次の準備

つばめ工房は夏のお休みも終わり、今日から通常営業開始です。

休み前の工房の様子です。nodocaさんはカシミヤのストールの新作に取り掛かりました。

工房近況

この整経でオーバーショットの新柄でマフラーを織る予定です。

ベージュの杢糸がたて糸になります。どんな柄になるか、また途中経過でお知らせして行きますね。

 

2階の窓際に干しているのは、先日藍の生葉で染めたカシミヤ糸です。

工房近況

予定通りのグリーンやブルーに染まっていますが、まだ充分な量に満たないので、もう一回藍生葉で染めます。

いよいよ冬物に突入しています。

 


葛糸で

葛のタテ糸の方も織り始めています。

こちらは八寸帯を織っています。

葛糸

ヨコ糸には藍の生葉で染めた絹を入れています。

生成りの葛とトーンを落として染めた藍の生葉のブルーの二色だけを使った、シンプルで控えめな夏帯です。

 

 


機掛け中です

1階の機では新しい糸を使って試作の準備をしています。

生成りの葛糸です。

葛糸

葛の双糸なのですが、野生児のようでなかなかやっかいな糸です。

 

2階の機ではリネン単糸でストール用のタテ糸を掛けています。

リネン準備

この生成り、晒し、藍染めのリネンには生絹を合わせる予定で店頭用に織ります。

 

本格的に冬物に入る前にやりたかった織物制作、ストックのなくなった定番ストールの補充もしています。

冬物の糸準備も同時にやっているので、工房の仕事は今の時期が一番忙しいのかもしれません。

 

 

 

 


綿麻混紡糸のストール

先日までカシミヤマフラーを織っていたnodocaさんはまた夏物に戻って、綿麻のストールの準備をしています。こちらはタテ糸に綿麻の混紡糸を使います。お店のストックがなくなってしまったので、急きょ織ることにしました。

 

整経

この綿麻の混紡糸は麻と木綿両方の良さを持ち合わせている糸です。市販していないので特注でお願いしています。コブナ草の黄色やコチニールのピンク、茜の赤など自然素材だけで染めています。

 

整経

機への巻き取りの時は荒筬を使っていますが、これお勧めです。

 

綿麻ストール

 

可愛らしい色合いの夏のストールを2枚制作予定です。

仕上がりましたら、またご覧ください。

 

 

 


藍染リネンのストール

リネンの藍染糸を使ったストール、機掛けが終わり織り始めています。

今まで生成りや晒しのリネンを主に使うことは多かったのですが、今回のように藍染めのリネン糸をメインに使うのは初めてでした。

あをの用さんで深い藍色に染められたリネン糸です。何回も藍を潜っている糸はかなり細くなっているので、切れないように慎重に織っているんですが、やっぱり切れますね。これも想定内の事として淡々と進めます。。

 

藍染リネン

 

タテ糸にはリネンだけでなく、素材の違う糸も所々に入れています。

藍染めの糸は、濃淡のリネン糸、絹、木綿と使っているので、色々な藍色が複雑な表情になっています。

藍染リネン

趣味性が高いけれど、やり過ぎていない通好みのストールになりそうです。

なかなか良い感じです。

1枚目が織り上がったら、すぐに仕上げてみようと思っています。

またのぞいて見てくださいね。

 

 

 


カシミヤ単糸のマフラー

nodocaさんが一足先に取り掛かっていた、カシミヤ単糸のマフラーの1回目が織り上がりました。

この暑い時にカシミヤを、と思われるでしょうが、今から織り貯めておかないと冬までに間に合わないんです。

つばめ工房定番のこのカシミヤマフラーは同素材ですが、配色のパターンが無限で同じデザインのマフラーはまったくなく、すべて一点ものです。今年も可愛い色合いの新柄が出来上がっています。

 

カシミヤ単糸マフラー

 

織り上がったマフラーを機から外して、一枚一枚織りをチェック中です。

そして、次の行程の縮絨をしてアイロンで仕上げます。

もう一息です。

 

 

 


藍染のストール

7月に入りましたね。関東地方では梅雨も明けて猛暑日が続いています。今年は長い長い夏になるんでしょうか?秋冬のものに入る前に、もう少しだけ夏物のストールを織ることにしました。リネンの藍染糸を使ったストールを始めます。

この糸はあをの用さんに本藍染で丁寧に染めてもらった糸です。

 

藍染糸

 

藍の微妙な濃淡と生成りのリネンで構成したデザインにしました。

藍染糸

藍染糸

いつも思うのですが、整経が終わった糸はきれいですね。

さっそく機掛けしました。

機掛け

巻き取りが終わり、綜絖通し中です。

さて、どんなストールになるか?早くヨコ糸を入れて見たいです。

 

 


カシミヤ始まっています

ただ今、つばめ工房は夏物と同時進行で徐々にカシミヤの仕事も始めています。

写真は染色用に先媒染したカシミヤ糸を干しているところです。

カシミヤ単糸マフラー

この糸ではコブナ草の黄色、茜の赤などを染める予定です。

 

そして、nodocaさんは一足早めにカシミヤマフラーを織り始めています。

定番のカシミヤ単糸のマフラーです。

カシミヤ単糸マフラー

カシミヤ単糸マフラー

こちらは今年の新作となります。

 

カシミヤ単糸マフラー

だいぶ織りたまってきましたが、このタテ糸を使ったマフラーは7月に入る頃には織り上がりをお披露目できるかな?糸の準備や染めながらの作業なので、なかなか時間がかかります。

 

つばめ工房では今年冬用のカシミヤストールのオーダーもお受けしています。

シーズン前のこの時期にご注文いただけますと、タテ糸の準備段階からの制作になるので、よりオリジナリティのあるストール制作が可能になります。ご興味のある方は、ぜひお早めに。

 

 

 


竹と木綿の混紡糸のストール

1階の機で織っている竹繊維と木綿の混紡糸をタテ糸に使ったストール、順調に織り進んでいます。

竹x綿の糸の生成りに藍染めを合わせて、自然な色合いの野趣のある布をイメージしています。

 

竹繊維のストール

 

ヨコに麻や絹の糸も入れ、平織りや綾織りで変化をつけました。

竹繊維のストール

 

このタテ糸では3枚のストールを織る予定です。

夏の涼しげなストールになります。

 

 


工房の近況

お祭りも終わりすっかりと静かになった鳥越界隈です。

落ち着いて仕事ができるようになりました。次は去年の今頃も織った木綿と竹繊維の混紡糸をタテ糸に使ったストールを始めています。野性味のある個性的なストールで通好みなのですが、思いのほか好まれる方が多かったので、また同じ素材で織ってみることにしました。

 

竹繊維のストール

筬通し中ですが、こういう道具を見るとつくづく日本は竹文化の土地なんだな、と思います。

今回は使っている繊維も竹だし、身の回りにも竹で出来た物って多いですよね。

 

竹繊維のストール

さっそく織り始めました。

DSC03172.jpg

ヨコ糸にはリネンや紬なども入れいます。

去年織ったストールはこちらです。

 

nodocaさんの方は一足先にカシミヤの整経を。

カシミヤ単糸のマフラー用のタテ糸です。
カシミヤ単糸整経カシミヤ単糸整経

21mの長い整経です。

 

DSC03176.jpg

今回は糸の準備、整経から3日目には織り始められました。

つばめ工房の定番カシミヤマフラーを作ります。秋口から使い始められる薄手のカシミヤマフラーなので、今から織り貯めます。

台風の影響でここのところ涼しく肌寒い日もあるほどの東京ですが、おかげさまで作業の方ははかが行きますね。

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
定休日 木曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM