オーバーショットのバッグ

大柄で織ったオーバーショット生地で2WAYバッグを作りました。

今回もつばめ工房で生地を織り上げ、バッグの縫製と革ハンドルの仕上げや取り付けは、それぞれ専門の職人さんにお願いしています。使い勝手を考えて、ハンドルは手提げとショルダー用に別に取り付けました。

革の変化も楽しんでいただけるよう、薄く着色したヌメ革を使っています。

 

オーバーショットのバッグ

オーバーショットのバッグ

オーバーショットのバッグ

一点一点バッグに合わせてオーバーショットの柄の配置を変えたデザインにしています。また、配色も変えて7個のバッグを作りました。これも手織りならではのフレキシビリティです。

 

A4のファイルが横方向に入る大きさがあり、マチも9cmあるので書類などが多いお仕事用にも使える、たっぷりとしたバッグになっています。

オーバーショットのバッグ

オーバーショットのバッグ

裏地はリネンで大きの目のポケットを1つ付けました。(写真ではiPad miniが入っています)

バッグの入口はマグネットホックで留めます。

 

今回も同じバッグはなく、すべて一点物になります。

オーバーショットのバッグ

 

機能面と可愛らしさを備えたオリジナルバッグになりました。

サイズ・幅40cm 高さ40cm、まち9cm

革ハンドル・ショルダー52cm 手提げ24cm

素材・リネン/木綿/牛革

詳細はお問い合わせください。

 

 


新作のポーチができました!

昨年の秋からこのポーチ用の生地を織り始めて、試作を作り、かれこれ時が過ぎてしまいましたが、ようやくポーチが完成しました。

糸選びと染色から始め、手織りによる素材作りと袋物専門の職人の縫製技術で出来上がったポーチです。

これまで手織り布を使った袋物を数多く制作してきた経験も生かして、時間も充分にかけて、自分でも使いたいようなポーチを目指しました。

 

ポーチ

 

生成りの他に、栗のいが染のブラウン、藍のブルー、藍生葉の空色の4色を使いオーバーショットで織り上げた生地で作りました。
ポーチ

それぞれのよこ糸に使った絹糸でタッセルを作り、ファスナーの引き手にしました。

 

ポーチ

 

和の素材を使い、西欧で良く織られている柄を織った布がポーチの形と違和感なく溶け合ったと思います。

ワンランク上のポーチとして、またセカンドバッグとしてもお持ちいただけます。

 

ポーチ

オーバーショットポーチ

内側のポケットには表地の共布で包んだ小さな鏡もつけました。

 

サイズ 幅(入口で)25cm 高さ15cm まち(底部分で)10cm

表地 麻/絹・裏地 麻

今回も数量が限られているので、お早めに。

詳細はお問い合わせください。

 

 

 


もう一息

昨日21日は臨時休業をいただきまして、ご迷惑をおかけしました。

本日は通常営業しています。明日の23日(木)は定休日ですが、営業させていただきます。

皆様のお越しをお待ちしています。

 

先日から進めている新作が少しずつ出来上がっています。

糸を選び、天然染料で染めて、生地を織って、試作を作りようやくここまできました。

もう少し細部にも手を加えて完成します。

 

オーバーショットのポーチ

 

オーバーショットの生地でポーチを制作しています。

相変わらず少量になりますが、お楽しみに。

 

 


試作ができました

nodocaさんが織っていたオーバーショットの生地が織り上がりました。

繊細な糸を使った組織織りなので、織るのに時間がかかりました。

柄が見辛い色もあって、戻って織り直したところありました。

オーバーショット

生地の仕上げ洗いも終わり縫製を待つばかりとなっています。

ちょうど、これから制作する試作もできたので、これから細部の仕様を決めていきます。

オーバーショットのポーチ

あと少しで完成品をご紹介できると思います。

もう、何ができるかお判りでしょうか?

ご期待ください!

 

 


光岡奈緒子さんのバッグが入荷しました

久しぶりに光岡さんから、「バッグできたよ!」って連絡いただきました。

今回は2点のバッグが届きました、さっそく紹介いたします。

 

最初は、ちょうどこの季節にタイムリーなバッグで、表素材はジュートで作られています。

光岡さんのバッグ

リゾートっぽいバッグに仕上がっています。

 

光岡さんのバッグ

光岡さんのバッグ

底面に牛革を使い、反対側にやはり牛革のポケットが付いて機能的です。

 

光岡さんのバッグ

内側のもポケットがあり、裏地も光岡さんならではのセンスで綿、麻、絹の布を使ったおしゃれな、惜しみない作りになています。

 

光岡さんのバッグ

そして、短めの持ち手は、自ら織った裂き織りのベルトを使っています。

サイズ W(一番広い所)43cm D(底面)15cm H(持手含まず)27cm

 

 

もう1点は大人可愛い黒いバッグです。

これも光岡さんならではの革のアップリケや刺繍を施した作品です。

光岡さんのバッグ

厚みのある底で、形も可愛いです。

光岡さんのバッグ

表地は綿混の生地で底部にはバッファローの革を用いています。

やはり反対側にはポケットを付けて、心憎いアップリケをここにも施しています。

光岡さんのバッグ

 

内側も洒落た綿素材の裏地を使って、大きめのポケットもひとつあります。

光岡さんのバッグ

 

革のアップリケと刺繍で表現しているのは野の花です。

ヒメジオン、オニノケシ、ペンペングサ、アカツメグサ、ハハコグサ、イヌダテなどの道ばたで咲いている花々のブーケです。

光岡さんのバッグ

光岡さんの美意識やエッセンスが表現されているバッグに仕上がっています。

サイズ W(一番広い所)31cm D(底面)10cm H(持手含まず)35cm

 

2点とも現品のみの入荷です。お早めにどうぞ。

お気軽にお問い合わせください。

 

 


オーバーショットのショルダーバッグ

nodocaさんが織っていたオーバーショットの生地が織り上がり、いつも縫製をお願いしている職人さんの所から仕上がったバッグが届きました。

今回もすべてオリジナル一点ものになり、配色違いがあります。

 

オーバーショットバッグ

こちらはローズと黒のコンビネーションがシックです。

 

オーバーショットバッグ

白と薄いブルーのツートンです。

清楚で爽やかなバッグに仕上がっています。

 

オーバーショットバッグ

 

ハンドルはヌメ革で、肩から掛けて使える長さです。

内側には大きめのポケットが一つ付いてい、A4サイズの入る、軽くて使いやすいバッグです

サイズ 巾38cm 高さ 35cm マチ4cm

表地/手織りの綿麻・裏地/リネン

 

ギリギリだけど、母の日のプレゼントにいかがでしょう?

 

 


オーバーショットのショルダーバッグ

毎年1〜2回、オーバーショットバッグを作るのですが、今年の2作目のバッグがようやく出来上がりました。

nodocaさんの生地の試作から始まり、縫製をお願いしているまみちゃん、革の加工と取り付けの長田くんと3人の手を経て仕上がったつばめ工房のバッグです。

織り生地は、リネンと綿麻の糸をオーバーショットと言う組織で織りました。
リネン糸も何種類か使って試作しながら決め、この組合わせにたどり着きました。

織り柄もnodocaさんが何種類も試織して決めたものです。

 

オーバーショットのバッグ

ローズ系の赤と薄いブルー白がアクセント。ハンドルは薄ーく染めた牛革を使用。
リネンの黒っぽい麻の色と革の明るいベージュが良く合っていると思います。

 

オーバーショットのバッグ

こちらは薄いブルーに黒と白をアクセントにしました。

 

今回、織り柄は色違いで何点か作りました。

オーバーショットのバッグ

 

A4の入る大きさがあり、内側にはタブレットが入る大きさのポケットを一つ取り付けました。

開閉はマグネットホックで止めます。裏地はターコーイズブルーの麻です。裏地が明るい色だとバックの内が見え易いのでこの色を採用しました。

オーバーショットのバッグ

 

革のハンドルには5穴あり真鍮製のバックルで留めるので、長さを調節して肩掛けやたすき掛けでお使いいただけます。

オーバーショットのバッグ

 

サイズ 巾31cm 高さ31cm 厚み(底部分)13cm

表地、裏地/リネン・牛革

 

今回は数量が限られていますが、店頭でご覧下さい。
価格は¥28,000(税込)です。

 

 

 

 


オーバーショットのショルダーバッグ

オーバーショットで織ったリネン生地でショルダーバッグを制作中です。

今回は肩掛けとたすき掛け両方で使えるよう、上質なヌメ革を使ったバックルベルトを使い、長さを調節できるようにします。

 

オーバーショットのバッグ

 

オーバーショットのローズ柄を基本にしてアレンジしています。

同柄の生地はなく配色も違うので、1点ものとなります。

そして出来上がるバッグも少しなんですが、もうじき出来上がります。

乞うご期待!

 

 

 


光岡奈緒子さんのバッグ

人気の光岡バッグ、新作が届きました。

今回はバッファローキップという上質な若い水牛の革を使ったショルダーバッグです。

とても軟らかい革でくたっとした感じがいいですね。使い込んだ時の変化が楽しみな革です。

 

光岡さんのバッグ

 

オーソドックスな形のショルダーバッグに、はっと驚くような色を使って刺繍を施しています。

 

光岡さんのバッグ

光岡さんのバッグ

光岡さんはクリムトの描く円形の装飾をイメージしながら刺繍したそうです。

 

背面にはファスナー付きのポケットがあり、内側のにも2カ所のポケットを付けて、お仕事カバンとしての機能も考慮されています。A4のファイルが十分に入る大きさがあります。

光岡さんのバッグ

 

ファスナーの取手、裏地やパイピングの色使い、ボタンのセレクト等にも光岡さんの惜しみない、こだわりの跡が見えます。

光岡さんのバッグ

 

サイズ 巾38cm 高さ(ハンドル含まず)26cm マチ9cm

素材 表 バッファローキップ 裏地 麻

お値段 ¥39,000(税込)

 

1点だけの入荷です。

 

 


光岡奈緒子さんのバッグ

一点物のオリジナルバッグを制作している光岡さんの新作バッグが入荷しています。

今回は秋の小旅行などにも使えるショルダーバッグを2点ご紹介します。

 

光岡バッグ

全面にヤマゴボウやギシギシなどの野草を描いています。

光岡バッグ

革のアップリケや刺繍、そしてビーズなどで野の花を表現した光岡さんならでは仕事です。

 

光岡バッグ

マチも広めなので、たっぷり収納できそうです。

 

光岡バッグ

光岡バッグ

バッグの背面にもポケットが付き、内側にも2つのポケットがあります。

形やデザインだけでなく、使う方の身になった機能を盛り込んで使い易いバッグに仕上がっています。

 

サイズ W/42cm H/28cm D/9cm

素材 麻・牛革

sold out(ありがとうございました)
 

 

もう1点、ネイビーに白のストライプの木綿生地を使ったバッグです。

光岡バッグ

こちらも前面に革のアップリケを施しています。

光岡バッグ

モチーフは野草のハルジオンです。
ストライプに生地に施されたアップリケが、大人可愛い印象ですね。

光岡バッグ

光岡バッグ
ハンドルは、モスグリーンの革を編んだ物なので柔らかくてしなやかです。
内側の生地も可愛いんです。ポケットが二つ付いてます。

光岡バッグ

 

こちらも機能とおしゃれ感覚を持ち合わせた素敵なバッグに仕上がっています。

 

サイズ W/40cm H/28cm D/9cm

素材 綿・山羊革

sold out(ありがとうございました)

 

各1点だけの入荷でしたので、お早めに。

 

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
定休日 木曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM