房撚り機と房撚り台

房撚り機というものを購入しました。ストールのフリンジ(撚り房)を作るときに使う道具です。最近、指の関節炎を患っていて房撚りの時に痛みがひどいので、どうしたもんか?と思っていた時に、ホームスパン作家の上杉浩子さんのインスタグラムで拝見したのが、清野工房さんで作られている房撚り機でした。

 

房撚り機

房撚り機

房撚り機

織手のための道具として、痒いところに手が届くように考え抜かれていて、しっかりとした重みがあり、道具としての機能美も備えています。何よりもとてもきれいなフリンジを作れます。ついつい房を撚りたくなってしまいたくなるようなそんな道具です。

 

房撚り機

手前が房撚り機で奥が房を撚る布を置いておく台です。この台もすぐれ物なんです。

房撚り機のクリップ部分と同じ高さに布を置けるようになっています。黒く細長い物は布が動かないよう固定するための鉄でできた重さのある棒です。

こちらで実際に使っている動画を掲載しているでご覧ください。

 

ご購入は清野工房さんにお問い合わせください。

 

 


モノマチ終了しました

5月24日〜26日に開催された地域のイベント「モノマチ」が無事に終了いたしました。

お天気に恵まれましが、真夏のような3日間でした。暑い中たくさんの皆様にご来店いただきまして、誠にありがとうございました。

 

モノマチ

モノマチ

モノマチ

つばめ工房では通常の織物や雑貨の他にも、モノマチで限定で新作の袋物や手芸資材なども準備しました。

 

今年も真鍮アクセサリー作家のniwaさん(左)にも2日間協力してもらい夏向きのアクセサリーを販売しました。

モノマチ

モノマチ

 

刺繍アクセサリー作家のnodocaさんもモノマチ用の色とりどりの新作ピアスを販売しました。

モノマチ

モノマチ

nodocaの藍で染めた糸を使った定番の刺繍イヤーアクセサリーは常に店頭にありますので、ご覧になってください。

 

今年のワークショップは、つばめ工房の手織りストールなどに使った糸を使ってタッセルを作っていただくという内容でした。

モノマチワークショップ

こちらもほぼ満席となって、皆様にご満足いただけたと思います。

早速、持っていたバッグなどに飾っていただいたり、大切にしまってお持ち帰られました。

来年もさらにバージョンアップしたタッセル作りを企画しようかと思いました。

 

記録的な暑さとなった3日間でしたが、大きな事故もなかったようで良かったです。これも11回目を迎えたモノマチスタッフの経験ときめ細やかなケアーのおかげだと思います。ありがとうございました。

モノマチ

 

さて、次は6月8日(土)、9日(日)の鳥越のお祭りです!

 

 


モノマチのワークショップ

今年で11回目を迎える地域イベント「モノマチ」に参加します。

 

モノマチロゴ

 

つばめ工房も1回目から参加していますが、年々人出も多くなりモノづくりの町の年一回の大きなイベントとなっています。

今年も手織り工房ならではの様々な素材を使ったオリジナルデザインのストールや手織り布を使った雑貨の販売、布や糸にまつわるお買い得な品々などを準備しています。

また、刺繍アクセサリー作家nodocaの新作ピアスや彫金アクセサリー作家niwaの真鍮アクセサリーの販売などと、初夏に向けてのアクセサリーも用意していますので、順次ご紹介して行きます。

 

恒例のつばめ工房のワークショップ、今年はつばめ工房で織物に使ったカシミヤなど色々な素材の残糸を利用してのタッセル作りです!

ワークショップの詳細は以下の記事をご確認の上、皆様の参加をお待ちしています。

 

One Coin Workshop『織糸でタッセルを作ろう!』

モノマチワークショップ

 

織りの行程ではなるべく糸の無駄の出ないように作業を進めますが、機に結ぶタテ糸の端っこの織れない部分がどうしても残ってしまいます。そんな糸はカシミヤだったり麻や木綿など様々です。草木で染めた糸や手紡ぎの糸も混ざっています。すべてつばめ工房で使った糸たちです。

タッセルワークショップ

このような糸を自由に使っていただいてタッセルを作ります。

糸を束ねる紐を撚るところから始めていただき、糸をまとめていきます。

ビーズなども少し用意しておきますのでお使いください。

モノマチワークショップ

 

このようなオリジナリティーのある、あなただけのタッセルができ上がります。

モノマチワークショップ

使用目的に応じて紐の長さを決めて作るのがお薦めです。

仕上がったタッセルはバッグやカゴに飾ったり、キーホルダーにしたりお好きな使い方でどうぞ!

 


日時:5月25日(土)・26(日)両日共 11:00〜16:00(最終受付)
(1) 11:00〜11:45
(2) 13:00〜13:45
(3) 14:00〜14:45
(4) 15:00〜15:45
(5) 16:00〜16:45
各回定員5名さま
ご予約不要、開始時間前に受付けいたします。(参加人数の都合でお待ちいただく場合もあります)
参加費用:500円(税・材料費含む)
講師: 八重畑佐和子
*ワークショップは工房2階の板の間で靴をお脱ぎいただいての作業となります。

 


織工房Maiの工房展

ブログで毎年お知らせしている、飯田みちるさんの主催する織工房工房Maiの工房展が今年も開かれる時期となりました。

決まったカリキュラムはなく、自分の好きな布をみちるさんからのサポートを受けながら、自由に織れる工房で人気があります。そんな工房の皆さんが織った楽しい布を見ることができます。
会場は国立駅からすぐのギャラリー悠さんです。一件おいた隣は国立でも老舗の喫茶店、ロージナ茶房があります。今では珍しいアートの香りのする昭和レトロな雰囲気を楽しめますよ。

 

第6回織り工房Mai展 -暮らしの中の織り-

工房mai展DM

草木で染めた色

好きなデザイン

それぞれが自分の暮らしの中で

使いたいものを考え織っています

ストール・マフラー・バッグ・小物などの展示販売あり

 

今年の共通テーマは『スクエア』

個性的な15cm角の作品が並びます

 

2019年5月23日(木)〜28日(火)

11:00〜18:00(最終日は17:00まで)

 

ギャラリー 悠

〒186-0004

東京都国立市中1-9-38

ブランコ通り

042-575-2051(会期中のみ)

 

連絡先 michiru@mtg.biglobe.ne.jp(飯田)

 


連休中の展示のお知らせ

今年のゴールデンウィーク、10連休ということで作品展の開催も多いのでしょうか?

つばめ工房にも展示のお知らせが何枚か届いています。

 

最初は、つばめ工房でもかぎ針編みのイヤーアクセサリーなどを取り扱っている藤田美帆さんの販売と受注会が岩手県盛岡で開催されます。

植物や生物、鉱物など自然の中にある素材を彼女の技術と感覚で表現して作り上げたアクセサリーには、引き立った存在感があります。普段なかなか手に入れにくい藤田さんのアクセサリーをこの機会にいかでしょうか。5月の盛岡は良いだろうな。

 

 

FUJITAMIHO Exhibition

生成りと草木染めのかぎ針編みアクセサリー展

藤田美帆DM

自然の中に存在する美しい形を、信じられないほどの細い糸を使い、
かぎ針編みで作られた繊細なアクセサリーの作品展です。
受注制作のため後日お渡しとなる作品と、即売品がございます。
皆さまのお越しをお待ちしております。

 

 

2019年5月3日(金)〜15日(水)

10:30〜18:30

作家在店日 5/3(金)・5/5(水)

会期中のお休み 5/9(木)

 

ひめくり

〒020-0885
岩手県盛岡市紺屋町4-8 KFビル2階

tel.019-681-7475

http://himekuri-morioka.com

 


*****************************************

 

苧麻や麻、シルクやカディなど信じがたいほど繊細な糸ばかりを使われてストールなどの織物を織られている、下地康子さんから作品展のお知らせをいただきました。沖縄の海辺の情景を彷彿する色のグラデーションは下地さんならではの色彩表現です。

下地さんのテキスタイルはインスタグラムを通していつも拝見していますが、精力的に制作されている布を実際に目にしたいです。

 

うみのほとり

URIZUN 下地康子 展

下地康子DM

『潮の満ち引き、寄せては返す波、美しい色、
磯の香、潮を含んだ風、一定のリズムある音。
そこに佇むと白日夢を見ているかのような感覚になっていきます。
また、そこは幼き頃に遊んだところであり、
故郷では古来より女性たちが祈りを捧げる場でもありました』

沖縄に生まれ育った作者の心に今も広がる原風景は、
その繊細で巧みな手を通して、新たな命を宿したかのように
織り上げられていきます。

 

 

2019年5月4日(土)〜12日(日)

12:00〜18:00

作家在店日 5/4(土)・5/6(月)・5/11(土)・5/12(日)

会期中 金曜休み 最終日16:00まで

 

ヒナタノオト

〒103-0024
東京都中央区日本橋小舟町7-13 セントラルビル1階

tel.03-5649-9048

hinata-note.jp

 

 


ゴールデンウィークの営業案内

今年の連休は4月27日〜5月6日の10日間だそうです。

つばめ工房も少し連休をいただきたいと思います。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

goldenweek

 

以外の日は通常営業していますので、皆様のご来店をお待ちしております。

皆様もよい連休をお過ごしください!

 

 

 

 


西川はるえさんの個展

独特の存在感を持つ織物を作り続けているコクーンおはるさんの展示のお知らせが届きました。

野性的な手間のかかる素材を使いプリミティブな雰囲気を残しながら、洗練された品の良い物づくりをされている染織家です。

プリンスのこと、ほんとうにお好きなんですね〜

長年の友人である畔蒜さんのセレクトショップ、イトノサキでの個展です。

 

西川はるえ 個展

Shades of Purple -プリンスに捧ぐ-

西川さん展示

様々の階層の紫を織の世界で。

帯、タペストリー、パネル、クラッチバッグ、小物など。

 

2019年4月18日(木)〜21日(日)

11:00〜19:00(最終日は18:00まで)

作家は全日在廊予定

 

itonosaki

イトノサキ

〒107-0062

東京都港区南青山4-1-5 KFビル2階

http://itonosaki.tokyo/

 

作家HP : http://textile-cocoon.com

 

 


4月のワークショップ準備

つばめ工房では1年ぶりに織りのワークショップの開催を予定しています。

4月の一週目の週末になんとか間に合うように準備を始めています。

内容は去年と同じく、つばめ工房で普段使っている織機を使って木綿のハンカチを織ります。

 

ワークショップの整経

整経中のタテ糸で、今年は茜やコチニールで染めた赤、ピンクの可愛らしい色合いにしました。

草木染めの木綿糸を使います。糸も手紡ぎの糸やガラ紡など表情のある、ちょっと面倒なくせのある糸です。

 

ワークショップの準備

ただいま機掛け中です。

一度試作を織ってから、詳細が決定しましたら、当ブログやinstagramなどでお知らせいたします。

今の所、4月6日(土)・7日(日)の2日間の開催を予定しています。

お知らせまでもうしばらくお待ちください。

 

 

 


3月の月イチ蔵前「春のカシミヤスカーフ」

3月の月イチ蔵前は2日の土曜日に開催です。

つばめ工房では制作していたカシミヤの四角いスカーフ、月イチにギリギリ間に合ってお披露目できます。

 

カシミヤの単糸で織った薄手のスカーフです。

春になったとはいえ、この時期は天候が不順の時や朝晩などで冷え込むことも多いです。

そんな時、冬用のマフラーではちょっと重い感じがしますよね。

寒さもしのげて春の気分になりたい!

そんな気持ちに合うような、明るい春色の軽やかなカシミヤスカーフを作りました。

バッグに一枚入れておくととても安心です。

 

四角いスカーフ

小振りなスカーフで襟元が華やいで、お顔も明るく映えます。

配色違いで数種類ご用意しました。

四角いスカーフ

カシミヤならではの柔らかさと軽さが特徴です。

肌に直接触れてもちくちくすることない、心地よい肌触りに驚かれると思います。

 

四角いスカーフ

 

サイズ 巾70cm 長さ(房含まず)70cm

カシミヤ100%

 

すべて1点ものです。数量に限りがありますのでお早めに。

月イチ蔵前のお散歩の際、是非お試しください。

 

 


あをの用の藍染めクラス

2月に入りましたね。

つばめ工房は2月より定休日の変更がありました。毎週、月曜・火曜日の定休となりましたのでご注意ください。

スタッフのnodocaさんも1月一杯で卒業して行ったし、春になると木々に新芽が出始めるように、新しいことが始まったり、身の回りにも変化が起きますね。

 

昨年も紹介しましたが、あをの用さんの2019年度藍染め講習のお知らせが届きました。

藍の栽培からすくも作り、藍建て、染色方法までの知識及び技術を一貫して学ぶことのできる講座です。

4月から10月までの半年余りの時間を費やして、自然のサイクルの中で藍について学べる場でもあります。

木曜日の他に日曜日のクラスもあるので、お仕事の都合に合わせて参加できるのではないでしょうか。

東京近辺の藤野で藍建て藍染め、藍について学ぶことができる希少なチャンスだと思います。

 

seed to dye ckass 2019

あをの用DM

 

第1回     種蒔き・すくも作り        4月4日(木) or 4月7日(日)

第2回     苗の定植・絞り染め作業        5月30日(木) or 6月2日(日)

第3回     藍の収穫から乾燥まで・絞り染め作業        8月15日(木) or 8月18日(日)
第4回     藍建て・絞り染め作業        10月5日(土)  ※class合同
第5回     藍  染        10月13日(日) or 14日(月)

 

講座期間
2019年4月−2019年10月 (全5回)
定員
木曜日class 5名 日曜日class 5名
計 10名 (最少催行人数 : 計 7名)
講座場所
神奈川県 旧藤野町
講師
石井 孝幸
受講料
70,000円(税込)  ※材料費込

 

詳細はこちらのHPをご覧ください。

つばめ工房にも案内状がございますので、声をおかけください。

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
定休日:月曜日・火曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM