オーバーショットのショルダーバッグ

nodocaさんが織っていたオーバーショットの生地が織り上がり、いつも縫製をお願いしている職人さんの所から仕上がったバッグが届きました。

今回もすべてオリジナル一点ものになり、配色違いがあります。

 

オーバーショットバッグ

こちらはローズと黒のコンビネーションがシックです。

 

オーバーショットバッグ

白と薄いブルーのツートンです。

清楚で爽やかなバッグに仕上がっています。

 

オーバーショットバッグ

 

ハンドルはヌメ革で、肩から掛けて使える長さです。

内側には大きめのポケットが一つ付いてい、A4サイズの入る、軽くて使いやすいバッグです

サイズ 巾38cm 高さ 35cm マチ4cm

表地/手織りの綿麻・裏地/リネン

 

ギリギリだけど、母の日のプレゼントにいかがでしょう?

 

 


オーバーショットのショルダーバッグ

毎年1〜2回、オーバーショットバッグを作るのですが、今年の2作目のバッグがようやく出来上がりました。

nodocaさんの生地の試作から始まり、縫製をお願いしているまみちゃん、革の加工と取り付けの長田くんと3人の手を経て仕上がったつばめ工房のバッグです。

織り生地は、リネンと綿麻の糸をオーバーショットと言う組織で織りました。
リネン糸も何種類か使って試作しながら決め、この組合わせにたどり着きました。

織り柄もnodocaさんが何種類も試織して決めたものです。

 

オーバーショットのバッグ

ローズ系の赤と薄いブルー白がアクセント。ハンドルは薄ーく染めた牛革を使用。
リネンの黒っぽい麻の色と革の明るいベージュが良く合っていると思います。

 

オーバーショットのバッグ

こちらは薄いブルーに黒と白をアクセントにしました。

 

今回、織り柄は色違いで何点か作りました。

オーバーショットのバッグ

 

A4の入る大きさがあり、内側にはタブレットが入る大きさのポケットを一つ取り付けました。

開閉はマグネットホックで止めます。裏地はターコーイズブルーの麻です。裏地が明るい色だとバックの内が見え易いのでこの色を採用しました。

オーバーショットのバッグ

 

革のハンドルには5穴あり真鍮製のバックルで留めるので、長さを調節して肩掛けやたすき掛けでお使いいただけます。

オーバーショットのバッグ

 

サイズ 巾31cm 高さ31cm 厚み(底部分)13cm

表地、裏地/リネン・牛革

 

今回は数量が限られていますが、店頭でご覧下さい。
価格は¥28,000(税込)です。

 

 

 

 


オーバーショットのショルダーバッグ

オーバーショットで織ったリネン生地でショルダーバッグを制作中です。

今回は肩掛けとたすき掛け両方で使えるよう、上質なヌメ革を使ったバックルベルトを使い、長さを調節できるようにします。

 

オーバーショットのバッグ

 

オーバーショットのローズ柄を基本にしてアレンジしています。

同柄の生地はなく配色も違うので、1点ものとなります。

そして出来上がるバッグも少しなんですが、もうじき出来上がります。

乞うご期待!

 

 

 


光岡奈緒子さんのバッグ

人気の光岡バッグ、新作が届きました。

今回はバッファローキップという上質な若い水牛の革を使ったショルダーバッグです。

とても軟らかい革でくたっとした感じがいいですね。使い込んだ時の変化が楽しみな革です。

 

光岡さんのバッグ

 

オーソドックスな形のショルダーバッグに、はっと驚くような色を使って刺繍を施しています。

 

光岡さんのバッグ

光岡さんのバッグ

光岡さんはクリムトの描く円形の装飾をイメージしながら刺繍したそうです。

 

背面にはファスナー付きのポケットがあり、内側のにも2カ所のポケットを付けて、お仕事カバンとしての機能も考慮されています。A4のファイルが十分に入る大きさがあります。

光岡さんのバッグ

 

ファスナーの取手、裏地やパイピングの色使い、ボタンのセレクト等にも光岡さんの惜しみない、こだわりの跡が見えます。

光岡さんのバッグ

 

サイズ 巾38cm 高さ(ハンドル含まず)26cm マチ9cm

素材 表 バッファローキップ 裏地 麻

お値段 ¥39,000(税込)

 

1点だけの入荷です。

 

 


光岡奈緒子さんのバッグ

一点物のオリジナルバッグを制作している光岡さんの新作バッグが入荷しています。

今回は秋の小旅行などにも使えるショルダーバッグを2点ご紹介します。

 

光岡バッグ

全面にヤマゴボウやギシギシなどの野草を描いています。

光岡バッグ

革のアップリケや刺繍、そしてビーズなどで野の花を表現した光岡さんならでは仕事です。

 

光岡バッグ

マチも広めなので、たっぷり収納できそうです。

 

光岡バッグ

光岡バッグ

バッグの背面にもポケットが付き、内側にも2つのポケットがあります。

形やデザインだけでなく、使う方の身になった機能を盛り込んで使い易いバッグに仕上がっています。

 

サイズ W/42cm H/28cm D/9cm

素材 麻・牛革

sold out(ありがとうございました)
 

 

もう1点、ネイビーに白のストライプの木綿生地を使ったバッグです。

光岡バッグ

こちらも前面に革のアップリケを施しています。

光岡バッグ

モチーフは野草のハルジオンです。
ストライプに生地に施されたアップリケが、大人可愛い印象ですね。

光岡バッグ

光岡バッグ
ハンドルは、モスグリーンの革を編んだ物なので柔らかくてしなやかです。
内側の生地も可愛いんです。ポケットが二つ付いてます。

光岡バッグ

 

こちらも機能とおしゃれ感覚を持ち合わせた素敵なバッグに仕上がっています。

 

サイズ W/40cm H/28cm D/9cm

素材 綿・山羊革

sold out(ありがとうございました)

 

各1点だけの入荷でしたので、お早めに。

 

 

 


光岡さんのバッグが入荷しました

人気のバッグ作家、光岡奈緒子さんの新作バッグが入荷しました。

今回は2点作っていただきました。

 

こちらは海をテーマにした遊び心たっぷりのショルダーバッグです。

光岡バッグ

深い海の中をイメージして、麻生地をブルーのグラデーションに染め上げ、そこで革アップリケの魚が泳いでいます。

きらきらの貝をイメージした飾りもブルーに染められてます。

光岡バッグ

バックの底には牛革が手縫いで付けられています。

 

光岡バッグ

反対側にはポケットも付けて一匹のお魚がアクセントに。

編革の持ち手の取り付けも手縫で可愛く仕上がっています。

 

光岡バッグ

内側はジュート生地をむら染めにして内ポケットもあります。

細部まで惜しみなく手をかけた小さめのショルダーバッグです。

サイズ 高さ(持ち手含まず)36cm 幅(底部分)21cm マチ(底部分)14cm

sold out(ありがとうございました)

 

 

もう1点はしずくをイメージした手提げバッグです。

光岡バッグ

こちらも表地は手染めした麻生地を使っています。

箔の水玉を加工した革を縫い付けてしずくを表現。

 

光岡バッグ

反対側にはしずく型をしたポケットを縫い付けています。

 

光岡バッグ

裏地はポリエステルの不思議な柄の布を使い、大人可愛い光岡バッグに仕上がっています。

サイズ 高さ(持ち手含まず)26cm 幅42cm マチ6cm

 

様々な素材を自在に使いこなして、細部までこだわった光岡ワールドのバック2点、店頭に展示しています。

 


アフリカンプリント

アフリンプリントの生地が手に入ったので、エコバッグを作りました。
タイでアフリカ向けに作られているプリント生地です。
ワックスプリントと言う染め方でプリントした生地なんです。
裏にもきっちり染料が入っていて裏表がない生地です。どんな技法なんでしょうか?
アフリカ向けにデザインされた柄が、かなり不思議な柄で色もカラフル、アフリカ人々が身につけるときっと素敵なんだろうな。

アフリカの布
荷物が沢山入る大きめのショルダーバックです。
ショルダーは太めにして、たすき賭けしても楽に使えるデザインにしました。
表にはポケットも付け、ショルダーと袋の入り口には巾広の綿テープを叩いてしっかりした作りにしてます。
エコバッグよりも少しバッグらしい仕様になってます。
アフリカの布
生地は5柄用意しています。それぞれ面白い柄ですよ!
夏に向けて元気の出そうなカラーリングのバッグはいかがですか。

サイズ 巾45cm 高さ45cm ¥3800(税込) 
 

オーバーショットのバッグできました

西欧で好まれて織られている組織織りのオーバーショットという織り方で織った布でショルダーバッグを作りました。素材は綿と麻です。
この織生地はスタッフのnodocaさんが織り、布バックを専門に作っている縫製屋さんにお願いして、革のハンドルは革作家の方に柔らかめの革を選んでいただき、皆さんの協力のもとで仕上がりました。
織りも、縫製もとても丁寧に出来たと思っています。

オーバーショットのバッグ
ブルーとイエロー、ブラックとブルーのコンビです。
ショルダータイプのバッグでA4サイズのファイルが縦向きに入る大きさです。
4cmほどのマチもあるので、厚みのあるものOK。

オーバーショットのバッグ
オーバーショットのバラの織り柄です。小柄なので合わせ易いと思います。

オーバーショットのバッグ
裏地には上質なリネン生地を使っています。
内側にはマグネットの留具とポケット付きです。

今回は、4点だけできました。
お早めに。

 


バリュウのかご

毎年、暖かくなり始めると人気の出る水牛家族のバリュウのかごが入荷しています。
水牛家族は1987年より市民レベルの助け合いのネットワークを作り活動を続けています。
フィリッピンのレイテ島の山岳部に自生しているバリュウ草を使い、レイテ島の女性達によって編まれたかごです。近年の開発が進むなか、昔ながら手仕事や暮らしを失うまいと努力している方達です。

バリュウバッグ
向かって右側のバッグと左側のバスケットタイプの2種類があります。
手作りのため一つ一つ大きさが微妙に変わります。
バリュウバッグ
美しく、しっかりと編まれているので、ワインボトルなどの瓶ものなども安心して
持ち運びできます。
つばめ工房では糸入れとしてバスケットを重宝して使っています。

これからの季節、何かと出番の多くなるかごですが、とても軽くて丈夫なバリュウバッグ、
普段着でのお散歩やお買い物のお供にいかがでしょうか。
バッグ 幅40cm 高さ(持ち手含み)43cm 厚み14cm
バスケット 幅35cm  高さ33cm(持ち手含み)43cm  厚み18cm
(写真の品のサイズです)
お値段 ¥3,200(税込)

 

久しぶりのバッグ制作

織り上がった布でバッグを、という計画をしていたけどなかなか時間が作れずに
今頃になってしまいました。
と言ってもたくさんできた訳ではないのですが。。

織布のショルダーバッグ

木綿と麻を藍染めしたたて糸に、よこ糸には麻を使ってヘリンボーンで織った布と、
ネパールで手に入れた、アロー(いらくさ)の手織り布を藍染めした布を組み合わせて
ショルダーバックを作りました。肩から斜めがけするタイプです。
ストラップの肩に当たる部分も幅が広いので、負担がかからず楽に担げます。
お散歩のお供にいかがでしょうか?店頭でお試しいただけます。

これから綿、麻のストールが多くなるので、バッグ用生地のオリジナルテキスタイルも織るつもりです。
バッグ好きなので、また作ります!

 


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
定休日 木曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM