大久保草子展

つばめ工房でも小品を取り扱わせていただいている、木版画家の大久保草子さんの企画展が9月からいわき市立美術館で開催されます。宇宙や自然の持つエネルギーとそこに在る生き物の世界を表現した草子ワールドは、いつも人の立ち位置を考えさせてくれます。今回の展覧会では様々な関連イベントも用意されているようです。大久保草子の総集編ともいえるこの展覧会、是非この機会にご覧ください。


 

いわきのアートシーンに新しい風を運んできた「ニューアートシーン・イン・いわき」シリーズ。

今回は、大久保草子をとりあげます。木版画の繊細な描線を重ねて力強く豊穣な画面を創りだす大久保草子。

小さな窓で仕切られた墨と和紙の素朴な世界に描かれた動物や風景からは、現代人が忘れていた言葉にならない記憶に導かれます。墨一色で現された画面は、神話にも似た懐かしさで、直接見る者の心に優しく語りかけます。小さな窓で仕切られた木版画を創作の舞台とする大久保草子が、本展においてロビーという開かれた空間を会場とすることにより、静謐な版の表現に両手を広げた大きなふり幅を加え、新たな表現の境地を開くことでしょう。

ーいわき市立美術館HPより抜粋ー

 

NEW ART SCENE IN IWAKI

大久保草子展 ー始まりの森ー

大久保草子個展

遠い過去に出会った根源的な風景

自分の奥に隠された

始まりの大樹の記憶が蘇る

 

2018年9月8日(土)〜10月21日(日)

休館日:月曜日(ただし9月17日、9月24日、10月8日は開館し翌日休館)

9:30〜17:00(展示室への入場は閉館30分前まで)
いわき市立美術館 1階ロビー
観覧無料

 

関連イベントもたくさん用意されています。

【アーティストトーク】
日時 9月8日(土) 15:00〜16:00
会場 1階ロビー

 

【助川久美子さんによる音楽演奏】
日時 9月8日(土) 16:00〜17:00
会場 一階ロビー

 

【恒例のオープニングパーティー】
日時 9月8日(土) 18:00〜19:00
会場 一階ロビー

作家を囲んだオープニングパーティーを行います。

 

【トークイベント 『ないものがある世界』】
日時 9月15日(土) 15:00〜16:00
会場 一階ロビー
講師に大久保草子が木版画で挿絵を描いた寓話『ないものがある世界』の著者で

文化人類学者の今福龍太氏をお招きして、未知なる話を語っていただく企画です。

 

【実技講座 小さな版画の楽しみ】
日時 10月7日(日) 13:00〜15:30
10月8日(月) 10:00〜12:00
会場 3階 実技実習室
(実技講座は事前の申し込みがいっぱいになり現在はキャンセル待ちの状態です、詳しくは美術館へお問い合わせください)

 

※いずれも参加無料

※詳しくは美術館へお問い合わせください。

 

いわき市立美術館
〒970-8026 福島県いわき市平字堂根町4−4
tel : 0246-25-1111

いわき市立美術館ホームページ

 


夏季休業のお知らせ

関東地方はこの台風の接近のおかげで涼しくなりとても楽なのですが、風雨の被害が心配です。

 

つばめ工房では2018年8月13日(月)〜16日(木)の4日間を夏のお休みとさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

 

オジギソウ

種から植えた店先のオジギソウです。

暑さにもめげずに元気に育っています。

 

 


新・東京スピニングパーティー2018

今年もスピニングパーティーのチラシが届きました。

今年で16回目を迎えるスピニングパーティーはイベントの原点である「手紡ぎ”Hand Spinning”」がテーマに掲げられています。

 

DSC03512.jpg

 

スピニングパーティは毎年、日本全国の紡ぎや織りなどの道具屋や羊毛、素材屋、糸屋、教室、作家、牧場関係の充実した出店があり、実際にたくさんの道具や素材を一堂に見ることができる大変貴重なイベントです。

また、懐かしい方に再会できたり、新しい出会いができる場所でもあります。今年もとても楽しみです。

 

各種レクチャーやワークショップも予定されています。

ワークショップ申し込みはもう始まっているようですので、詳細は東京・スピニングパーティーのホームページからご確認ください。

https://tokyo-spinningparty.org/

 

開催日:2018年9月15日(土)・16日(日)

時間:10:00~17:00

会場:すみだ産業会館 (丸井錦糸町店8・9階)

入場料(運営協力費):当日販売 各日:1,000円(税込)

住所:〒130‐0022 東京都墨田区江東橋3丁目9番10号

アクセス:JR / 東京メトロ 錦糸町駅より徒歩1分

*WSは14日(金)から開催あり

 

つばめ工房店頭にもチラシをご用意してありますので、ご希望の方は声をおかけください。

 


インディゴチルドレン

織糸の藍染でいつもお世話になっている、あをの用さんから子供向けに藍の型染めと絞り染めのクラスを始められる、というお知らせをいただきました。

古来から伝わる安全で健康な藍染に触れて学ぶ機会を設けて、子供たちにその技術や文化を繋げて行ければという思いで始められるそうです。

藍の型染めに興味がありますが大人はダメですよね。これから始まる夏休みに自然に囲まれた環境の中でお子様にとって、伝統的な藍の仕事をする、という貴重な体験ができるのではないでしょうか。

 

「Indigo children class」の詳細は下記より確認ください。

https://awonoyoh.com/archives/120

 

インディゴチャイルド

 

店頭にもDMがありますので、ご来店の際にお持ちください。

写真の乾燥した葉はちぢみ藍でお茶を作られたそうで、一緒に送っていただきました。

さっそく入れて味見させていただきました。草の香りがほんのりとして、特にくせもなく飲みやすい味でした。

藍は昔から薬草としても使われているそうです。身体にも良さそうですね。

 

 

 


三人展のお知らせ

織りのお友達、山下枝梨子さんの展示のお知らせです。

毎年秋に木・陶と素材の違う2人の作家の作品展を開かれる山下さんですが、今年は新宿の京王百貨店でも開催されます。山下さんは今までの織物制作で使い残った糸を一本一本つなぎ直して、たて糸に使えるまでの長さにして織る「つなぎ糸の半幅帯」を出されるようです。

つなぎ目を生かした布が可愛いんですよね。

新宿駅のデパートなので、行きやすい場所ですね。

 

 

高橋 亜希子 富沢 麻子 山下 枝梨子 三人展

山下さんの展示

 

三人展を始めて8年目になりますが京王ギャラリーでは初めてとなります。

花器や香合、半幅帯などや、新しいアイテムもご用意しております。

3作家のコラボレーション箱も出品いたします。こ高覧頂けたら幸いです。

 

 

2018年7月26日(木)〜8月1日(水)
最終日は16:00閉場

京王百貨店 新宿店6階 京王ギャラリー
〒160-8321 東京都新宿区西新宿1-1-4
03-3342-2111

午前10時〜午後8時

 


7月の月イチ蔵前

6月もう終わり、7月の月イチ蔵前は来週7日の土曜日に開催です。

つばめ工房では今年分のラオス北部・タイドンの人々の作る木綿織物のストールが出そろって、ただ今お披露目中です。

昔ながらの焼畑で棉を植えるところから始める織物作りをしているのラオス・タイドンの5人のお母さん達の仕事です。彼女たちの作るストールはその土地で手に入れることのできる素材と自らが作る道具だけを使い、手紡ぎ・手織りはもとよりすべての行程を手作業で行い、時間をかけとても丁寧に作られています。

その仕事を束ねているのがラオスに15年間通い、制作を共にされている前川佐知さんです。

前川さんの織物に対しての熱意はそのストールのクオリティーの高さにもにじみ出ていて、前川さん無しでは作る事の出来ないストールとなっています。

つばめ工房も織物を制作している立場から見て、自信を持ってお勧めできるストールです。

 

タイドンストール

藍染めした糸をタテとヨコに使って織った藍一色のストール。

 

タイドンストール

ファイという木の樹皮から抽出した染料で染めた後、泥で媒染した赤みのないブラウンが特徴の糸をタテとヨコに使った一色のストール。

 

タイドンストール

タテ糸にファイ、ヨコ糸に藍を使い交織したストール。

 

タイドンストール

こちらはタテが藍、ヨコがファイのストール。とても深い色合いも仕上がっています。

 

タイドンストール

タテ糸に藍、ヨコ糸に生成りを使い交織したストール。

 

タイドンストール

タテ糸にファイ、ヨコ糸に生成りを使ったストール。

藍、ファイ、生成りの組み合わせのシンプルな色合いですが、とても深みのある飽きのこない色味のストールに仕上がっています。

入荷数に限りのある木綿のストールですが、まだ比較的お好きな色をお選びいただけます。

この機会に夏から秋まで使える木綿ストールはいかがでしょうか。

 

サイズは2種類のご用意があります。

巾34cm 長さ(房含まず)176〜190cm

巾52cm 長さ(房含まず)174〜186cm

 

このストールの背景は昨年のブログ記事でも紹介しています。

 

 


雑誌掲載のお知らせ

宝島社・大人のおしゃれ手帖 特別編集 「わたしの歩き旅」に掲載していただきました。

金沢、東京、京都、鎌倉の町歩きで、スタイリストの内田彩仍さんの東京歩き旅で紹介していただきました。

 

掲載誌

掲載誌

控えめで優しい内田さんに丁寧な取材をしていただきました。

東京は日本橋〜人形町〜蔵前〜銀座を歩かれています。

ムックなので、しばらくは店頭でご覧になれるかと思います。

是非、手に取って見てください!

 

 


企画展のお知らせ

友人のお店、南青山のセレクトショップ「イトノサキ」で染織作家の展示と販売があります。

沖縄つながりの4人の作家の作品です。

長年の友人で先輩である上布の堀口度子さん、いらくさなどを使い存在感のある帯を織られている西川はるえさん、極細の糸を使った繊細なストールを織られている下地康子さん、琉球紅型の宮城友紀さんといった、そうそうたる顔ぶれの作品が並びます。

 

「南の風・紅型の布と自然布」

itonosaki_dm

色鮮やかで美しい自然を映す紅型の染め

風通る細く繊細な上布のしなやかさ

どこか懐かしく優しさと強さを感じさせる佇まい。

南の国の自然から生まれる手仕事に、ふれる

時間をお楽しみください。

 

 

2018年6月8日(金)〜6月17(日)
itonosaki イトノサキ

http://itonosaki.tokyo/

定休日:月曜日・火曜日
 

107-0062
東京都港区南青山4-1-5 KFビル2F
TEL : 03-6721-1358

mail : info@itonosaki.tokyo

11:00〜19:00

 

詳細は電話、メールにてお問い合わせください。

 


モノマチ終了しました!

5月25〜27日の3日間開催していました地域イベント「モノマチ」が無事に終了いたしました。

つばめ工房もモノマチにはワークショップの開催など普段とはひと味違った盛り沢山の企画で参加しました。

天気にも恵まれて、たくさんの皆様にお越しいただきました。

 

モノマチ

この3日間は、つばめ工房のあるおかず横丁にはキッチンカーもたくさんやって来て、フードを提供するお店もあるフードコートに変身しました。かつてのおかず横丁もこんな風においしそうな匂いがそこかしこで立ちこめていたんでしょうね。

お祭り気分の楽しい3日間でした。

 

そして6月8日(金)・9日(土)・10日(日)にはいよいよ鳥越祭りが始まります。

この時期はイベントが目白押しの鳥越です。とくに9日と10日のお神輿の渡御は見ものです!

朝日に照らし出された本社御神輿の宮出しは本当にきれいなんです。もう今からわくわくしてしまいます。

皆様も見にいらっしゃいませんか?

 

 


モノマチ、明日からです!

明日、5月25日(金)より27日(日)までモノマチが始まります。

つばめ工房では、前のポストでご紹介しましたようにOne Coin Workshop『スピンドルで手紡ぎ体験』やnodocaやniwaの新作アクセサリーのお披露目などを計画しています。

他にも今回のモノマチに合わせて布製品を集めました!

 

前回好評だったアフリカンプリントのエコバッグを作りました。

荷物が沢山入る大きめのショルダーバックです。ショルダーは太めにしてテープでしっかり裏打しているので、たすき賭けしても楽に使えるデザインにしました。

アフリカンプリントのショルダーバッグ

内側にはポケットも付け、入り口はホックで止めます。エコバッグよりも少しバッグらしい仕様になってます。

アフリカンプリントのショルダーバッグ

柄違いで4アイテム作りました。

アフリカンプリントならではの夏向きのしゃれた柄を選びました。

アフリカンプリントのショルダーバッグ

サイズ 巾45cm 高さ45cm ¥3800(税込)

 

そして今年のラオス・タイドンの綿織物も届きました。

つばめ工房で自信を持ってご紹介できる木綿のストールです。

タイドンの綿織物

前川佐知さんプロデュースによるラオス・タイドンの皆さんが作られている綿織物です。

詳細は昨年に紹介したこちらの記事をご覧ください。

 

タイドンの綿織物

藍染された手紡ぎ木綿のストールです。深い藍色に染められ綺麗に紡がれた糸で丁寧に織られたストールです。

使うほどに柔らかくしなやかに変化して、自分の布に育って行きます。

 

タイドンの綿織物

こちらはファイの木の皮を抽出して染め、さらに泥染をほどこした赤みのないしゃれたブラウンに染められた糸を使っています。

この象徴的なブラウンに藍などで染めた糸を交織して使うのが前川さんの布作りの特徴です。

女性はもちろん、男性にもまったく違和感なくお使いいただけストールです。

タイドンの綿織物

サイズは2種類のご用意があります。

巾34cm 長さ(房含まず)176〜190cm

巾52cm 長さ(房含まず)174〜186cm

 

この他にも、モノマチ限定でハギレのセールやお買い得の品々も少しだけご用意してありますので、お楽しみ!

モノマチ期間中の営業時間は11:00〜18:00です。

皆様のお越しをお待ちしています。

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

つばめ工房

profilephoto
 

手織り、草木染め製品の工房兼ショップです。つばめ工房HP

 

→ご購入について


→オーダーについて


東京都台東区鳥越1-12-1 地図
Tel:03-6312-4081
営業時間 11:30〜18:30
定休日 木曜日
Mail:info@tsubamekobo.com

 

facebook

 

インスタグラム

お知らせ

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM