこんなストールを作りました。

DSC03629.jpg

 

今回はまた違うデザインでリネンストールを織ろうと計画しています。

他にもイラクサと絹を使ったストールなどと色々と考え中、頭の中は忙しいです。

 

今は出来ることをボチボチと始めています。

 

 

 


リネンの生地

最近は新作のための試織や生地作りを集中してやっています。

こちらは太めのリネンを使い、しっかりした生地を織っています。

夏に向かうこの時期にはバッグやポーチなどの布製品を生地から作ることが多くなっていて、今回はこの布を使い布小物を作ろうと計画しています。

 

リネン生地

 

織り上がった分の布を機から外して、ちょっと形にしてみました。

試作バッグ

試作バッグ

この生地では小ぶりの手提げバッグもいいかな、と思いました。

もう少し試行錯誤しながら続きを織ってみます。

 

新型コロナウィルスの感染が拡大しています。

つばめ工房では、今年から制作方向を変えて、じっくりと作ってみたい布に取り組んで行こうと決めた矢先の出来事でした。でも、このようなことになってしまって、むしろ工房での制作に集中できて仕事はやり易くなっています。

まだまだ先の見えない不安な状態が続いていますが、コツコツとやれることを続けています。

皆様も人混みへの不要な外出を避けて、くれぐれもお気をつけてください。

 

 

 

 

 

 

 


手紡ぎ木綿の布

mamiちゃんの織っていた手紡ぎの木綿糸を使った布が仕上がりました。

織りの工房なので、何か布小物を作ろうと思うと、いつも布から織り始めることになってしまいます。

時間も手間も半端なく掛かるのですが、その分オリジナリティのあるもの作りができると思っています。

 

手紡ぎ木綿の布

よこ糸の種類、織りも工夫して味のある布が出来上がったと思います。

このオリジナル木綿布を使って、何を作りましょうか?

手紡ぎ木綿の布

 

この布の雰囲気に合いそうな物を色々と考えています。

このような時期なので工房内でこつこつと仕事を続けています。

形になったらまたご紹介したいと思います。

 

 

 


木綿と絹のストール

1階の機で木綿と絹のストールを織っています。

密かに人気のあるストールで、作ると布好きの方の目に留まるようで、いつの間にか旅立って行きます。

手紡ぎ木綿や麻、絹、等色々な糸を藍染めや草木染めしたものをたて糸に、

よこ糸は季節に合わせて絹や麻、ヤクなどの特徴のある糸を使います。

 

木綿と絹のストール

 

今回はタッサーシルクなど色んな種類の絹を草木で染めてよこ糸に使っています。

木綿と絹のストール

染め貯めた糸を使うので、なかなか必要な量の糸がそろいません。

春や秋にお使いいただけるプリムティブな雰囲気を持つストールです。

今回は一点だけですが、仕上がりましたらまた紹介させていただきますね。

 

 

 

 

 


試作をチラッと

カシミヤの赤いストールが織り上がり、残ったたて糸で少しを試織しました。

 

試作

 

織り上がってこんな風に。思ってもいなかった効果も表れて次の作品に活かせるかどうか?

叩き台が出来上がったので、じっくりと試織を見つめようと思います。

試織

 

考えていた組織も試しに織ってみることにしました。

透け感がきれいな、立体感のある柔かいカシミヤストールになりそうです。

試織

 

思いついたイメージを実際に織ってみて、着地点を探し当てるという、織物制作で一番楽しい時間を少しだけ持てるようになって来たこの頃です。

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
定休日:月曜日・火曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM